スポンサーリンク

ドーミーインPREMIUM和歌山に宿泊しました。

朝食が美味いホテル!

和歌山市内で唯一の天然温泉付きホテル!

 

和歌山市内にあるビジネスホテルの中で、ドーミーインPREMIUM和歌山は間違いなくNo.1でしょう。

じゃらんでも和歌山市エリアのおすすめランキングで堂々の第一。

難点は、繁盛期に予約が取りにくいこと。特に直前の予約は厳しい

これも人気ホテルならではの悩みですが、ようやく予約が取れて宿泊できました。

宿泊記としてレビューしますので、ご覧ください。絶対に選びたくなるホテルですよ。

 

スポンサーリンク

ドーミーインとは

ドーミーイン(DORMY INN)はほとんどの店舗で全国でも珍しい天然温泉完備しているビジネスホテルです。

「住むホテル」と「我が家に近いビジネスホテル」をモットーにしているドーミーインの運営会社は株式会社共立メンテナンス。

ドーミーインPREMIUMは、朝食に地物をそろえるなどドーミーインの中でもハイエンドブランドの位置付けです。

観光ニーズにもお応えできるようツイン・和洋室なども充実。食事には地の名物メニューを取り入れ、空間、設え、にも【五感で味わう寛ぎ】を提供する、ドーミーインのハイエンドブランド。ドーミーイン公式

 

ドーミーインPREMIUM和歌山の場所

ドーミーインPREMIUM和歌山はJR和歌山駅から徒歩圏内。

南海電鉄の和歌山市駅からは遠いのでご注意ください。

 

和歌山といえば和歌山ラーメン

ドーミーインPREMIUM和歌山から徒歩圏内にある有名和歌山ラーメンも多数あります。

ドーミーインPREMIUM和歌山の近くで私が行ったことのあるお店はこちら。リンク先はトリップアドバイザーです。

この中では、アロチ丸高がおいしかったです。

食べログには口コミも多数ありますね。食べログ評価は3.5以上。

 

この中で2軒をのちほどご紹介します。

 

スポンサーリンク

ドーミーインPREMIUM和歌山に宿泊しました

ここからはドーミーインの宿泊記です。

夕方、ホテルに到着しました。

ホテル入り口はドーミーインPREMIUMらしく、落ち着いた造り。

 

フロントは建物からちょっと入ったところにあります。

 

チェックイン。おしぼりを提供いただけます。

チェックインの瞬間からほっと一息つけますね。

 

おしぼりの後は?

やっぱりコーヒーを飲んで一息ですね。

ドーミーインPREMIUM和歌山は、朝晩のロビーにコーヒーが配置されていて、いつでも飲めます。

 

スポンサーリンク

朝食は地物が盛りだくさん!

ドーミーインの名物の一つは、何といっても朝食

ドーミーインの中でも、PREMIUMは地物を使った朝食を売りにしています。

ここドーミーインPREMIUM和歌山も、もちろん和歌山名物が盛りだくさんの朝食でした。

 

朝食は6時30分~9時30分

朝早い出張者にもうれしい6時30分オープンですね。

ここの朝食は、宿泊していなくても宿泊者と同じ1500円で食べられることが特徴です。(前日22時までに予約必要)

 

さっそく、1階にある朝食会場へ。

 

和食メニュー。

取り分けられているのは、簡単に持っていけるのでうれしいですね。

 

切り干し大根や煮物。

朝ごはんには、胃にやさしい食べ物を食べたいですね。

 

魚とかお肉とか。

紀州梅鳥の鉄板焼き、鯨の竜田揚げは和歌山名物ですね。

 

和歌山名物めはり寿司

和歌山の南部名物ですが、ここ和歌山市内でも食べられるのはうれしいですね。

 

和食だけではなく、パンもそろっています。

1500円のバイキングにしては結構豊富。朝はパン派も安心です。

 

戴いた朝食はこちら。

名物が多かったので、たくさん食べてしまいました。種類も豊富ですよね。

都内だと、これだけそろっていて1500円はあり得ないんじゃないでしょうか。

これで今日一日バリバリ活動できます。

 

ドーミーイン名物の温泉

ドーミーインを選ぶ理由。

朝食の次は天然温泉を挙げる人が多いですね。

https://twitter.com/irodorimemory/status/1150555095240548352?s=20

 

私も温泉が決め手になった一人です。

ドーミーイン和歌山は、天然温泉「紀州の湯」

 

さっそく温泉へ。

 

と、温泉エリアに洗濯機がありました。

長期滞在に便利ですね。

 

下駄箱は仕切りがあります。こういった気遣いがうれしいです。

今日の果樹湯は「りんご」でした。

 

チェックイン時刻に訪問したからか、温泉には誰もいらっしゃらなかったので、一枚。

とても清潔感があります。

 

木調のロッカーは落ち着きがありますね。さすがPREMIUM!

