石垣島の電動バイクは超便利でお勧め!レンタカーだけじゃない!
スポンサーリンク

2020年3月、石垣島を観光しました。

この時に利用したのが電動レンタバイク。

このレンタバイク、思った以上に便利です。

バイク自体が便利なのはもちろんのこと、とても使いやすいレンタルの仕組みが作られています。

一人で旅行される方、大人だけで旅行する方にはとてもお勧めな乗り物です。

レンタカーもいいですけど、たまには違った乗り物で観光するのも楽しいですよ。

 

スポンサーリンク

石垣島の電動レンタバイクとは

石垣島で2018年2月からスタートした電動スクーターのシェアリングサービス「GO SHARE」。

いわゆるカーシェアのスクーターバージョンです。

 

カーシェアと言っても、手続きをとても簡略化しているので、事前の手続きは一切不要

カウンターへ行けば、その場で借りられます。

 

レンタバイクを借りられるところ

レンタバイクは石垣島内の5か所で借りることができます。

  • 真栄里Sharing Square
  • 南ぬ島 石垣空港 OTSレンタカー
  • 離島ターミナル安栄観光カウンター
  • 石垣シーサイドホテル
  • e-SHARE石垣 North Gate Way

名前だけだとわかりにくいので、マップにしてみました。

 

石垣島全土にあるので、便利です。

リゾートマイラー
石垣島空港にも市街地にも貸出拠点があるので、いつでも借りれますね!

 

離島ターミナルでかりるときは、安栄観光のチケットカウンターへ行きましょう。(写真左側)

 

空港で借りるときはOTSレンタカー

リゾートマイラー
予約しておくと、空港への送迎がありますよ。

予約は公式サイトで。

 

電動バイクは電気で動く

Go-shareは電動バイク。

当たり前ですが、ガソリンではなく電気で動きます

電気なので、走っているときはとても静かでした。

リゾートマイラー
安全対策で、意図的に電子音を出しています。

 

ガソリンを入れる必要がないので「満タン給油して返してください」と言われることはありません

乗り終えたら、貸出拠点でバイクを返すだけ。

リゾートマイラー
レンタカーに慣れた私には、返却が簡単すぎて逆に拍子抜けでした(笑

 

ガソリンを入れない代わりに、バッテリー交換をします。

電気自動車だと急速充電のために30分待たないと、、、みたいなことがありますよね。

この電動バイクはバッテリー充電ではなくバッテリー交換。

無人の充電ステーションには、完全に充電されたバッテリーが置かれているので、本当に交換するだけ

 

使ったバッテリーを差し込むと、充電されたバッテリーが出てきます。

慣れたら1分もかかりません。

 

リゾートマイラー
これは簡単!合計4回バッテリー交換しましたが、本当に便利でした。

 

スポンサーリンク

電動バイクの種類と料金体系

電動バイクの種類

電動バイクは2種類。台湾メーカーGogoro製のGogoro 2 Plus(水色)です。

排気量は50ccと125cc。

 

といってもガソリン車ではないので、50ccと125ccのパワーが出るように設計されています。

50ccと125ccの見た目は全く同じ。

 

初速もほとんど変わりません。

50ccは1人乗り用。125ccはパワーがあるので、2人乗り用となっています。

リゾートマイラー
125ccは小型自動二輪の免許が必要だよ。普通自動二輪でもOKです。

 

レンタル料金

レンタルするバイクが2種類しかないので、レンタル料金はシンプル。

ちょい乗りの3時間までは3500円。24時間までが4500円。

3時間まで 4~24時間 以降24時間毎
50cc 3500円 4500円 +2000円
125cc 4500円 6000円 +3000円

リゾートマイラー
翌日まで跨いで使える24時間制はうれしいですね。

最高速度は50ccは60km/h、125ccは80km/hが出ます。

狭い石垣島、そんなに急いで走っても楽しくないですから、安全重視で行きましょう。

他の車も50km/hほどで走っていますよ。

 

公式サイトがイメージ動画を公開していますのでご覧ください。

 

なお、電動バイクは車両保険がありません。

万が一の場合に備えて、旅行保険に入っておきましょう

ご自身がお持ちのクレジットカードの国内旅行保険の補償内容を調べておくのも大切ですね。

さて、ここからはメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

乗り捨てが可能【メリット1】

一般的なレンタルバイクは、レンタル店へ返却するのが基本。

車と違って乗り捨てができるところが少ない、または料金が高いです。

 

ところが、このレンタルバイク、乗り捨てが可能です。

乗り捨て料金は破格の500円。

500円と言えば、石垣空港から離島ターミナルへの直行バスも500~540円。

 

例えば離島へいくとき。

空港で借りて、離島ターミナルで返すということもできちゃいます。

 

また、帰りのフライトまで時間があるとき。

バイクを乗り捨てるのか、返却してからバスに乗るのか。

お好きなほうを選ぶことができます。

 

4時間以上のレンタルなら送迎無料【メリット2】

Go-shareのレンタルバイクは、送迎サービスがあります。

石垣空港は誰でもいつでも送迎無料。

さらに、なんと4時間以上の利用ならホテルへも無料送迎してもらえます

 

無料送迎の条件はこちら。

  • 市街地エリア(赤枠)であること
  • 4時間以上の利用であること
  • 9:30~17:30であること(石垣空港はいつでもOK)

市街地エリアとは以下の赤枠の中

 

多くのホテルはこの赤枠内にあるので、ほとんど対応可能です。

リゾートマイラー
50ccなら4500円。これでホテルから貸し出し場所までの送迎があるなんてお得ですね!

