スポンサーリンク

2019年8月、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに宿泊しました。

利用したクラブラウンジがとても快適だったのでご紹介します。

 

今回は子連れ旅行のため、カクテルタイムはロビーラウンジで。

子連れでも最高に楽しめましたよ

4

スポンサーリンク

インターコンチネンタル万座ビーチのクラブラウンジ

インターコンチネンタル万座ビーチのクラブラウンジは2018年6月17日にリニューアルオープン。

沖縄最大級の広さを誇るクラブラウンジ

沖縄本島随一の景勝地である万座毛を望める、東シナ海に沈む美しいサンセットを楽しめるなど、270度のパノラマビューを楽しめます。

 

チェックアウトをクラブラウンジで行うことも可能

私はアフタヌーンティを楽しみつつ、チェックアウト手続きを行いました。

万座ビーチリゾートは多くのアクティビティがあるため、精算に少々時間がかかります。

ラウンジでアフタヌーンティを楽しみながらのチェックアウトは最高ですね。

 

概要

クラブラウンジは2階、フロント階にあります。

眺めがよくてアクセスが抜群。

インターコンチネンタル万座ビーチの中で一番いい場所をクラブラウンジとして利用できるんです。

  • 階層:2階   
  • 営業時間:午前7時~午後10時半
  • 広さ:360m2
  • 席数:145席(2カ所のテラス席を含む)

 

クラブラウンジとしてはとても広くて開放的。

海を見ながらの朝食、最高です。

写真には写っていませんが、沖縄随一の景勝地、万座毛も見えています。

 

低めのバーカウンター、このラウンジの雰囲気に合わせていますね。

 

マガジンコーナーなど。

 

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

利用資格、料金

利用資格はクラブインターコンチネンタルルームとスイートルームに宿泊する方専用。

上級会員になっても利用することはできません。

宿泊者として、大人2名と子供1名は無料で利用できます。

添い寝の子供は、ビュッフェのみの利用の場合は2名以上でも無料

朝食のオーダー式メニューを注文したい場合のみ追加料金が必要。おそらく追加1人につき3000円だと思います。

 

クラブインターコンチネンタルルームとスイートルームに宿泊していなくても、クラブアクセスを追加することは可能です。

クラブアクセス追加の料金は、1室5000~47000円(1-2名1室利用)。

添い寝の子供1人は無料。

添い寝の子供2人目からは、5歳以下無料、6-12歳3000円

Visitorも利用可能で、その場合は1人5000円です。

リゾートマイラー
お盆以外の夏休みの平日のクラブアクセス追加は1室15000円、休日は20000円でした。

 

なお、クラブアクセスがある場合は、一般の朝食会場も利用可能です。

朝食はどのレストランもビュッフェなので、何人添い寝でも無料です。

 

最もメニューが豊富なのは1Fにあるアクアベル。

しっかり食べたい方はアクアベルへ行きましょう。

 

営業時間

インターコンチネンタル万座ビーチの営業時間は7時から22時30分まで

その他、各営業時間はこちら。

朝食 7:00~11:00
アフタヌーンティ 14:00~16:00
カクテルタイム 17:30~19:30

ホテルの朝食ビュッフェが10時までなのに対し、ラウンジは11時まで頂けるのがうれしいですね。

リゾートマイラー
私は8時スタートの「青の洞窟シュノーケリングツアー」から戻ってきた後で、朝食を頂きました。

 

スポンサーリンク

クラブラウンジの朝食

クラブラウンジの朝食はオーダー式メニューとビュッフェ。

7:00~11:00に利用可能です。

オーダー式メニューはこちら。

 

クラブラウンジの朝食として、キッズメニューが準備されているのもリゾートならではですね。

我が子はキッズメニューが嫌いなので、注文していません。。

 

最も気になった沖縄の長寿弁当を注文。

魚中心のメニューで、ご飯はジューシー。

腹八分目の量で、美味しく頂きました。

 

我が子はパンケーキ。メイプルシロップに惹かれたそうです。

フルーツが盛られていて、お洒落ですね。

 

ビュッフェコーナーにはパンと軽食でした。

クラブラウンジの朝食は、軽めのメニューとなっています。

 

ビュッフェメニューはパンを頂きました。

 

スポンサーリンク

アフタヌーンティ

アフタヌーンティは2回利用しました。

アフタヌーンティは14:00~16:00。

1回目と2回目で一部メニューが変更でした。

 

カクテルタイム

インターコンチネンタル万座ビーチのカクテルタイムは17:30~19:30。

子連れの場合、カクテルタイム中はラウンジを利用できません。

 

その代わり、ロビー1Fにあるラウンジを利用できます。

写真は17時50分頃。

 

沖縄の夜は長い。

カクテルタイム中に暗くなることはないと思いますが、夜の雰囲気も気になりますよね。

20時半ごろの写真はこちら。

 

ラウンジからはプールが見えますので、ある意味いい雰囲気です。

 

カクテルタイムとして利用するメニューです。

 

ノンアルコールの種類が豊富なのがうれしい。

 

もちろん、TWGも。

恩納村カクテルコンベンション優勝カクテルのコーラルブルーを頂きました。

リゾート感、半端ない!

子連れなのに、こんなにリゾートを満喫できるとは思いませんでした。

 

アラカルトはオーダー式。ビュッフェはありませんでした。

注文するたびにメニューが変わって面白いですね。

 

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

クラブラウンジまとめ

2018年にリニューアルしたインターコンチネンタル万座ビーチのクラブラウンジ。

クラブラウンジなのにとても広くて開放的でした。

沖縄と言う立地を考えて、キッズメニューが最初から準備されているのはうれしいですね。

 

昼間はビーチで、疲れた午後はアフタヌーンティで休憩。

朝食もカクテルタイムも楽しめる。

上級会員でもクラブアクセス付きの部屋に泊まらないと利用できないインターコンチネンタル万座ビーチのクラブラウンジ。

このラウンジはとても利用価値の高いので、このホテルに泊まる方はぜひ部屋をランクアップしてラウンジを利用してみてください。

お金を払ってでも利用したいラウンジです。

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

 

関連記事

インターコンチネンタルはIHGグループ。

IHGのホテルはキャッシュバックサイトを経由するとキャッシュバックがもらえます。

おすすめはTopCashback。登録だけでも10~20ドルが貰え、ホテルを利用すると最大10%のキャッシュバックがあります。

2019年8月現在、登録時のボーナスが10ドルから20ドルへ増量中。この機会にどうぞ。

登録方法はこちらでまとめていますのでご覧ください。

 

シンガポールのインターコンチネンタルホテル。シンガポールの子連れはここ一択です。

 

バリのインターコンチネンタルホテル。最高のリゾートホテルです。

 

国内のIHGホテルにも宿泊しています。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事