スポンサーリンク

2018年のGWに北海道旅行をしました。

北海道旅行の最終日は、飛行機の出発時間まで時間があるので、キリンビールの工場見学へ行きました。

 

キリンビールの工場は日本に12か所、清涼飲料工場なども含める15か所

もちろん私の住む東海地方にもあるのですが、工場は工場ごとにオリジナルがあって楽しい。北海道旅行の思い出としても残ります。

 

特にキリンビールの北海道千歳工場は空港にも近く便利。最小参加人数は2名。子供も参加OKです。

JR千歳駅からもシャトルバスがありますので、もし時間がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

キリンビールの工場見学

キリンビールの工場

キリンビールはCSR活動の一環として、キリンビールを身近に感じてもらうため、以前から積極的に工場見学を取り入れています。

 

私が工場見学へ行くのは2回目。1回目は学生の頃に行きました。

初めて行った時も楽しかったので、今回は工場を子供に見せようと考えています。

4

工場見学の概要

キリンビール北海道千歳工場見学について、気になる情報をまとめました。

 

開催日 休館日(月曜日)を除く全日
スタート時間 10時~15時(毎時10分、30分)
参加人数 2~30名
工場見学の費用 無料
所要時間 80分(工場見学60分、試飲20分)
行き方 車:千歳駅から約10分、無料駐車場あり

バス:JR千歳線「千歳駅」から無料シャトルバス

徒歩:JR千歳線「長都駅」より徒歩10分

2回目でもOKか? OK

 

以前は1回のみという制限があった気がするので、今回旅行するにあたって調べています。

 

結果、2回目でもOKでした。

公式サイトで横浜工場への見学6回目の方を紹介しているくらいですからね。

 

工場見学の注意事項

公式サイトにある注意事項の他、私が感じた注意事項をまとめました。

  • ツアー参加者が1名の場合は中止となりますが、ほかのグループがいれば1名でも参加可能です。1名の場合はお電話してください。
  • 車を運転する予定の方はアルコール禁止です。運転手にはノンアルコールビールや清涼飲料水があります。
  • 工場という場所ですので、階段の移動が何度もあります。ベビーカーは使えません
  • 送迎バスは工場見学に合った時間となっているので、とても便利です。ただ、定刻通り出発するので、お土産をゆっくり買いたい方は次のバスを待つか、駅まで歩くことになります。レンタカーを利用するのもよいと思います。

 

スポンサーリンク

実際の工場見学体験記

出発はJR千歳駅

北海道旅行で宿泊したのはクラウンプラザホテル千歳です。

ホテルから駅までは歩いて10分程度。

訪問記はこちらです。とても良いホテルでした。

 

さて、JR千歳駅へ到着。

工場行きのバス乗り場はホテルと反対側ですので、コンコースを抜けていきます。

 

定刻通りバスがやってきました。

KILINのロゴが大きいので、間違えることはないですね。

 

バスに揺られること10分。キリンの北海道千歳工場へ到着です。

 

工場見学の受付

バスが着いたら、案内に従って建物の中で受付をします。

予約がなくても見学できるのでしょうか?

とはいえ、来てみて見学できないとがっかりするので、予約したほうが間違いないです。

 

見学ツアー後に試飲できる飲み物はこちら。

GWに行ったので、限定ドリンクもあるとのこと。ちょっとわくわくしますね。

 

さらに、GW限定で「柿の種チーズ味」をもらえました。

GWではなくても試飲の時には全員が頂けるのですが、このお菓子が本当においしかったです。

あまりにおいしかったので、お土産として買ってしまうほど。

全く辛くないので、子供にも大人気。ビールのおつまみに最高ですね!

