スポンサーリンク

2018年12月、クラウンプラザマカオに宿泊しました。

 

マカオへの訪問は2回目。

1回目はマカオ観光のために行きました。

今回は香港でのトランジットとして利用しました。

 

香港はホテルが高い。

最低1万円、それなりのところを求めると2万円ほどかかります。

トランジットでどこに泊まろうか悩んでいたところ、2018年10月に香港からマカオへ行く橋「港珠澳大橋」がちょうど開通して便利になりました。

クラウンプラザマカオは港珠澳大橋からとても近い。

それなら、もしかしてトランジットホテルとして使えるんじゃないかと考えました。

 

結論から言うと、トランジットとして利用するにはちょっと遠いです。香港空港を出てから1.5~2時間かかります。

でも、2015年12月にオープンしたクラウンプラザマカオは、マカオの中心地にあるカジノやサウナ付きのホテルと比べて、新しくて安い。これはマカオの世界遺産観光をする拠点として使えますね。

マカオ内の循環バスも近くに走っていて、中心地までは片道たった6MOP。往復でも12MOP、200円足らずとお値打ちですね。これは意外と使えるホテルだと思いました。

 

スポンサーリンク

ホテル概要

ホテル名称

クラウンプラザマカオ

英語表記:Crowne Plaza Macau

中国語表記:澳門皇冠假日酒店

 

2015年12月にソフトオープンした、マカオ初のクラウンプラザブランドのホテルです。

クラウンプラザのサイトはこちら。

Crowne Plaza Hotels

 

最低価格は775HKDから。

1HKD≒1MOP≒14円なので、だいたい1.1万円が最安値ですね。

1500円追加で朝食も食べられます。

税金が15%加算されます。

 

ホテル所在地、行き方

ホテルはマカオの中でも最北端。中国の珠海と近い位置にあります。

地図で見ると、すぐ右側にあるロータリー、ここから香港とつながる港珠澳大橋へ行くことができます。

香港からシャトルバスに乗って港珠澳大橋を渡ってきたら、ホテルへ行く方法はタクシーか路線バスの二択です。

タクシーだと50~60MOP。私は深夜1時過ぎに乗って56MOPでした。

路線バスは行きが101X、帰りは102Xで1区間なので、とても便利です。

(というか、路線バスはその2種類しか走っていません。)

 

詳しくは港珠澳大橋のシャトルバスの記事に詳しく書いていますのでご覧ください。

 

IHGホテルをお得に宿泊する方法

IHGは世界中に5000以上のホテルを展開する世界的なホテルグループです。

IHGは独自のポイントシステム「IHGリワーズクラブ」を運営しています。

こちらのホテルの上級会員になると、無料アップグレードやボーナスポイント、レイトチェックアウトなど、様々なベネフィットを受けることができます。

詳しくはこちらにまとめていますのでご覧ください。

私はIHGのプラチナ会員で、多くの場合はアップグレードしていただけました。

 

スポンサーリンク

ホテル宿泊記(レビュー)

ホテル外観、ロビー

到着した時刻は深夜1時半でしたので、周囲は真っ暗でした。

この写真は翌朝撮影したホテルの外観です。

 

深夜だったので、ロビーには誰もいません。

 

チェックインカウンターにも誰もいませんでした。声をかけると、奥から出てきました。

IHG会員は会員ボーナスとして、ウェルカムポイントかウェルカムドリンクを選べることが多いのですが、このホテルはポイントを選べずドリンクのみでした。

 

翌朝のロビーの様子です。

アジアからの観光客がたくさんいました。やはり多いのは中国系の方ですね。

 

ウェルカムドリンクは翌朝頂きました。

 

ロビーラウンジは吹き抜けとなっていて、開放感抜群です。

 

Superior Room→UPGRADE TWIN(31㎡)

もともと宿泊した部屋はSuperior Roomでした。このホテルで最もお値打ちな部屋です。

それが、UPGRADE TWINという部屋になっていました。

いまいち違いが判りませんが、おそらく高層階にあるとかアップグレード専用の部屋なのでしょう。ちなみに12階です。

 

エレベータを使って12階へ行きます。

 

客室

さっそくお部屋へ。

 

客室全体がわかるように1枚。

ツインベッドが1つになっていて、横幅は240cmくらいありました。縦より横のほうが長いベッドは初めてです。

アップグレードしてベッドが大きくなったということですね。

 

まずは入口にあるミニバーカウンター。

 

下には中が見える冷蔵庫とか食器とか。

 

デスクはコンパクト。ベッドが大きいからなんでしょうね。

ちょっとパソコンをいじるには十分な広さでした。

 

左のベッドサイドには目覚まし時計とか空調のリモコンとか。

ここにあるコンセントはBFタイプ。

 

反対の右側には、水と電話機がありました。

こちらのコンセントはユニバーサルですね。

 

ウェルカムフルーツがありました。

ワインを頂いたのは、記念日とアピールしたから?それともここの標準的なアメニティなのでしょうか。

 

クローゼットはとてもシンプル。広いので何泊でも利用できそうです。

 

バスルームはベッドから直接飛び込めるようになっています。

以前、マカオの別のホテルに泊まった時もこのような仕様になっていたので、マカオの一般的なホテル仕様のような気がします。

 

バスルーム

では、バスルームへ。

このランクの部屋でも、マカオならではのゴージャス感がありますね。

シャワールームが独立しており、湯船につかりたい人にもシャワーで済ませたい人にも対応できる仕様です。

 

洗面台は広すぎず狭すぎずでちょうどいい。

 

アメニティはこちら。

 

左側にはお水とハンドタオル。

 

コンセントはなぜか2種類。

 

朝食

朝はビュッフェを食べました。

クリスマスカラー一色で、ちょっとテンションが上がります。

 

クリスマスツリーもいい感じ。

 

ちなみに、入口近くにはキッズスペースがありました。

規模からして、3歳前後が対象かな。ご飯を食べ終わった子供たちが走り回るんでしょうね。

 

香港へ行く橋が見えるお席にしていただきました。

 

練り物系。

 

ヌードルバー。中華麺と米粉麺を選べます。

 

点心は必須ですよね。

 

腸粉。広州や香港でも提供される広東料理ですね。

 

この辺りはホテル定番のメニュー。

 

サラダが豊富。

 

シリアルの種類が多いですね。

食べてる人はあまり見かけませんでした。

 

クラブラウンジで提供されるおつまみ。

 

ヨーグルトの並べ方が。。。

 

フルーツは盛ってあります。

 

もちろん、カットされたフルーツもあります。

 

パンが豊富ですね。さすがヨーロッパ文化の国です。

 

 

控えめにしようと思っていたのに、見ていたらどれもおいしそうなのでたくさん取ってきました。

 

橋が見える席なので、ちょっといい気分。

 

主食を食べ過ぎたので、デザートは控えめに。

 

スポンサーリンク

まとめ

クラウンプラザマカオはホテル全体的に新しく、とても快適に過ごすことができました。

香港空港のトランジットホテルとして利用するにはちょっと遠いかな。

でも、香港観光で1泊だけマカオに泊まるという旅程ならちょうどいいと思います。

 

マカオ中心部はギラギラした感が強い。

落ち着いたホテルが良い場合は、こちらのホテルがいいですね。

何より香港へのシャトルバス乗り場に近く、交通の便が良いのが一番のメリットです。

 

香港のホリデイインエクスプレス以下の料金で宿泊できるマカオのクラウンプラザ、けっこうおすすめです。

 

関連記事

香港関連の記事をたくさん書いています。

香港旅行へ行かれる方は、ぜひご覧ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事