スポンサーリンク

東海地方の玄関口、セントレア。

セントレアで食事をするのに何を食べますか?

ファストフード?名古屋めし?コンビニのおにぎり?

 

セントレアは周辺に自動車関連企業が多いことからビジネス需要も多い一方で、訪日客も急増していることから空港グルメとして名古屋めしが多く出店しています。

名古屋めしとしては、味噌カツの「矢場とん」、エビフライの「マルハ食堂」、台湾ラーメンの「味仙」が有名ですね。どれも、一度は食べてみてほしい名古屋めしです。

それに対して、超有名なお食事処ではないのですが、私が絶対におすすめするのは「鈴波」。

鈴波の母体は明治初期に創業した大和屋守口漬総本家。

大阪の守口大根の粕漬文化を受け継いだ大和屋の守口漬(粕漬)は最高です。

守口漬の中でも魚介に特化した商品を気軽に頂けるお店、それが鈴波

今回は、セントレアで絶対に食べてほしい名古屋めし、鈴波をご紹介します。

4

スポンサーリンク

セントレアのお食事処「鈴波」

鈴波とは

鈴波は名古屋・栄に本店がある魚介味醂粕漬を専門に扱うお店で、直売店のほかお食事処もあります。

最近は東京ミッドタウン六本木や日比谷にも出店しましたし、三越本店や伊勢丹新宿、大阪の高島屋などにも出店してるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

昔は、名古屋の方が地方へ行くときに手土産として持参していましたので、そこから東京や大阪へ広まったんですね。

 

鈴波は名古屋でも名店の一つ。

名古屋栄の本店や名駅のエスカ店は以前からとても混雑していて、週末の昼は1時間待ちが基本です。

ところが、中部国際空港店は思いのほか空いていて、たいてい5分待ち以内。最も待った時で15分待ちでした。

鈴波が売れていないのではなく、空港という特性によるものだと思います。

搭乗するフライトが決まっているので、長時間並んで食べることができない、混んでいたら次の店に行ってしまうんだと思います。

 

私の最寄空港はセントレア。

よく利用する空港でのお食事処として、鈴波を利用しています。

https://twitter.com/ResortDiver52/status/1101427594111549440

 

国際線なら3時間前、国内線でも1.5時間前に空港へ到着すれば大丈夫でしょう。

 

お食事処「鈴波」店舗情報

鈴波の営業時間は10時から。モーニングタイムの営業はありません。

また21時に閉店なので、深夜便に搭乗予定で鈴波を利用しようとしている方は注意してください。

店舗名 鈴波(中部国際空港店)
場所 セントレア4階 ちょうちん横丁
営業時間 10:00~21:00(LO.20:30)
座席数 30席
クレジットカード 利用可
電子マネー Edy、交通系IC、WAON、QUICPay、iD

詳細はセントレアの店舗情報をご確認ください。

 

スポンサーリンク

鈴波の口コミを紹介~人気はあるの?~

私が以前から言っているイメージでは、客層は30代以上の女性がほとんどでした。

いつも奥様方の行列が並びます。舌の肥えた奥様方がランチに選ぶだけあって何を食べても美味です。様々な粕漬け焼き魚を選べますが小鉢も味噌汁もご飯も全て美味。時間があれば寄りたい店の一つです。鈴波(栄本店)の口コミ~トリップアドバイザー~

 

中部国際空港店を訪問した方も、同じようなイメージを持った方が多いようですね。

栄地下街でも中高年おばさんの圧倒的な支持を得て連日行列のできてるお店、のセントレア店。がたまたま空いてたので入りました。美味しい魚の粕漬けというか西京焼きが食べられます。間違いないですね。鈴波(中部国際空港店)の口コミ~トリップアドバイザー~

 

ちなみに、世界中の口コミが集まるトリップアドバイザーのセントレアエリアのランキングでは、まるは食堂、矢場とんに次ぐ第3位

知名度では他店より劣る(はっきり言ってしまい、申し訳ない、、、)のに、ランキング上位に入るのは、実力がある証拠ですね。

 

一方で、中部国際空港店には、出張のサラリーマンや若い方もけっこういらっしゃいます。

お魚おいしいですよね。

 

 

セントレアのランチと言えば鈴波。私も同じです。

 

セントレアの鈴波は、立地のおかげでほとんど混んでいない。最高です。

そぼろ丼定食もいいですね。

 

スポンサーリンク

鈴波訪問記

私が訪問したのは2018年12月。

ちょうどクリスマスシーズンでした。

鈴波の様子を、クリスマスシーズンのセントレアの雰囲気と合わせてご紹介します。

 

12月と言えばクリスマスシーズン。

セントレアはクリスマスカラー一色でした。

 

ちょうちん横丁周辺もクリスマスカラー一色です。

 

そんな中、いつもと変わらぬ雰囲気の鈴波中部国際空港店をご訪問。

 

平日とはいえ、訪問したのは12時05分、お昼時です。

目の前のお客さんが着席してちょうど満席。順番待ちは私が最初で、待ち時間は3分でした。

名古屋市内の店舗ではありえない混雑具合ですね。

店員さん曰く、「名古屋市内よりは待ち時間少なくご利用いただいています」とのこと。

待ち時間のうちに、店頭のメニューをチェック。

2018年前半は鈴波定食1296円(税込)だったのですが、ちょっと値上げとなっています。

 

すぐに順番となり、カウンター席へ。

中部国際空港店はカウンター席があるので、一人でフラット訪問しても気軽に食べることができます

カウンターにあった、鈴波定食の内容です。

いわゆる、日替わり定食というものでしょうか。

鈴波では、昔からその日のお勧めの魚が鈴波定食になります。

初めての方は、これを選ぶと、確実においしいお魚をお値打ちに頂けます。

 

クリスマス限定メニューもありましたが、ここは初志貫徹!!

手羽先もおいしそうなので、選んでみてもよかったかも。

 

鈴波は店内で焼いています。

「ちょうどすべての魚を新しく焼き始めたところなので、15分ほどかかりますがよろしいですか?」と店員さんから聞かれました。

もともと、15分くらいは待つつもりでしたので、全く問題ないですと答えました。

 

待っている間に、鈴波にご案内を読みました。

 

食後のお口直し、梅粕酢。

これがかなり美味いんです。味を知っているので、早まって先に飲んでしまいそうです。

 

店内の案内を読んでいたら、「お待たせしました」と。

待ち時間は10分ほどだったと思います。

 

せっかくおいしいお魚を頂くんですから、鈴波を利用するときは時間に余裕を持っていきたいですね。

 

今回の魚は白ヒラス。他地域ではヒラマサと呼ばれることも多いですね。

他に鈴波定食で出てくるのは、サワラ、カレイ、カマス、銀ムツ、鮭などでしょうか。

以前は、銀ダラも出てきていたこともあったのですが、別の定食になってしまいました。

 

といっても、白ヒラスも絶品。とてもおいしく頂きましたよ。

店内を出たのは12時40分。入店から30分少々でした。

長くても1時間を見ておけば十分でしょう。

 

お腹も満たされたので、近場の海外へ行ってきます。

 

まとめ

名古屋に本店を構える名店、鈴波。

他の名古屋めしと比べると、ちょっとインパクトが少ないかもしれません。

でも、はっきり言って味はどの名古屋めしに負けることは絶対にありませんので、名古屋めし初心者の方、定番の名古屋めしを食べつくした方、本当に美味いお魚料理をお値打ちに食べたい方は、ぜひ飛行機搭乗前に鈴波を訪問してみてはいかがでしょうか。

 

セントレアの朝食は限定メニューを。こちらをご覧ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事