スポンサーリンク

2018年10月にシェムリアップを旅行しました。

シェムリアップのコートヤードバイマリオットシェムリアップリゾートは2017年6月に一部オープンした新しいホテルです。

シェムリアップにあるマリオット系ホテルとしては、ル・メリディアンに続き2軒目。

部屋も新しく、レストランも広々で朝食はメニュー豊富

また、ルーフトップバーはおしゃれですね。

子供用のプールもあり、家族連れにも良さそうです。

 

ホテルは市街地から少し離れたところにありますが、アンコールワットのチケット発券所から2.5km。

早朝にアンコールワットのチケットを買いに行くにも便利でした。

4

スポンサーリンク

ホテル概要

所在地

ホテルの場所です。

シェムリアップ空港からは、約11km。市街地(パブストリート)からは約4km。

このあたりのGoogle mapのストリートビューは2013年に撮影されたものなので、ホテルは跡形もありませんでした。

たった5年で、ホテル周辺が大きく栄えた印象です。

 

ホテルへの行き方

シェムリアップは鉄道やバスがありません。

そのため、移動手段はトゥクトゥクがほとんど。

タクシーも若干数走っていますが、トゥクトゥクのほうが捕まりやすくてフットワークも軽いのでお勧めです。

ホテルから乗るときは、フロントで呼べばよいでしょう。ホテルへトゥクトゥクの空港送迎を頼んだところ、往復で19ドルでした。

15ドルほどが相場、+αはリベートかな。

 

私は、KLOOKで予約しました。片道5ドル、往復10ドル。

シェムリアップ付近のホテルは一律5ドルなのに空港で待っていてくれるので、かなり安心でお得です。

 

スポンサーリンク

ホテル滞在記

ここからは、実際にホテルの滞在記です。

外観、ロビー

到着したのは20時頃。けっこう真っ暗でした。

 

奥がホテルです。

 

何だかおしゃれ。

背が高いシティホテルとは違いますね。

 

これはトゥクトゥク?

バイクもかっこいいし、人数がたくさん乗れますね。

でも、滞在中動いている姿を見ることはありませんでした。

 

ホテルのロビーへ向かいます。

 

ロビーはシックでいい感じ。

 

別のポジションからもう一枚。

新しいホテルだけあって、とてもきれいです。

 

エレベーターホールへ向かいます。

正面の壁の裏がエレベータです。

 

泊まったのは4階です。

廊下はいたってシンプルですね。

 

客室の様子

コートヤードバイマリオットシェムリアップリゾートの客室です。

私が泊まったのはツインのデラックスルーム。100ドル程度とこのホテルでは最も標準な部屋です。

標準といっても、けっこう広いですね。さすがリゾート仕様です。

 

テレビ周りはとてもシンプルですね。

 

ベッドサイドには電話、メモ帳、時計。

マルチコンセントの他、USBを完備しています。

USBは部屋の中だけで3か所ありました。

 

シャワールーム、洗面、トイレまでが丸見え。

もちろん、カーテンで仕切ることができます。

 

入り口付近。

大きな鏡がうれしいですね。

 

ロッカーはシンプルにまとまっています。

バスローブ&スリッパは2人分完備です。

リゾートでアイロンかけをする人って、どれくらいいるんでしょうか?

 

先ほどチラ見したバスルームです。

新しいのでピカピカ♪

 

洗面台とアメニティはシンプルにまとまっています。

ペットボトルのお水が2本。

暑いシェムリアップで、このサービスはうれしいですね。

 

続いてシャワールーム。

移っていませんが、レインシャワーもありました。

アメニティはシャンプーとコンディショナー、固形石鹸のみ。

シャンプー&コンディショナーを使ってみたところ、きしみが気になりました。髪が長い方、こだわりがある方は、好みのアメニティを持参したほうが良さそうです。

 

ベランダからはプールが見えます。

22時半頃の写真ですが、2割ほどしか明かりがついてません。皆さん、シェムリアップのサンライズに備えて早く就寝したのでしょうか。

 

朝になるとこんな感じ。

リゾート風にまとまっていますね。

 

ルーフトップバー(Upper deck)

このホテルにはルーフトップバーがありました。

せっかくなので行ってみました。入店時間は22時半頃です。

 

いい感じのボード。

 

入口にあったメニューボード。

ホテルのバーにしてはお値打ちじゃないですか。

 

やってきました、おしゃれなルーフトップバー!

