スポンサーリンク

2018年12月、クアラルンプールから成田へマレーシア航空に搭乗しました。

搭乗した便はMH88便。クアラルンプールから成田へ行くA380です。

 

A380は世界最大級の飛行機、座席はエコノミークラスでしたが乗れるだけでもワクワクしますね。

私はJALの上級会員ステータス、JGCプレミアを持っているので、ファーストクラス搭乗者と同じマレーシア航空エンリッチゴールドのカウンターを利用できました。

 

搭乗前には、ファーストクラスラウンジのダイニングで夕食を頂きます。

搭乗前から素晴らしいサービスを受けられて、ますますワンワールドのステータスを維持したくなります。

 

JGC修行記録はこちらをご覧ください。

この後は出張も重なり、JGCプレミアへ到達しています。

resortmiler
JGCステータスは、うまく計画すると旅行ついでに取得できますよ。

 

今回はMH88便へのチェックインから降機までを記事にまとめました。

 

スポンサーリンク

クアラルンプール空港でチェックイン

クアラルンプール空港へやってきました。

 

クアラルンプール空港は天井が広くて開放的。

世界的日本人建築家、故黒川紀章氏が設計したクアラルンプール空港は機能的でかつ開放的。

とても好きな空港の一つです。

 

黒川紀章氏は、クアラルンプール空港以外にKLセントラル駅も設計しています。

 

搭乗するのはエコノミークラスですが、私はJGCプレミアを持っており、ワンワールドステータスはエメラルド。

地上のサービスはファーストクラス搭乗者と同じものを受けることができます。

搭乗手続きは「ENRICH PLATINUM & FIRST CLASS」のチェックインカウンターを利用しました。

resortmiler
グランドスタッフさんが8人ほど、お客さんは2人。マレーシア航空は上級会員の待遇がとても良いですね。

 

ソファーに座って手続きをすることができます。

ソファーで手続きをされている方もいらっしゃいました。

 

ビジネスクラス、エコノミークラス利用者はこちら。

マレーシア航空のハブ空港だけあって、大きな混雑はありませんでした。利用時刻は19時30分頃。

 

同じような時刻に出発するJAL便、JL724があるので、JALチェックインカウンターが空いています。

この日のJAL便は22時50分発。

3時間前の19時50分から手続きが始まり、1時間前の21時50分に搭乗手続きを締め切ります。

30分前に空港へ到着しても搭乗することができませんのでご注意ください。

逆に19時50分より前に来ても搭乗手続きをすることはできません。

resortmiler
マレーシア航空はJALのコードシェア便。JL便と同じ値段でMH便を予約することができます。

 

ワンワールドエメラルドを持っていて、マレーシア航空のゴールデンファーストラウンジを満喫したいという方は、マレーシア航空に乗ると搭乗時刻の3時間以上前に制限エリアへ入ることができます

 

スポンサーリンク

ゴールデンファーストクラスラウンジへ

保安検査場のあるメインターミナルから、ラウンジのあるサテライトまでエアロトレインに乗ります。

 

エアロトレインは自動運転。

電車といっても乗車時間は1分程度で数分おきに運航しているので、時間を心配する必要はないでしょう。

 

サテライトに到着しました。

 

搭乗まで2時間程度、ゴールデンファーストクラスラウンジを満喫します。

 

ゴールドが基調の広いゴールデンラウンジ。

ビジネスクラスラウンジのほうが広いですが、ファーストクラスラウンジは人が少なくて落ち着きます。

 

美味しいシャンパン。

 

ドゥ ヴノージュ コルドンブルー、シャンパン屈指の超名門でありながら、生産量の少なさから日本ではあまり見かけないこだわりのシャンパン・メゾン。オンラインショップでは720mlボトルが5000~7000円ほど。

ドゥ ヴノージュ コルドン ブルー ブリュット[NV]

created by Rinker

 

美味しい料理、最高のひと時ですね。

 

ファーストクラスラウンジの様子はこちらに詳しくまとめています。

 

スポンサーリンク

いよいよ機内へ

出発する50分前、搭乗口へ向かいます。

クアラルンプール空港では、搭乗口で保安検査があります。

ここでは、空港内で手に入れた液体類も廃棄させられますので、注意してください。

(空港内免税店で購入したお酒などは持ち込めるようです)

 

搭乗開始時刻は、出発の30分前の23時5分。

エメラルド会員は優先搭乗があり、私は数分前に搭乗しました。

 

A380は大きい!ワクワクしますね。

クアラルンプール空港は二重窓になっていて、撮影が難しい。

 

機内へ。A380の1階がエコノミークラスです。

 

座席は後方。

 

後ろのほうの座席は、横並びで一列空いていることが多いです。

今回は、3列シートで隣はおらず。

深夜便でも、3列すべてを利用して横になれる、いわゆるエコノミーフラットになるので助かりますね。

 

後方から見た様子。

 

機内食は2回

クアラルンプール路線は機内食が2回提供されます。

深夜便となるMH88便は、離陸後30分ほどで軽食、4時間ほど経ったあとは朝食です。

 

まずは最初に頂いた軽食です。配られたのは0時30分頃でした。

 

CHIX中はチキンカレーでした。思ったよりスパイシーです。

 

2時間ほど眠った後は朝食、4時過ぎです。

朝の4時頃、まだまだ眠たい時間。でも、マレーシア航空はしっかりと起こし、半強制的に朝食を配っていきます。

近くにはいらないというジェスチャーをした方もいましたが、前のテーブルに置かれていました。

食べるかどうかを簡単に選択できるといいですね。

 

チキンorビーフ?

今回はビーフを選びました。

東南アジアのお米はちょっと癖のあります。私は炒飯ならOKですが、白米はちょっと苦手。

 

成田空港へ到着

朝食を食べて目が覚めたので、機内エンターテイメントを楽しむことにします。

時間はクアラルンプール時間で5時頃。

 

プリズンブレイクがあるので見ようかな。

あれ、でもたくさんあるぞ?

 

海外ドラマは基本的なタイトルだけの表示だったので、連続して観るのはちょっと面倒でした。

機内エンターテイメントは各航空会社、というか機材で個性が出ますね。

タッチパネルの感度もそれなり、お金をかけているかどうかなのでしょうか。

 

日本が見えてきました。クアラルンプール時間で5時45分。

 

成田空港へ着陸。クアラルンプール時間で6時15分、日本時間で7時15分。

 

とても大きい飛行機、A380。

乗ってしまうと普通?いえいえ、そんなことはないです。

横幅も広いし、何より離陸や着陸の重力感がいいですね。

 

まとめ

マレーシア航空のMH88便に搭乗しました。

7割程度の乗車率だったおかげで、後方の3列を使ってのエコノミーフラットができたのはよかったです。

クアラルンプール国際空港はマレーシア航空のハブ空港。

ファーストクラス/ビジネスクラスラウンジであるゴールデンラウンジが完備されているので、出発前の時間をゆったりと過ごすことができます。

JGCプレミアのステータスを取って良かったなぁと思えたフライトでした。

 

マレーシア航空はエコノミークラスだと4万円以下でクアラルンプールへ行くことができます。

クアラルンプール乗り継ぎでバリ島、ペナン島などへは5万円程度。

ワンワールド上級会員のステータスをフル活用できますね。

 

関連記事

マレーシア航空を予約するときは、必ずキャッシュバックサイトを利用しましょう。

1~4%のキャッシュバックを受けることができますよ。

 

私はJGC修行でこんなところへ行きました。

世界遺産の街、スコータイは自転車で周れます

 

世界遺産、アンコールワット遺跡群の散策もJGC修行ついでに。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事