スポンサーリンク

フォーポイントバイシェラトン名古屋に宿泊しました。

フォーポイントバイシェラトン名古屋は中部国際空港、セントレアにあるホテルです。

セントレアの前泊にも使えるフォーポイントバイシェラトン名古屋、ちょうどセントレア発の朝便に乗る機会があり、利用してみました。

 

部屋もきれいで必要十分な設備。特にお勧めなのはエボリューション (Evolution)の朝食。

朝食を食べずにこのホテルに泊まるのはもったいないと思うほど。

セントレアのラウンジで朝食を食べるくらいなら、フォーポイントのエボリューションで食べたほうが100倍お勧めです。

または、セントレアにある各レストランの朝食メニュー。こちらも迷うほどあります。

 

マリオットにお得に泊まるなら、キャッシュバックサイト経由がおすすめ。

 

スポンサーリンク

外観、ロビー

電車でセントレアへ来て、ホテルには夜到着。

ホテルにも駐車場がありますが、1000円/日。4

何日も停めるにはちょっと高いので、電車で来ることになるでしょう。

隣には800円/日のコインパーキングTIMESがあります。

 

朝撮った写真です。

東横インと隣り合わせですね。

東横インの駐車場を利用するのもありかもしれません。

 

プラチナ以上のエリート会員は、チェックイン時にウェルカムドリンクサービスがあります。

ウェルカムドリンクは奥にあるロビーラウンジで。スパークリングワインを頂きました。

 

16-18時はドリンクが半額となるハッピーアワーもあるようです。

私は遅くの到着でしたので、ウェルカムドリンクのみを頂きました。

 

スポンサーリンク

宿泊した部屋

宿泊したのはツインルーム。

 

 

ベッドサイドにはコンセントとUSBポートがあります。

コンパクトながらも、スマホの充電ができてとても便利です。

 

テレビは壁掛けになていて、客室に狭さを感じさせません。

 

テーブルはコンパクト。

モバイルパソコンを使うには十分な広さです。

 

テーブル横には金庫。

チェックインしてから、フラッと空港へ。フライトオブドリームへ。いいですね。

 

ミニバーカウンターには無料のミネラルウォーター。

 

冷蔵庫は購入したものを入れることができます。

 

部屋からの夜景。

飛行機までは厳しいけど、空港はギリギリ見えるかな。

北側の部屋だと、ボートが停泊するのが見えます。

 

スポンサーリンク

バスルーム

バスルームはちょっとおしゃれなタイル仕様。

 

ものを置くスペースが少ないです。

女性がお化粧をするには、ちょっと狭いかな。

 

アメニティは歯ブラシ、クシの他、シャワーキャップやソーイングセット、髭剃りなど。

 

シャワールームにはバスタブを完備。

洗い場付きなのは空港島内のホテルで唯一だと思います。

子連れにも使いやすい仕様ですね。

 

アメニティはACTIV。

バンコクのフォーポイントなどにもあります。

 

エボリューションの朝食

朝食会場は2Fにあるエボリューション。

 

お席に案内していただきます。

 

これは開放的なオーシャンビューですね。

あいにくの曇り空でしたが、朝から気分があがります。

 

レストランは奥行きのある造りになっています。

窓が多いからでしょうか、実際よりも広く感じました。

 

奥にあるホットミールコーナー。

パンやデザートと分けられていて、混雑しにくい造りでした。

 

一枚目がパンやデザート。

2枚目以降がホットミールです。

 

豆腐であったり、みそ汁であったり。

外国人に向けた日本メニューが強くアピール。

 

野菜やフルーツも豊富でした。

 

今回頂いた朝食。

朝から手羽先を食べられるなんて、何と贅沢なのでしょう!

 

でもやっぱりホテルと言えばこれ。

 

卵料理は欠かせませんね。今回はオムレツにしました。

 

フォーポイントバイシェラトン名古屋まとめ

朝食がとてもおいしいフォーポイントバイシェラトン名古屋はセントレアから徒歩5分ほどのホテル。

屋根がないところを歩くので、雨が降ったらちょっと面倒かもしれません。

でも舗装された道ですので、土砂降りでなければ大丈夫かな。

 

隣にある東横インより何割か高めの料金設定ですので、朝早いから空港に泊まるだけという場合は、このホテルは少しもったいないかもしれません。

でも、東横インほど混雑がなく、ゆったりと過ごせるフォーポイントバイシェラトン名古屋はおすすめです。

 

東横インは宿泊すると駐車料金が10日間無料。

車で前泊するときは東横イン、電車のときはフォーポイントバイシェラトン名古屋と使い分けするのがいいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事