 

温泉内は撮影していませんが、とても広々としていました。

私が宿泊した時は、リンゴの湯だったのですが、2019年6月で終了してしまったようです。

衛生上の理由とのこと、残念ですが仕方ないですね。新しい企画を楽しみにしています。

 

温泉内は公式サイトより引用。

内湯はいい雰囲気です。

 

外湯まであるんですよ。いわゆる露天風呂。

街中にあるので、景観は楽しめません。

でも、出張先のホテルで露天風呂に入れるのは本当に最高です。

 

清潔感のある客室

最後のご紹介は、ドーミーインPREMIUM和歌山の客室。

宿泊した部屋はスタンダードシングルとビジネスホテルとしてはごく一般的な広さのお部屋です。

 

部屋の広さを求める方には向いていませんが、部屋では寝るだけ、パソコンするだけ、という方には必要十分な部屋ですね。

デスクはパソコンが十分に置けるのスペースが確保されています。

 

洗面台は決して広くない。

でも、これで不満があるかというと、鏡が広いし私には十分な広さでした。

 

アメニティも必要十分。

黒綿棒っていいですね。汚れが見やすいので、少し前に流行った記憶があります。

 

冷蔵庫は持参したものが何でも入るように空っぽ。

私はデザートを買ってきて入れるので、空っぽのほうがうれしいです。

 

トイレとシャワールーム。

 

浴槽はありません。

浴槽につかりたい方は、大浴場へGO!

大浴場のほうが広々としているので、私は大好きです。

 

ドーミーイン名物、夜鳴きそば

夜鳴きそばと言えば、ドーミーイン。

ドーミーインと言えば、夜鳴きそば。

夜鳴きそばは、深夜の時間帯に無料で頂ける、ドーミーインオリジナルのサービスです。

最近、提供時間が短くなってしまいましたが、宿泊する方はぜひ食べたいですね。

 

夜鳴きそばは人気ですね。

口コミも多数あります。

https://twitter.com/michan375/status/1152214600298815488?s=20

 

夜鳴きそばを食べ損ねると悔しい!

 

と、ここまでお勧めしましたが、私は食べていません。

和歌山に来ると、どうしても〆は和歌山ラーメンを食べたくなっちゃうんです。

 

近隣にはラーメン屋さんが多数

和歌山に来たら、和歌山ラーメンが食べたい!

そう思う方も多いはず。

和歌山ラーメンはいわゆる中華そば。醤油がベースのシンプルなラーメンです。

和歌山は醤油の産地でもあることから、おいしい醤油ラーメンが食べられるんですね。

中華そばとしては特に有名ではなかったのですが、日本一うまいラーメン決定戦で井出商店が優勝してから、全国的に有名になりました。

1998年元日に放映されたTVチャンピオン「日本一うまいラーメン決定戦」で石神秀幸が和歌山市の井出商店を推薦、全国の並み居る強豪店を押さえて優勝した(Wikipedia)

井出商店は20年ほど前に食べたことがあります。

 

今回はそれ以外で地元和歌山県民に聞いた、〆で食べるおすすめラーメンを2軒ご紹介します

本家アロチ丸高

1軒目は本家アロチ丸高。

神戸にもある有名店です。

 

シンプルでおいしい中華そばを食べたいならここですね。

 

早寿司、または早なれ寿司もあります。

 

ドーミーインPREMIUM和歌山からも徒歩圏内。5分ほどでした。

 

ラーメンまるイ

2軒目はラーメンまるイ。

 

ここのラーメンの売りは大盛のネギ

ネギ好きの私は、さらに特盛にしてもらいました。ネギのタワーで麺が見えません。

 

口コミを見ると、大人気のラーメン屋さんということがわかりますね。

これが標準のねぎの量です。それでも一面がネギです。

 

ドーミーインからは歩いて10分ほど。

丸高よりは遠いですが、ネギ好きは食べる価値ありです。

 

ドーミーインPREMIUM和歌山の口コミ

さて、ここまで来ましたが、ドーミーインPREMIUM和歌山はどの程度人気があるのでしょうか。

じゃらんの口コミを見てみましょう。

 

4泊しても快適だと思えるホテルです。

 

ビジネスホテルでバストイレ別は少ないですね。

シャワーとはいえ、トイレが使いやすかったです。

 

ホテルにはサウナあり、近場の居酒屋で美味いお魚を食べられる。

最高のホテルです。

https://twitter.com/ma_hikki/status/1099584909448904704?s=20

 

まとめ

ドーミーインPREMIUM和歌山はとても素晴らしいホテルでした。

和歌山でいくつかのホテルに泊まったことがありますが、このホテルが圧倒的に素晴らしかったです。

結局はビジネスホテル枠なので、シティホテルのような対応やブランドホテルのようなラウンジはありません。

でも、ビジネスホテルとしては最高級のホテルと言っても嘘じゃない。そうおもうホテルでした。

今後もランキングトップを走り続けるホテルであってほしいですね。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事