スポンサーリンク

先日、LENOVOのパソコンを購入しました。

購入したのは、Ideapad 120S(11) 500GBHDDモデルです。

 

HDDモデルは安さが魅力

一方で、速度の面でSSDと比べると圧倒的に不利です。

直販モデルはカスタマイズが可能なのですが、HDD500GBモデルをSSD256GBモデルにすると、1.5~2万円高くなります。

SSD500GBでも1万円以下で買えるのにその差額ってなに!?

予算に合わなくて悩むなら、自分でHDDをSSDに交換しちゃおう!という結論に至りました。

 

HDDの交換って難しそうじゃないですか?私はそう思っていました。

メモリと違って、記憶装置のHDD(SSD)は差し替えるだけじゃ終わらない。コピーするにはSATA-USB変換ケーブルが必要です。また、クローン(コピー)するためのソフトが必要。

もし壊れたらとか、やってみてできなかったらとか、いろいろと考えてしまいます

何とか簡単に交換できないかと調べた結果、コピー専用の変換ケーブルを利用して、パソコンを本格的に組んだことがない私でも、簡単にHDDをSSDに交換(換装)できました

ソフトもHDDケースも一切不要。

 

この記事はこんな方にお勧めです。

  • パソコンの起動速度は早くしたい。
  • お値打ちにパソコンを購入したい。
  • パソコンのねじを外すのは怖くてやったことがない。
4

今回は備忘録として、同じような悩みを抱えている方のために、交換方法をまとめます。

 

スポンサーリンク

事前準備

今回は以下の4つを準備しました。

  1. ノートパソコン
  2. 交換するSSD
  3. クローン作成ツール
  4. 専用ドライバー

 

これら4つを順に説明していきます。

①ノートパソコン

私が購入したノートパソコンはLenovo Ideapad 120S。

3万円台で購入しました。

 

現在は同価格帯で新モデルのLenovo Ideapad S130が発売されています。

直販 ノートパソコン:Lenovo Ideapad S130 Celeron搭載(11.6型 HD/4GBメモリー/500GB HDD/Windows10/Officeなし/ミネラルグレー)【送料無料】

created by Rinker

 

基本パーツは120SとS130とで変更ないので、S130でも同じようにSSDへ交換できます。

2019年にはつばいされたLenovo Ideapad S130は、HDD500GBモデルかSSD128GBモデルかを選ぶことができます。

どちらにしても交換するので迷う必要はないですが、私なら速度優先でとりあえずSSD128GBモデルを選ぶと思います。

 

②交換するSSD

交換するSSDは様々なメーカーがありますが、安定しているのはCrutialでしょう。

Westin Degitalも気になりますが、口コミを見る限りはCrutialのほうが動作不良が少ないようですね。

 

必要な容量は、写真を多く使うブログでも256GBあれば大丈夫です。

私は後で交換したくないので、ちょっと大きめの500GBを選びました。

 

256GBと500GBの価格差は1000~2000円程度。

あまり差がないので、500GBを買ってしまうほうが良いと思います。

 

③クローン作成ツール

クローン作成ツールなんてかっこよく書きましたが、要はHDDに入っているデータをSSDへコピーする道具です。

通常、HDDからSSDへ移行するとき、専用ソフトでHDDのクローンを作成したり、SDDをパソコンとつなぐドライブケースが必要だったりします。

クローン作成をどのソフトでやったらいいのか、ドライブケースはどんなものがいいのか、など初心者には難しいですよね。

サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル

created by Rinker

 

その点、サンワサプライから発売されているこのクローン作成ツールの場合、専用ソフトもドライブケースも不要です。まさに初心者向けですね。

めちゃくちゃ便利なので、初心者でもお得にSSDへ換装したいという方は、試してみてください。

 

注意点として、記憶容量が移行前より移行後のほうが大きくする必要があります。

具体的には、1TBのHDDを500MBのSSDに換装することはできません。

中に保管しているデータの量ではなく、最大容量です。

買ったばかりで何も記録していなくても、コピーできませんので注意してください。

 

