2017年年末に家族でシンガポールへ行きました。

 

シンガポールへはバンコクからシンガポール航空です。バンコク経由で行きました。

 

前の記事では、1日目昼までの観光の様子をお伝えしました。

 

この記事では、一日目の夜から1日目まで。赤字のところになります。

概要 宿泊
1日目 名古屋(NGO)⇒バンコク(BKK) ICバンコク
2日目 バンコク(BKK)⇒シンガポール(SIN)
シンガポール観光
ICシンガポール
3日目 シンガポール観光 ICシンガポール
4日目 シンガポール観光 ICシンガポール
5日目 シンガポール(SIN)⇒バンコク(BKK) CPバンコク
6日目 バンコク(BKK)⇒名古屋(NGO) -

 *IC=インターコンチネンタル、CP=クラウンプラザ

 

スポンサーリンク

ホテルへ到着⇒チリクラブ「RED HOUSE」

シンガポール動物園からタクシーでインターコンチネンタルシンガポールへ戻ってきました。

戻ってきたのは16時頃。クラブラウンジで冷たいジュースを飲んだ後は1時間ほど休憩タイム。

17時半を過ぎて、そろそろ夕飯の時間です。

 

シンガポールへやってきたら、絶対食べたいもの。それはチリクラブです。

2017年3月にシンガポール旅行をしたとき、ジャンボのチリクラブを食べました。

 

このチリクラブの味が忘れられず、家族連れでもチリクラブへ行ってみることに。たいていのチリクラブのお店には、炒飯など子供が食べられる料理があると調査済みです。

今回訪問したのは、チリクラブ「RED HOUSE」のプリンセリップ店。子どもが眠くなる前にと思い、18時に予約済みです。

インターコンチネンタルシンガポールからREDHOUSEプリンセリップ店へは1km少々。歩いても15分ほどで着くと思うのですが、まだ日が高くて暑かったので、タクシーを利用することに。

と、これが完全に裏目。シンガポールの夕方のラッシュに巻き込まれて15分以上かかりました。お値段を記憶していないのですが、ゆっくりと走ったので、かなりメーターが動いていました。

 

 

 

ここのチリクラブの辛さは、ジャンボと比べるとちょっとマイルド。日本人の舌に合う味だなと思いました。

 

 

それ以外の食べたものは一気にご覧ください。炒飯は追加したので大皿ですが、すべてコースです。

 

RED HOUSEの訪問記は別記事にまとめています。ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

洗濯ついでに、一人で夜の散歩へ

 

チリクラブを食べ終え、ホテルまで歩いて帰ってきたら19時半を回っていたので、シャワーを浴びて子供たちを寝かせました。暑いシンガポール、よほど疲れたのか、みんな一瞬で夢の中。

 

みんなが寝静まった頃、私はみんなの分の洗濯をするため、一人散歩に出かけます。

事前調査の結果、インターコンチネンタルシンガポールの近くに有名なコインランドリーがななかったので、ちょっと遠くまで歩くことに。

 

歩きながら、シンガポールの夜の街を散策。

途中で見かけたストリートはいい感じ。

 

 

ぱっと見、日本人というか東アジア人はほとんどいなくて、異国情緒満載です。

 

 

2km、30分ほど歩いて、コインランドリーへ到着。地元の方が使ってました。

 

 

こちらは乾燥機。稼働率はけっこう高いですね。お尻だけ写っているのは管理人さんでしょうか、掃除をしていました。このコインランドリーはとても清潔に保たれていて、今後も利用できそうです。

 

 

コインランドリーの使い方や利用方法は別記事にまとめているのでご覧ください。

 

この後はホテルへ戻って就寝。

帰り道はタクシーを利用するかどうかとても迷ったのですが、大通りを走っている流しのタクシーが一切いなかったので散歩して帰りました。

 

 

スポンサーリンク

3日目の朝はホテルで朝食

 

今日の朝ご飯はホテル2階にあるビュッフェです。オシャレなパンがいっぱいでした。

 

 

 

食べたメニューの一部です。エビシューマイなど、中国メニューがたくさんありました。

本当は、麺とかハムとか普通のメニューも食べたのですが、写真を撮る前に食べられてしまったんです。子どもって手が早いですね!

 

 

シンガポールの水族館へ

 

シンガポール3日目はセントーサ島にあるシーアクアリウムへ行きました。ユニバーサルスタジオシンガポールと迷ったのですが、ユニバーサルスタジオは2歳以下がいるとほとんど乗れないようですので、断念。

3人の子連れの場合、一人の大人が下の子を面倒見て、もう一人の大人が2人を連れてアトラクションへ参加するのですが、そういったことも難しそうです。ユニバーサルスタジオへは、また5年後に来よう。

 

セントーサ島へはタクシーに乗りました。

料金は11.5ドルでした。なぜかセントーサ島への入島料?の3ドルはかかりませんでした。

 

 

 

シーアクアリウムは、リゾートワールドセントーサという施設にあります。

全天候型になっていて、雨が降っても傘いらずでとても便利でした。

 

 

 

10時過ぎにシーアクアリウムへ到着。この奥にある入場口はけっこうな行列でした。

 

 

 

