2017年年末の5泊6日シンガポール家族旅行にかかった費用を大公開!
スポンサーリンク

2017年年末に、タイ経由で5泊6日のシンガポール家族旅行へ行きました。

この旅行は、航空券を陸マイラー活動で貯めたANAマイルを使った特典旅行です。5泊6日の1歳児を含め家族5人の特典旅行はいったいいくらかかるのでしょうか。

スポンサーリンク

今回の特典旅行のスケジュール概要

いくらかかったのかを公開する前に、まずはスケジュールの概要です。

5泊6日のシンガポール旅行ですが、バンコク乗り継ぎにしていて、初日と最終日はバンコクで宿泊しています。シンガポールに居たのは、実質2日半でした。

概要 宿泊
1日目 名古屋(NGO)⇒バンコク(BKK) ICバンコク
2日目 バンコク(BKK)⇒シンガポール(SIN)
シンガポール観光
ICシンガポール
3日目 シンガポール観光
4日目
5日目 シンガポール(SIN)⇒バンコク(BKK)
バンコク観光(未実施)
CPバンコク
6日目 バンコク(BKK)⇒名古屋(NGO) -

*IC:インターコンチネンタル

*CP:クラウンプラザ

1歳児がいるのに、なぜバンコク乗り継ぎとしたのか?

これにはちゃんとした理由があるのですが、そこは別記事でまとめます。

結果として、大変だった点はありつつも、けっこう満足のいく旅行となりました。

なお、決済日によって為替は異なりますので、ここでは便宜上、以下としています。

1シンガポールドル(S$)=85円

1バーツ(฿)=3.5円

スポンサーリンク

往復フライトの費用

名古屋からバンコクへはタイ航空(TG)、バンコクからシンガポールへはシンガポール航空(SQ)を利用しました。

すべてタイ航空でまとめることも可能だったのですが、飛行機に乗るのも家族旅行の一つだと思い、敢えて違う航空会社にしてみたんです。私以外飛行機に乗り慣れていない家族にとって、これは大正解でした。

使用したマイルは4人分で156,000ANAマイルで、諸税が24040円。発券した2017年5月時点では、タイ航空、シンガポール航空ともに燃油サーチャージが0円でした。

座席を不要とする2歳未満の乳児は18320円を加えて、合計は156,000ANAマイルと42360円でした。

項目 使用したANAマイル 費用(円) 備考
大人子供4人 156000マイル 24040円
乳児1人 - 18320円 13260円(TG)、5060円(SQ)
小計 156000マイル 42360円

タイ航空は燃油サーチャージが安いです。2017年12月~2018年1月でみると、日本ーバンコク間の燃油サーチャージが片道3000円に対し、15米ドル。4人が往復するので、タイ航空のほうが合計1万円以上安くなりますね。

タイ航空の燃油サーチャージ

f:id:resortmiler:20180116130910p:plain

シンガポール航空は、燃油サーチャージが発生しません。正確には、発生する基準がANAやタイ航空と比べてかなり緩いです。

シンガポール航空の燃油サーチャージ

2月・4月・6月・8月・10月・12月「表1」に航空燃油(シンガポールケロシン)価格を確認し、直前の2ヶ月平均航空燃油(シンガポールケロシン)額の改定を「表1」の実施時期をもとに、関係国政府に変更の旨許可申請いたします。なお、平均燃油価格が1バレル当たり90.00米ドルを下回った場合は、「表1」のとおり翌々月1日発券分から「燃油サーチャージ」を適用いたしません。

スポンサーリンク

宿泊にかかった費用

今回の旅行は5泊。そのうち、4日目のインターコンチネンタルシンガポールは、予約時点で4万円超えと非常に高かったので、IHGのポイントで宿泊しています。

2日目のインターコンチネンタルシンガポールの料金が高いのは、クラブアクセス付きの部屋にしたからです。私はインターコンチネンタルアンバサダーに入会しており、そのキャンペーンでクラブルームに泊まると1万IHGポイントが戻ってきます。

つまり、これだけ宿泊して、2万IHGポイントが戻ってきたことになります。

日程 ホテル名 日本円換算 支払い額 備考
1日目 ICバンコク 26253円 7501฿
2日目 ICシンガポール 35198円 414S$
3日目 ICシンガポール 25554円 301S$
4日目 ICシンガポール 0円 0S$ 5000IHGポイント
5日目 CPバンコク 30167円 8619฿
小計 117172円 -

 

有償で宿泊したのは4泊分の12万円弱。ちょっと良いところを泊まりすぎだったかもしれませんが、海外旅行がそこまで好きではない家族を連れて行くのであれば、ホテルを惜しんではいけないですよね。