 

荷物を無料で配送してくれる【メリット3】

電動バイクを4時間以上レンタルすると、荷物を石垣島内ならどこでも無料配送してもらえます。

つまり、乗り捨て料金500円で、荷物をホテルまで運んでくれるということ。

(当日配送は17:30までにOTSレンタカーに到着する必要があります)

 

例えば、石垣空港に到着したら、電動バイクをレンタル。

半日観光してからホテルにチェックインしたら、スーツケースがホテルに届いているというシステムなんです。

返却時に受け取るではなくホテルへ持っていってくれるので、重い荷物を運ぶのは空港からOTSレンタカーまででOKですね。

 

これ、やばくないですか?

5000円で観光ができる上に重い荷物をホテルまで運ばなくてもいい

帰りのフライトまで時間があるときにも使えますね。

朝に電動バイクをレンタルして、夕方には空港に荷物が届いている。最高です!

リゾートマイラー
私はこの無料配送で利用を決めたといっても過言ではありません。

 

手ぶらで利用可能、荷物も入る【メリット4】

初めての電動バイクのレンタル、気になるのは持ち物。

ヘルメットは無料貸し出しです。

半ヘルもフルフェイスもチョイス可能(サイズ次第)。

リゾートマイラー
私は予約なしで借りたので、半ヘルしか選択肢がなかったです;;

 

レインコートも借りることができます。

利用すると500円ですが、利用しなかったら無料。

保険として持てるのが良いですね。

 

電動バイクは原付タイプなので、シート下に荷物が入ります。

容量は20L程度。

 

ハードタイプの大き目なハンドバックは厳しいですが、ソフトタイプならけっこう何でも入りそうです。

リゾートマイラー
私は、さよこのサーターアンダギーを買いに行きました♪

キャンセルは予約の1時間前までOK【メリット5】

南国で電動バイクを借りるときの一番の心配事。

それは天気ですね。

 

雨が降ったら。

雨でなくても、風が強かったら。

悪天候でバイクに乗るメリットはとても少ないです。

 

予約したけど天気が悪いからキャンセルしたい!できるの?

はい、Go-shareのレンタバイクは予約した時間の1時間前までキャンセルが無料

これは地味にうれしいサービスですね。

 

例えば東京から石垣島へ向かう当日。また、宿泊したホテルの朝食を食べながら。

そんなタイミングで計画の練り直しが簡単にできちゃうんです。

リゾートマイラー
天候が悪いときの代替プランは事前に考えておきましょうね。

 

電動バイクの口コミ

電動バイクは利用が始まってから2年以上たつので、利用者も増えています。

利用者の口コミをご紹介します。

 

電動バイクは50ccの原付と比べて加速が良い。音が静か。

電動バイクの鍵は電子キー。

ピッとやるだけなので簡単ですね。

 

電動バイクでサトウキビジュースを飲みに行く。

私も飲みに行きました。自由に行動できるのが良いですね。

慣れるまではゆっくり走れば大丈夫ですね。

好きなところへ行けるのがレンタバイクの最大のメリット。

電動バイクを利用するメリットまとめ

とても便利な電動バイク。多くのメリットがあります。

これをフル活用したらどんなプランが組めるのでしょうか。

どちらのパターンも、観光ができた上に重い荷物をホテルに運んでくれる

リゾートマイラー
最高のプランになちゃいました。

 

私はプラン②を実践しました。

旅行記として後日アップしますのでご覧ください。

便利な電動バイクを利用して、最高の石垣島旅行にしましょう。

 

東京を朝に出発した当日にレンタル:プラン①

JALなら朝10時には石垣空港に到着します。Peachでも13時には到着。

石垣空港に着いたら電動バイクを24時間レンタル。3時間以上観光できるでしょう。

 

荷物は夜までにホテルへ配送してもらえます。

夕食に石垣中の焼き肉を食べてからホテルへ。

翌日の朝ごはんは、レンタバイクで豆腐の比嘉へ。帰りにさよこのサーターアンダギーをお土産に買って、バイクを返却。

 

自宅へ戻る最終日にレンタル:プラン②

朝9時に電動バイクをレンタル。

楽しかった石垣島を一周してから石垣空港へ。

リゾートマイラー
川平湾でも、3時間あれば行くことができますよ。

 

15時出発の飛行機なら、空港にあるOTSレンタカーカウンターまでスーツケースを運んでくれます。

(何時まで対応してくれるのかは要問合せ)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事