 

さっそく、ドリンクを注文。

 

メニューはこちら。

街中でのビール料金が1~2ドルだということを考えるとちょっと高い。

でも、ホテルのバーでビールが3ドルなんて聞いたことがありません。

 

少し待つ間、バーの中を散策しました。

ちょうど誰もいない時間だったおかげで、おしゃれなバーを貸切♪

 

アンコールビールが到着。

 

乾杯ー!

世界遺産散策のあとのビールは最高ですね。

 

LOK LAKでの朝食

マリオットの上級会員は、一部のホテルで朝食無料のサービスがあります。

しかし、ここコートヤードバイマリオットシェムリアップリゾートは朝食無料の対象外です。

でも、割引のサービスがありました。追加10ドルで2人まで。これはお値打ちですね。

 

さっそく、朝食レストランLOKLAKへやってきました。

 

営業時間は朝6時から。

6時半のツアーを予約していたので、オープンと同時に入室。一番乗りでした。

 

テーブル間がしっかりあって、ゆったりとしています。

 

クイティウがありました。

クイティウとは、いわゆるフォーのカンボジア版。カンボジアでは朝食の定番です。

豚骨ベースのスープで、好きな具材を乗せることができます。

 

フードメニューをご紹介。めちゃくちゃ豊富でした。

これでも一部です。

 

パンとかドリンクとか

 

チーズ、サラダ、デザート

 

肉とか

 

東南アジアでfried riceは外せません。

 

時間がないのに、迷いに迷って、たくさん選んでしまいました。

もちろん、完食!おいしかったです。

 

アイスとフルーツも抜けなくいただきます。

ごちそうさまでした♪

 

その他のホテル設備

部屋から見えたプールへ行ってみました。

手前が子供用プールです。浅いのでファミリーでも安心ですね。

 

キッズルームもありました。

あいにくこの時間はやっていませんでした。

営業時間についてはホテルへお問い合わせください。

 

ホテルの徒歩圏内にATM

現地通貨を引き出すには、ATMでの海外キャッシングが便利です。

ホテルのカウンターで両替したり、日本の空港で両替するよりも断然お得です。

 

このコートヤードにはATMがありません。

ホテルのすぐ横にATMがあったので、行ってみましたが、私のカード(セディナ)ではキャッシングができませんでした。

歩いて2分ほどのところに銀行がありました。ホテルから徒歩1分です。

 

店舗は閉まっていたのですが、ATMがあったので利用してみました。訪問したのは23時過ぎ。深夜にもやっているATMは助かりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

シェムリアップにあるコートヤードバイマリオットシェムリアップリゾート。

新しいホテルで欧米人も比較的多いことから、静かに過ごしたい方にはおすすめ。特にルーフトップバーは最高です。繁華街から離れているので、周りがけっこう真っ暗なのも雰囲気が良かったです。

市街地から離れていますが、夜パブストリートへ出かけたい方でも、トゥクトゥクで10分くらいなのでそんなに心配はいらないです。私がトゥクトゥクを利用した時は、2~5ドルでした。言い値だと4~5ドル。4ドルなら間違いなくいってくれるでしょうね。3ドル以下は要交渉です。

シェムリアップへ行って、世界遺産観光もホテルライフもどちらも楽しみたい方にとっては、選択肢の一つになると思います。

 

このホテルから5分ほどの場所にあるマッサージ&スパ、Cool sense spaは4ハンドが5000円以下とお値打ちで最高でした。訪問記も書いているので、ご覧ください。

 

関連記事

シェムリアップへはバンコク経由でした。

搭乗記はこちら。

 

バンコク、スワンナプーム空港で時間が空いたらマッサージがおすすめ。

 

バンコクのスターアライアンス上級会員ならエバー航空のラウンジに行きたいですね。

 

バンコクエアウェイズでスコータイへ行くときは、乗り継ぎ時間を3時間以上空けましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事