最初に見られる大水槽では、エイたちが泳いでいました。なかなかの迫力に、子どもたち3人ともくぎ付け。

こういう子どもたちを見ていると、連れてきてよかったなと思いますね。

 

 

 

グレイリーフシャークとかホワイトチップシャークが優雅に泳いでいました。サメを見ると、パラオへダイビングしに行きたくなります。

 

 

 

真ん中の子の手をつなぎ、一番下の子を肩車というのがいつものスタイルです。

人が多いとき、確実に1歳児を捕まえておくのは、これしか手がないんですよね。

 

 

シーアクアリウムはショーがありません。一通り見て回るだけなら滞在時間はあまりかからないです。ただ、あまりにさらっと流すと、けっこう高いのに面白くなかった、という印象を持ってしまうかもしれませんね。

我が家は水族館が大好きなので1時間半滞在しました。水族館が特別好きではない方は1時間でも十分でしょう。

 

 

ワールドセントーサで昼ご飯

 

12時前にシーアクアリウムを出て、お昼ごはんです。

みんなで相談した結果、今日はピザを選択。こどもたち、点心が嫌いなんですよね。小籠包は一切手を付けません。。。

訪問したのはTINO'S PIZZA Cafeです。入室したのは12時ちょっと前、けっこうガラガラでした

 

 

 

食べたのは2枚。子どもたちが好きなマルゲリータとここの店名が入っているTINOピザです。

マルゲリータは割と美味しかったですよ。TINOの味はあまり覚えていません。。。

 

 

 

お値段は全部で54ドルほど。サービス料とか消費税が8ドルもかかってます。

 

 

 

マーライオン公園でお決まりの写真

 

ご飯を食べたあとは、タクシーでマーライオン公園へ行きました。タクシー料金は運賃8.6ドル+追加3ドルでした。この3ドルが入島料なのか、時間に割り増しなのかは不明です。

 

やってきました、シンガポール。

シンガポールに来たら、これだけは絶対に一枚撮らないと!この日は日本人観光客が多くて、いたるところで日本語が聞こえました。

 

 

 

子どもたちもマーライオンに興味を持ったらしく、写真を撮って~ということで、記念写真。

 

 

 

 

 

持っているのは、シンガポール機内でもらったマグボトルです。なぜかお気に入りになったみたいで、旅行中はずっと持っていました。

 

 

おやつはオシャレなティラミスのお店

 

15時近くになったので、おやつにしましょう。

おやつはシンガポール発、日本で大人気となったティラミスヒーローです。シンガポールへ来たら行ってみようと思っていました。

 

 

 

カウンターではキャラクターがお出迎え。

 

 

 

いっぱい並んでいて悩みますね。

 

 

 

店内の様子とメニューをまとめて紹介します。

入り口にはおしゃれな雑貨が所狭しとディスプレイしてあります。

店内は奥にイートインコーナーがあります。シンガポールによくある長屋タイプ。6人掛けが2つと2人掛け、4人掛けが6つほどでしょうか。日本では行列ができていますが、リアル店舗はゆっくりと食べることができそうです。

メニューは英語版だけでなく、日本語版が置かれていました。日本人がけっこう来るんでしょうね。はい、私もそのうちの一人です。この中から、オリジナル、チョコ、オレオを選びました。

 

 

店内で食べるか迷ったのですが、一番下の子が眠気MAXの様子なので、テイクアウトしてホテルで食べることにしました。

 

さてさて、ワクワクしながらオープン~!

容器がかわいいですね♪

 

 

包みを取って、蓋をご開帳ー!ブログを書きながら、またよだれが出てきました。

みんなでちょっとずついろんな味を頂きました。

個人的な感想としては、瓶の中身は見た目に反して少ないです。大人でも1つは余裕で食べられそう。いろんな味を楽しむために、一人一つ買ってシェアするといいですね。

 

この後はホテル周辺を歩いたり、ホテルでゴロゴロしました。

 

 

夕食はテイクアウト

 

夕食は何を食べに行こうかなと考えていたら、「疲れたからダラダラしたい」というコメントがあり、私が調査しに行くことに。ホテル内のレストランでもいいのですが、小さい子供を連れて静かなお店に入るのは気を遣うので、のんびりできないんですよね。

インターコンチネンタルシンガポールはショッピングモール「ブギスジャンクション」が直結なので、食べに行くにもテイクアウトするにも便利です。ブギスジャンクションをうろうろして、写真の店をピックアップ。麺屋武蔵のラーメン(左上2枚)、モンスターカレーのイートイン、ケンタッキーのテイクアウトです。

 

 

 

この中で選ばれたのはケンタッキーでした。子どもたち、ケンタッキーが大好きなんですよね。外国の味に飽きてきたころなので、慣れたものが食べたかったのでしょう。

 

 

 

日本で食べるチキンと比べて、ジューシーでした。鳥の種類が違うんでしょうか、私は日本のチキンより好きですね。味はもちろん日本と同じで安定して美味いですね。

 

 

 

ちょっと衝撃だったのは、入れられていたケチャップの量。チキンの数より多いです。シンガポールの皆さんは、ケチャップを使うのが普通なんですね。

 

 

これにてシンガポール旅行はほとんど終了。今後は帰国便の搭乗記を書いていくつもりです。

 

関連記事

 

 

 

シンガポール旅行関連記事

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事