スポンサーリンク

関西、東海から日帰りでシュノーケリングができる海!

 

珊瑚礁、熱帯魚、シュノーケリングというと、皆さんはどこを思い浮かべますか?

国内ならやっぱり沖縄ですよね。

もちろん沖縄でシュノーケリングがやりたい!

慶良間諸島で楽しむシュノーケリングは最高です。

 

でも、夏の沖縄は高い!家族分の航空券を取って沖縄へ行くのは一大イベントです。

じゃあ沖縄まで行けない場合は、諦めるしかないのか?

 

いえいえ、そんなことはないんですよ。

本州の海水浴場でもシュノーケリングをすることができます

本州のシュノーケリングと言えば、串本。

串本は本州最南端に位置し、世界最北の大サンゴ群生地としてラムサール条約に登録されています。

ラムサール条約湿地 串本沿岸海域ー和歌山県公式HP

 

この串本の海は、シュノーケリングをできるスポットがいくつかあります。

その一つが今回訪れた白野海水浴場

子連れでシュノーケリングを満喫できましたよ。

 

スポンサーリンク

白野海水浴場とは

白野海水浴場は、串本でも南部に位置する紀伊大島にある海水浴場です。

南紀串本観光協会が発行する南紀串本観光ガイドには、白野ビーチとして紹介されていますね。

紀伊大島唯一のビーチ、白野ビーチは、大島の中央、須江にある小さなビーチです。

大島南側の浦見湾にあり、綺麗な水と静かな事で人気があり、岩の点在する小さな小石と砂の混じった砂浜です。近くの岩場はカラフルな熱帯魚も多く見られ、スノーケリングにもうってつけです。

 

スポンサーリンク

シュノーケリングができる!白野海水浴場訪問記

白野海水浴場はシュノーケリングが楽しめる海水浴場です。

レンタルはありませんので、シュノーケリングは持参しましょう。

私は事前にシュノーケリング機材を購入しました。

 

駐車場は最大で50台程度でしょうか。

そんなに多くありませんね。

私が現地に着いたのは土曜日の10時頃。すでに結構いっぱいでした。

 

駐車料金は700円。

2年ほど前のブログは500円だったので、値上がりしたんでしょうね。

 

海水浴場はそんなに広くありません。

でも串本という立地からか、全然混雑していません。海が本当に好きな人しか来ないのでしょう。

 

テントやタープは持ち込み可。

テント2000円、タープ1000円、サンシェード500円。

 

私はタープ+椅子×2脚を持ち込んでます。

串本は都市部と比べて非常に涼しいのですが、日差しは強いですからね。

以前はよくダイビングに行っていましたが、35℃を超えることは稀です。

 

遊べるビーチは2か所。

左側には、小さめの浅いビーチ。

小さい子が磯遊びを楽しめますね。

我が家の三歳児も、ヤドカリを追いかけて遊んでいました。

 

浅いビーチは大潮の干潮時に潮だまりとなって、小魚の群れがいっぱいいます。

https://twitter.com/ResortDiver52/status/1159212239364055040?s=20

 

右側には比較的広いビーチ。

 

こちらはテーブルサンゴあり、熱帯魚が結構いました。

熱帯魚の代表的なチョウチョウウオ。

 

青い小さな魚、ソラスズメダイ。

写真で見るとわかりにくいですけど、たくさんいるのでとてもきれいですよ。

 

残念ながらクマノミはいませんが、モンガラカワハギやオヤビッチャ、オオモンハタ、ハコフグ、イシダイがいました。写真はWikipediaより。

モンガラカワハギ

モンガラカワハギ

オヤビッチャ

オヤビッチャ

 

スポンサーリンク

白野海水浴場にシャワーは?トイレは?

人があまり多くない白野海水浴場。

でも、トイレもシャワーも完備されています。

 

シャワーは自己申告制で、大人200円、子供100円。

子供料金があるのは、非常に良心的ですね。

更衣室は自由に使えるようです。

 

トイレも男女別で割としっかりとした建物です。

お客さんがそんなに多くないので、並ぶことはないですね。

 

白野海水浴場の場所

白野海水浴場は検索しても出てこないので、隣にある渡船を目指していくとよいでしょう。

 

串本の潮岬から紀伊大島へはループ橋で。

ループ橋を渡るのは、大人でもワクワクしますね。

 

紀伊大島に入ると白野海水浴場の看板が出てきます。

 

白野海水浴場の口コミ

白野海水浴場は、最近人気が出てきた海水浴場。

設備が整っているということもあり、口コミで広まってきていますね。

 

シュノーケリングは子供だけじゃない。大人も楽しめますね。

 

実はバーベキューもOKなんです。

我が家は誰もバーベキューを食べないのでやりませんでしたが、何人か集まったらやりたいですね。

https://twitter.com/sayapy_new/status/886384822662254592?s=20

 

まとめ

大阪、名古屋から4時間足らずで行くことができる世界最北端のサンゴ礁の海、串本。

紀伊大島にある白野海水浴場で熱帯魚と一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

海水浴後にシャワーを浴びて終わりでもいいですが、近くには「サンゴの湯」という立ち寄り湯があります。大人410円、子供200円という超良心的価格ですので、シャワーを浴びるよりも温泉に入るといいですね。

サンゴの湯は一度閉鎖した後にここ数年で復活した公衆浴場。私も寄ってきました。

 

土曜日の夕方にも拘らず、休憩室は我が家だけになるタイミングもありました。

 

かかった費用は、一日遊んで2920円でした(交通費、食事代除く)。

  • 駐車場代:700円
  • タープ持ち込み代:1000円
  • サンゴの湯入浴代:1220円(大人2人、子供2人)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事