④専用ドライバー

ドライバーというとプラスドライバーとマイナスドライバーをイメージしますよね。

パソコンのHDDに使われているのは、トルクスドライバーと呼ばれる星形をしたドライバーです。

専用ドライバーというから高いかと思いきや、1000円以下。

意外とお値打ちに買うことができます。

Otrue 32 in 1 精密ドライバーセット トルクス 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 プラス マイナス (iPhoneにも対応)

created by Rinker

リゾートマイラー
私はベステクノを購入しました。
お値打ちで使いやすかったです。

 

このドライバー、実はかなり秀逸です。

3つのパーツに分かれていて、

 

ここのつまみを引っ張ると

 

真ん中の棒が中に入る仕組みになっています。

このようにドライバーを付け替えできることで、32種類の形状が1つのケースの中にコンパクトにまとまっています。

 

1000円を切ってるのにこの使いやすさ、素晴らしいですね。

 

スポンサーリンク

実際の交換作業を公開!

それではここからは、実際の交換作業をご紹介します。

 

まずはパソコンの裏のカバーを開ける

準備した材料はこちら。上でご紹介した①~④です。

 

まずはパソコンの裏蓋を開けます。

パソコンを裏返して、

 

 

 

ねじを外しました。ここで使用したのは一般的なプラスドライバーです。

 

簡単に外せると思ったら、ツメでしっかりと留まっていたので、マイナスドライバーを使ってやさしく開けます。

使わないと思っていたキットの中のマイナスドライバーが役に立ちました。

 

こちらが裏ふたを開けたところ。

左上にある緑色のものがHDDです。

 

こちらですね。

赤丸の場所に、トルクスドライバーが必要なねじが3つあります。

 

HDDの右側が本体との接続部になっているので、左側を浮かせた後でやさしく左へ引っ張ると外せます。

リゾートマイラー
ここが一番どきどきしました。

 

HDDを外したところ。

初期のHDDとして使用されていたのは、Western Degitalの500GB(BLUE)でした。

お値段は5000円台でしょうか、そんなに安いものは使っていないようです。

WESTERN DIGITAL ウェスタン デジタル WD5000LPCX 内蔵HDD WD BLUE PC MOBILE HARD DRIVE [2.5インチ /500GB][WD5000LPCX]

created by Rinker

 

HDDをケースから外す

次にHDDをケースから外します。

これが意外と苦労しました。ケースを引っ張ってもなかなか外れないんです。

 

よく見たら、4か所のツメで留まっていました。赤丸の部分です。

ケースは柔軟性があるので、少し強引に引っ張ればよいみたいです。

 

HDDのデータをSSDへコピー

ここが一番大切なところです。

HDDのデータをSSDへコピーします。

左にコピー前のHDDを、右にコピー後のSSDをセットしてください。

説明書に書いてあるので、よく読めばわかると思いますが、ここは間違いのないように。

 

セットして、ダブルクリックしてコピー開始!

4つのランプのうち、1つが点滅します。

4つ目のランプの点滅が終わり、4つとも転倒したらコピー完了です。

 

コピーをスタートするときの様子を動画にしました。

ダブルクリックは、マウスでダブルクリックするときと同じ感じでOKです。

 

4つのランプが点灯しましたね。

2時間弱でコピーが完了しました。

 

SSDをパソコンにセットする

コピーが終わったので、SSDをパソコンに戻します。

SSDを、HDDが入っていたディスクケースに装着します。

 

ディスクケースを元のパソコンに取り付けます。

 

最後は裏蓋を閉めて完了。

 

SDD換装後のまとめ

HDDからSSDに換装して、実感するのは起動速度です。

購入当初の起動速度を計ってみたところ、HDDでは3分弱でした。

それがSSDに換装後は30秒前後。これだけ早いと快適になりますね。

3万円台のエントリーモデルのパソコンでも、1万円程度を追加することで快適なパソコンにすることができます。

私は浮いたお金でマウスとかケースなどを購入しました。

【楽天1位・週間・光学式マウスランキング】ワイヤレスマウス 2.4Ghz 五段階のDPI調節 6ボタン 省エネスリープモード搭載 ブラック ワイヤレスマウス 送料無料 佐川急便

created by Rinker

リゾートマイラー
すべて揃えても5万円でお釣りがもらえますよ。

 

SSD換装は、サブノートパソコンが欲しいと思っていた方はもちろん、メインノートパソコンにも有効な技です。

パソコンを分解したことがない、コピーしたことがないと躊躇していた方でも、超簡単ですのでチャレンジしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事