スポンサーリンク

ナイトサファリは2歳児も8歳児も大人も楽しめた!絶対に日本人にお勧め!

日本語の解説を聞きながら楽しみたい!

 

シンガポールのナイトサファリへ行ってきました。

ナイトサファリは時期によって非常に混雑します。

私が訪問した2019年5月1日は繁盛期だったようで、開園2時間前の時点で早い時間に入場できる入場券は売り切れていました。

 

ナイトサファリへ行くときは、必ず事前予約していきましょう。

入場券売り場の列で嘆いている日本人がたくさんいました

お得な事前予約方法と、実際のナイトサファリ体験記を紹介します。

4

スポンサーリンク

ナイトサファリ概要

ナイトサファリとは?

ナイトサファリは、1994年に開園した世界初の夜だけ開園する動物園です。

営業時間はこちら。

営業時間:7:15pm - 12am (最終入園は 11.15pm)

運営会社:Wildlife Reserves Singapore Group

 

混雑を避けるため、入園時間を区切ったチケットとなっています。

最も早い時間が7時15分。そこから1時間おきに8時15分、9時15分、10時15分(最終)です。

 

ナイトサファリは、トラムに乗車してガイドを聞きながら園内を回るのが基本的なシステムですが、歩いて園内を回ることもできます。

上野動物園が14ha、東山動植物園の動物園部分が32haに対してナイトサファリは44haなのでとても広いですね。

 

場所

ナイトサファリは、シンガポール市内から25kmほどにあるMandai Parksにあります。

Mandai Parksには、同じ経営母体のシンガポール動物園、リバーサファリがあります。

 

行き方

ナイトサファリへの行き方は大きく分けて3つ。

直行バス、タクシー(GRAB含む)、MRT+バスです。

  • サファリゲート(Safari Gate):往復12ドル/1人、子供も大人と同一料金
  • ツアー会社バス(KLOOK、他):往復大人11ドル/1人、子供6ドル/1人(KLOOKの場合)
  • タクシー:昼間片道約25ドル/1台、夜間片道約30ドル/1台
  • GRAB:昼間片道約20ドル/1台、夜間片道約25~30ドル/1台
  • MRT+マンダイエクスプレス(Mandai Express)or路線バス:往復約10ドル/1人

1~2人で時間に余裕がある場合は、お値打ちなバスが良いでしょう。

4人または5人(子供3人)ならば宿泊しているホテルから直行できるタクシーまたはGrabがおすすめ。Grabを利用したことがない方は、招待コード「HWZJ04QQ」をご利用ください。初回支払いから割引があります。

3人だと迷うところですが、私なら便利なGrabを利用すると思います。

リゾートマイラー
通常のGrabの定員は4人まで。私は子供が3人の5人家族なので、Grab Taxiを利用しました。
Grab Taxiで、行きは22.9ドル、帰りが28.0ドルでした。

 

スポンサーリンク

チケットの購入方法(割引、入場保証あり)

ナイトサファリのチケット購入方法は大きく分けて3つ。

  1. ナイトサファリのチケット売り場で当日購入
  2. ナイトサファリの公式HPで事前購入
  3. ツアー会社(KLOOK、ベルトラなど)で事前購入

 

ではこちらの3つの購入方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

①ナイトサファリのチケット売り場で購入

チケット売り場でナイトサファリのチケットを購入することができます。

  • 大人(13歳以上):49ドル
  • 子供(3歳~12歳):33ドル
  • 幼児(2歳以下)は無料

 

でも、このチケット売り場での購入は、絶対にやめましょう。後悔します。

 

理由は2つ。

1つは、定価でしか買うことができないからです。

もう1つは、チケット売り場がとても混雑することがあるからです。

ナイトサファリは19時15分にオープンするため、18時台のチケット売り場に人が殺到します。

せっかくのシンガポール旅行で、並ぶのに時間を使うのはもったいないです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事