ホテルにお金をかけた分、家族にはとても満足していただけました。

航空券、ホテル以外にかかった費用

ここからは、現地で遊ぶのに使用した費用です。事前に購入しておいたチケットは、使用した日付で計上しています。

旅行1日目

1日目は日本からバンコクのホテルに泊まったのと、夕食のみの費用です。夕食はインターコンチネンタルから1駅で行けるEATHAIへ行きました。タクシーを使おうか迷ったのですが、ホテル前の道路が劇混みだったので、仕方なくBTS(鉄道)を使うことに。

かかった費用は4000円弱。

項目 日本円換算 支払い額 備考
Uber 1050円 300.0฿ BKK⇒ホテル
BTS 224円 64.0฿ 16×4人
BTS 224円 64.0฿ 16×4人
EATHAI 2462円 703.5฿
小計 3960円 -

旅行2日目

2日目はバンコクからシンガポールへ。ホテルに着いたのが13時頃でした。

観光する時間は十分にあったのですが、ラウンジでお茶したり、付近を散策していたら、夕方になったのでこの日は終了。ホテルを一番満喫した日になりました。

かかった費用は5000円弱。

項目 日本円換算 支払い額 備考
タクシー 1120円 320.0฿ ホテル⇒BKK
MTR 816円 9.60S$ SIN⇒ホテル
Starhub 2720円 32.00S$ Tourist SIM
小計 4656円 -

旅行3日目

この日は、シンガポール動物園とリバーサファリへ行きました。

ホテルを9時過ぎに出発し、動物園に2時間、昼食に1時間、リバーサファリに2時間滞在しました。少しホテルで休憩した後で、レッドハウスへチリクラブを食べに行きました。かかった費用は34000円ほど。

項目 日本円換算 支払い額 備考
入場券 14535円 171.00S$ 動物園、リバーサファリ
公式サイトで5%OFF
Uber 1773円 20.86S$ (ホテル⇒Zoo)
昼食 2865円 33.70S$ 動物園内
タクシー 1828円 21.50S$ Zoo⇒ホテル
おやつ 748円 8.80S$
夕食 12461円 146.60S$ レッドハウス
小計 34209円 -

動物園とリバーサファリは公式サイトから購入すると5%引きになるのでお勧めです。

WRS Ticketing

動物園の「音声ガイド付きトラム(5ドル)」やリバーサファリの「アマゾンリバークエスト(5ドル)」に乗りたい方は、大幅割引が受けられる楽天グループのvoyaginのパックがお勧めです。日本の会社というのが安心材料ですね!

www.govoyagin.com

www.govoyagin.com

ナイトサファリは値引き率が高いのでお得です。

www.govoyagin.com

 

シンガポールは暑い!暑いのが苦手な方は、夕方から夜まで楽しめるリバークルーズとナイトサファリのセットがお勧めです。

www.govoyagin.com

レッドハウスで食べるチリクラブは基本的に時価。現地での注文に自信のない方は、VELTRAで予約することができるので便利です。私もこのVELTRAを利用しました。

linksynergy.jrs5.com

旅行4日目

4日目はセントーサ島の水族館「SEA Aquarium」へ行きました。

日本でもよく水族館へ行き、大小20以上の水族館を見たことがありますが、シンガポールの水族館は大きいですね。海遊館とか名古屋港水族館くらいかな。日本で人気のイルカショーを行うプールはありません。シンガポール近郊の魚が多く、楽しかったです。

午後は、シンガポールの名物「マーライオン」を見に行って、おやつにティラミスヒーロー。なかなか美味しかったです。

かかった費用は20000円少々でした。

項目 日本円換算 支払い額 備考
タクシー 978円 11.50S$ ホテル⇒セントーサ
SEA Aquarium 8670円 102.00S$ klookで11%オフ
昼食 4560円 53.65S$ PIZZAinセントーサ
タクシー 986円 11.60S$ Merlion公園まで
ジュース 1020円 12.00S$ 6S$×2、inMerlion公園
MRT 476円 5.60S$ 1.4S$×4人
ティラミスヒーロー 1913円 22.50S$ 7.5S$×3個
Uber 566円 6.66S$ ホテルまで
夕食 1522円 17.90S$ ケンタッキー
小計 20690円 -

SEA Aquariumもklookで予約すると、10%ほどの割引となるのでお得でした。

www.klook.com

旅行5~6日目

5日目と6日目は移動とホテル満喫でしたので、まとめてます。

5日目は午前中にバンコクへ移動しました。午後はバンコクで象に乗る予定だったのですが、子供たちが疲れているだろうということで、カウンターでラウンジアクセスを付けて、ホテルでのんびりすることに(2000バーツ弱)。ホテルのプールで1時間半ほど泳ぎ、子供たちは大満足。私も、冬に屋外でプールに入れる満足感を味わうことができました。

