スポンサーリンク

レゴランドジャパンは名古屋にある、日本で唯一のレゴブロックのテーマパーク

高いとか小さいとか言われていますが、子連れにとってはディズニーランドよりもレゴランドのほうがひどい混雑なく楽しめています。

我が子もディズニーランドよりもレゴランドへ行きたいというほど。

 

レゴランドは開業して間もないこともあり、お得に入場する方法がいくつかあります。

ただ、公式に発表されているお得なチケットは東海地方に在住の方だけ。リピーターを増やしたいという作戦ですね。

一方で、レゴランドはアジアにはマレーシアにしかないのもあって、韓国や中国、台湾など海外向けにお値打ちなクーポンがあります。

このクーポン実はめちゃくちゃお得になっています。この割引だから海外からのお客さんも多いんですね。

パスポートの提示も不要で、もちろん日本人も利用可能。

 

高速のインターを降りてすぐの場所にあり、関西地方からも2時間程度。日帰りでも行けるレゴランド。

子供の冬休みや春休みにもってこいのお得情報です。

これは利用しないともったいないですよ!

 

スポンサーリンク

レゴランドの公式料金

1DAYパスポートカレンダー

レゴランドは現在ピーク・オフピークと2つの期間に分かれています。要は繁盛期と閑散期ですね。

2018年12月から2019年3月までのカレンダーはこんな感じ。

12~2月は週末も閑散期(オフピーク)なんですね。年末年始と3月の春休みシーズンは繁盛期(ピーク)です。

小学生の子供が休みになる期間は、基本的に繁盛期(ピーク)だと思って間違いないです。

 

公式サイトや窓口で購入する場合の価格

こちらは公式サイトや窓口の購入価格です。

当日以外はオンライン購入限定。

 

まずは赤色のピークから。

7日前までに購入すれば、6200円となり、700円お得になりますね。

ピーク 当日・前日の購入 7日前までの購入
料金 料金 割引率
大人(13-) 6900円 6200円 10%
子供(3-12) 4500円 4000円 11%
ファミリー1DAY3
(大人2人、子供1人)
(18300円) 14200円 22%
ファミリー1DAY4
(大人2人、子供2人)
(22800円) 18200円 20%

 

次に青色のオフピーク。

子供の学校がある日がほとんどですが、その分安くなります。小学校へ上がる前の子供なら、オフピークを狙うのが良いですね。

オフピーク 当日・前日の購入 7日前までの購入
料金 料金 割引率
大人(13-) 5000円 4500円 10%
子供(3-12) 3700円 3300円 11%

 

スポンサーリンク

最強!ピーク期間中に誰でもいつでも安くチケットを購入する方法

オフピークに行けるなら、ぜひそうしましょう。

そのほうが安いですし、確実に空いています。

 

もちろん、クリスマスシーズンも最高です。

これは2017年の様子です。

 

でも、小学生を持つほとんどの家庭は平日に行くことはできませんよね。

また、1~2月の週末ならオフピークで安いですが、なんせ寒い!

寒さに強い子供は大丈夫でも、一緒にまわる大人がきついですね。

できたら、暖かくなる3月の週末に行きたい。やっぱり学校が休みになる春休みかな。

そうなると、どうしてもピーク期間となってしまいます

 

そんな場合にKLOOKのクーポンがおすすめ。

KLOOKのクーポンは、ピーク期間中の当日に購入しても、7日前購入より安い!