 

待ち時間を利用して、子供の記念撮影。

ドラえもんのスモールライトで小人になって、缶ビールに座っちゃいました。

 

嘘です、トリックアートですね。

この写真が可愛すぎて、今でも壁紙に使ってます。

 

ビール工場の見学へ

時間になったので、バスに乗って工場へ向かいます。

電光掲示板はLEDなのでモザイクがかかったようになっていますね。

 

今回説明を担当していただいたのは、HPにも登場するお姉さんです。

子供にとてもやさしくて、説明もわかりやすかったです。

 

さて、工場内へ潜入!

原料をこのタンクへ入れるんですね。

 

ビールの原料、麦とホップについて説明していただけます。

子供たちは興味深々。

 

一番搾りと二番搾りについての説明です。

 

一番搾りと二番搾りの麦芽ジュースを試飲して比較しました。

確かに味の違いがはっきりとありましたね。味の違いについては、ぜひ体験してみてください

アルコールは入っていないので、子供たちも試飲してみましたが、美味しくない、、、とのことでした。当たり前ですけど、体験できたのがよかったです。

 

今度はビールの中へ入ってみました。

 

ピンボケしてすみません。

ビールの中なので黄色です。子供たち、こういうのは好きですね。

 

さて、一通り事前の勉強が終わったら、実際のビールの生産工場へ。

GWということで、残念ながら工場自体は止まっていました。

稼働日に見せに来たいと思います。

 

さて、今まで兄妹揃っていたはずなのに、なぜか娘がお姉さんと手をつないでいます。

お姉さんが気に入ったようで、くっついていたらお姉さんが手をつないでくれました。

 

明らかに立っている位置がおかしいんですけど。。。

まぁ、工場見学は終わって、試飲の説明なのでいっか。

 

生ビール&清涼飲料の試飲へ

工場見学を終えて、バスで試飲会場へ移動します。

 

もうお姉さんから離れません。。

 

着席して一通りの注意事項を聞いた後、生ビールを注いでいただけます。

 

子供たちはキリンレモンやリンゴジュースです。

ここでは全員にチーズ味の柿の種をおつまみにいただけます。

ここで初めてチーズ味を食べましたが、本当においしいです。子供たちが取り合って食べるほど。

キリン工場のお土産に決定です

 

せっかくなので、みんなでかんぱーい!

私は弱いので、空腹の一杯目はキリンガラナにしました。

 

生ビールのお代わりは2回、合計3杯頂くことができます。

20分間で3杯なので、なかなかのペースです。

 

せっかくなので、いろいろなビールを試飲しました。

黒生です。

 

北海道に来たら、やっぱり北海道づくりも外せませんね。

 

子供たちへのお土産は、午後の紅茶の定規です。

これはかわいい!私も欲しいくらい。

 

娘は最後の最後までお姉さんから離れません。

写真を撮って、バイバイしようと説得して、記念写真を一枚。

最後までサービス満点のお姉さんに感謝感謝です。

 

お土産コーナーで柿の種を購入。

いろいろとやっていたら、バスの出発時間になってしまい、バス乗り場まで走りました。

お土産をゆっくりと選ぶ時間は取っていないですね。ゆっくりしたい場合は、レンタカーのほうが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

9時40分に出発したバスは工場見学と試飲を終えて、11時50分に千歳駅へ戻ってきました。所要時間は千歳駅からの送迎を含めて2時間ほどですね。

キリンビール北海道千歳工場の工場見学は、送迎も完備していますし、JRの駅からも歩いて10分ほどの立地なのでとても便利です。午後のフライトに設定できれば、工場見学して新千歳空港で札幌ラーメンを食べてから帰ることができます。これは絶対おすすめです。北海道観光の一つに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

千歳駅周辺に宿泊するなら、ジンギスカン専門店やまじんがおすすめです。とてもおいしいジンギスカンを食べることができました。

 

宿泊したクラウンプラザホテル千歳はIHG系列の外資系ホテルです。

IHGは上級会員になるとベネフィットを受けられます。

 

北海道はセントレアからJALで行きました。

JALはブリティッシュエアウェイズのAviosを使うととてもお値打ちに乗ることができます。

 

Aviosは飛行機に乗らなくても購入することができます。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事