6日目は移動のみですので、ホテルから空港への移動のみ。

項目 日本円換算 支払い額 備考
Uber(5日目) 1358円 15.98S$ ホテル⇒SIN
Uber(5日目) 1155円 330.0฿ BKK⇒ホテル
Uber(6日目) 1488円 425.0฿ ホテル⇒BKK
小計 4001円 -

かかった費用合計とまとめ

ここまでまとめた費用が海外で使った費用です。

それに、セントレアでとめた車の駐車場代7500円を加算します。

その結果、合計は156,000マイルと234,548円でした。

マイル かかった費用
航空券 156000マイル 42360円
ホテル - 117172円
航空券、ホテル以外 - 67516円
セントレア駐車場 - 7500円
合計 156000マイル 234548円

これを高いとみるか安いとみるかは各家庭次第だと思います。家族5人で5泊6日のシンガポール旅行を年末に行ったと考えると、234,548円という費用は、私はかなりお値打ちだったと思います。かかった費用の半分はホテル代ですので、ホテルランクを下げれば5万ほど安く泊まれたと思います。でも、今回の満足感はホテル込みですからね。

156,000マイルは陸マイラー活動で獲得しています。正確な数字は出せませんが、実費として3万円くらいはかかってると思いますが、それを加算してもお得だったなと思います。皆さんと比較して、いかがでしょうか?

ソラチカルート閉鎖により陸マイラー活動がなかなか苦しくなってきています。でも、これからも1年に1回を目標に、何とか海外旅行へ行きたいなと思っています。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. ぴろーしき より:

    こんにちは
    私も年始から三連休にかけて7泊でANAマイレージ使ってマレーシアとタイ行きました
    行きがシンガポール経由で、復路にストップオーバー使ってバンコク滞在しました
    行き先も方向も微妙に違いますが、使った航空会社は同じです(笑)
    一人なのでビジネス使いましたが、それでも63000マイルで済みますが、それでもソラチカが使いにくくなるとペースが落ちちゃいますよね
    シンガポール航空のサーチャージが安いのは去年の4月くらいから基本的にサーチャージと保険が運賃組み込みになって、余程高いときだけ追加で負担というパターンになったからでしょうけど、そのほうが特典航空券利用者にはメリットありますよね

  2. resortmiler より:

    ぴろーしきさんシンガポール航空を利用されたんですね。
    特典利用ではサーチャージ込みのシンガポール航空がお得ですね。良い機材の上級クラスがとれないなどの制約はありますけど。
    1カ国ストップオーバーもされたということで、特典ルールを最大限に活用されたんですね!アジアはスタアラが多くて使いやすいですね。

  3. ぴろーしき より:

    行きのシンガポール経由のクアラルンプールまではシンガポール航空ですが、クアラルンプールからバンコクとバンコクからセントレアは管理人さんと同じくタイ航空です
    シンガポール航空は確かに上級クラス取れないデメリットありますけど、セントレアみたいに他社が就航してない場合は機材が良いせいで路線自体が取れないとより不便なんで、ある意味微妙ですよね
    シンガポールからクアラルンプールは最新のA350のビジネスも他社特典にも開放されている区間なのでそこだけ良い機材を体験できました(笑)
    上空を飛んでる時間は1時間も無い区間なのでわざわざビジネス乗る人少ないんでしょうね(実際空いてました)

  4. resortmiler より:

    ぴろーしきさん
    おっしゃる通り、どんな機材であれ、航空券を取らないと意味がないですからね。
    SIN-KULはMHのCクラスを乗ったことがあるんですが、古い機材だったのに満席でした。シンガポール航空のA350よりマレーシア航空の古い機材の方が人気高いとは思えないので、時間帯なんですかねぇ。

コメントを残す

  • シンガポール航空SQ973(バンコクBKK⇒シンガポールSIN)子連れ搭乗記
  • 2017年年末の5泊6日シンガポール家族旅行にかかった費用を大公開!
  • インターコンチネンタルバンコク(InterContinental Bangkok)へ贅沢トランジット宿泊記
  • セントレア(NGO)発バンコク(BKK)行きタイ航空TG645便搭乗記
  • これだけは譲れない!家族旅行先を決める私の条件
  • シンガポールのコインランドリー体験記

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
PP単価の良い国内修行計画(2017年1月)
SFC修行
2017年に修行を予定している方、もう修行計画はできてきたでしょうか。 私はというと、ようやく大きな修行計画がまとまってきたところです。海外...