 

KLOOKのクーポンを利用した場合の料金をまとめました。

公式サイト KLOOK
全日 当日・前日 7日前 当日
料金 料金 料金 割引率
大人(13-) 6900円 6200円 5100円 26%
子供(3-12) 4500円 4000円 3600円 20%
(参考)
ファミリー1DAY3
(18300円) 14200円 13800円 25%
(参考)
ファミリー1DAY4
(22800円) 18200円 17400円 24%

 

スポンサーリンク

東海地方限定でカテエネ経由が安い

「誰でも」と書きましたが、正確には12歳以下の子供だけは、ピーク期間でもカテエネ経由が3300円とお得です。

カテエネでは、大人1枚につき、もう一枚(大人・子供共通)をプレゼントするクーポンも配布中です。

 

  • <その1> レゴランド1DAYパスポートが40%OFF!
  • <その2> 1DAYパスポート1枚購入で1名無料ご招待!
  • <その3> レゴランド&シーライフ1DAY1枚購入で1名無料ご招待!

 

 

いずれも、以下の条件を満たす必要があります。

〇中部電力と電気またはガスの契約をしていること。

〇指定金額以上の電気またはガスの利用があること。

〇カテエネポイント会員であること。

〇事前申し込みすること。申し込み翌月中旬に送られてくるギフトコードを使うこと。

〇2018年12月31日までにチケットを購入すること。

≪クーポンの送付時期≫ 必ずお読みください

・お申し込みはいつでも可能です。

・景品表示法に則り、お申込み完了かつ平成30年3月分からの電気料金・ ガス料金の累積合計額が27,600円以上に達した翌月中旬頃に、 1名1回分のクーポン(ギフトコード)をお送りします。

・複数クーポンをご希望の場合は、お手数ですが複数回お申込みください。 2つ目のクーポンは27,600円×2の金額に達した翌月中旬頃に、 3つ目の クーポンは27,600円×3の金額に達した翌月中旬頃にお送りします。 (4つ目以上も同計算方式。)

 

つまり、「11月中に事前申し込みをすると、12月中旬にコードが送られてきて、12月中にチケットを購入する」ということになります。

チケットは指定した日のみが有効なので、ちょっと使いにくいが、とてもお得なチケットです。

キャンペーンは延長される可能性もありますが、確実に利用したい方は、この有効期限内に申し込みましょう。

 

カテエネがお得になるのは子供一人300円だけ。

個人的には、慌てて買わなくてもよいKLOOKのほうがお勧めです。

オフピークに確実に行ける方はカテエネを利用しましょう。

 

まとめ

大人にとっては物足りないかもしれないレゴランド。

でも、一日中レゴで好きなだけ遊べるテーマパークは、子供にとっては「夢の国」です。

我が子もレゴランドから帰って1か月くらいはずっとレゴランドの話でした。今でもまた行きたいと言っています。

子供が楽しいと親も楽しい気分になりますよね。

冬休み、春休みの家族旅行の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

レゴランドディスカバリーのお得情報も

この記事は名古屋にあるレゴランドジャパンの紹介です。

ディスカバリーセンター東京やディスカバリーセンター大阪のお得なクーポンもKLOOKから出ています。海外向けのため英語サイトですが、日本人もパスポート不要で利用可能なことを確認しました。2300円が1850円になるのはお得ですね。

ディスカバリーセンター東京限定で、2018年1~3月まで1850円となっている限定割引がさらに1500円まで割引となります。この期間に入場予定の方は利用しないともったいないですよ。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京の情報はこちら。

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪の情報はこちら。

 

関連記事

KLOOKは東南アジアへ観光するのになくてはならない旅行サイト。お得なクーポンだらけです。

東京ディズニーランドのチケットは定価ですが、紹介を利用すれば350円ほど安く買えてしまいますよ。転売不可のヤフオクを使ってる?もうやめたほうがいいですね。

KLOOKは紹介で入会すると25香港ドル(350円相当)のクーポンがもらえます。すぐに使えるのでお得です。

まだ入会していない方は紹介できますのでこちらから登録をどうぞ。

 

砂丘も砂の美術館も家族で行きました。日本最大の砂場は楽しい

 

実物が見える工場見学は楽しいですよね。ビール工場見学へ行ってきました。

 

秋のスイーツといえば栗

名古屋駅には超名店の栗きんとんが出店しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事