美ら海水族館が交通費込み最大9割引!?GoToトラベルとのコラボが最強!!
スポンサーリンク

沖縄と言えば、美ら海水族館。

そういっても過言ではないくらい美ら海水族館は沖縄の一大観光名所です。

私は10回くらいかな。もう毎年のように何度も行ってます。

 

とはいえ、美ら海水族館は遠いので交通費がかかります。

それに水族館なので、入館料も他の施設に比べて高めの設定。

入館料と交通費を合わせると1万円じゃ全然足りない。

 

その美ら海水族館が、超絶お得に楽しむことができます。

びっくり価格ですので、金額を見て、驚かないようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

美ら海水族館の料金

美ら海水族館の入館料です。

通常料金(~16時までの入館) 4時からチケット(16時以降の入館)
大人 1,880円 1,310円
高校生 1,250円 870円
小中学生 620円 430円
未就学児(6歳未満) 無料 無料

 

16時以降に入館すればかなり安くなります。

とはいえ、16時に入館して2時間楽しんだ後で那覇のホテルに帰る場合、早くても20時を超えちゃう。

途中で食事をすると21時を超える。

 

子連れだと結構つらい時間帯です。

できれば、日中に入館したいところです。

 

スポンサーリンク

GoToトラベルキャンペーンと沖縄県独自キャンペーンの併用!

沖縄県では、コロナ流行で打撃を受けたバス会社の救済措置として、バスツアーに補助を出しています。

おきなわ彩発見バスツアー

 

沖縄県の助成は、最大4割。

バスツアーで15,000円を超えるプランは少ないので、ほぼ4割引きだと考えたらよいでしょう。

美ら海水族館は移動が大変!

美ら海水族館へのツアーで行くとどうなるのでしょうか。

 

例①:美ら海水族館&名護パイナップルパーク

那覇を出発して美ら海水族館が目的地、絶景の古宇利大橋やナゴパイナップルパークにも立ち寄るプラン

8:50  :県庁駅より徒歩5分 LeaLeaラウンジ発⇒
10:30頃:古宇利大橋・古宇利島着(約20分)⇒
11:20頃:美ら海水族館着(約180分)⇒
    (各自昼食)
14:50頃:御菓子御殿着(約30分)⇒
15:30頃:ナゴパイナップルパーク(約50分)⇒
18:15頃:LeaLeaラウンジ着 解散

 

このツアーに家族4人で参加した場合、ツアー代金は驚異の4,400円(家族4人分)

4,400円の中に美ら海水族館の入館料4人分、5,000円分込みなんですよ!!!

 

さらにさらに!

 

地域共通クーポンが2000円分付いてきます。

 

実質、家族4人で美ら海水族館へ行く場合は2400円で行けちゃいます!

 

ナゴパイナップルパークも5回くらい行ってます。

数年前に新しくなったようです。

 

地域共通クーポンは美ら海水族館の売店や途中で立ち寄るナゴパイナップルパークで利用可能。

リゾートマイラー
パイナップルすきにはたまらない、天国のようなテーマパークでした。

 

紹介したツアーの詳細はこちらをご覧ください。

那覇発美ら海水族館&名護パイナップル―パーク

 

例②:西海岸リゾートホテルに宿泊しても利用可能!

マリオットやインターコンチネンタル万座ビーチ、ルネッサンスリゾートに宿泊するんだよね、利用できないよねと思った方も安心してください。

西海岸リゾートエリア発もあります。

①沖縄県庁 県民広場前 【発 8:00頃】/【着 19:25頃】
②ロワジールホテル那覇 【発 8:10頃】/【着 19:35頃】
③沖縄かりゆしアーバンリゾート那覇 【発 8:20頃】/【着 19:15頃】
④ザ・ビーチタワー沖縄 【発 8:50頃】/【着 18:45頃】
⑤ヒルトン沖縄北谷リゾート 【発 8:55頃】/【着 18:40頃】
⑥ルネッサンスリゾートオキナワ 【発 9:25頃】/【着 18:20頃】
⑦ホテルムーンビーチ 【発 9:35頃】/【着 18:10頃】
⑧リザンシーパークホテル谷茶ベイ【発 9:40頃】/【着 18:05頃】
⑨ANAインターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾート【発 9:50頃】/【着 17:55頃】
⑩オキナワマリオットリゾート&スパ 【発 設定なし】/【着 17:45頃】

 

プラン詳細はこちら。

西海岸リゾートエリア発美ら海水族館&名護パイナップル―パーク

 

このプランだと小学生のいる家族4人で約7,000円程度。

地域共通クーポンが3000円付いてくるので、家族4人で実質4000円くらいでしょうか。

いずれにしても爆安価格です。

 

何といっても、行きも帰りも運転が不要!

バスツアーの一番のメリットですね。

 

私がお勧めするインターコンチネンタル万座ビーチリゾートからも発着します。

子連れにお勧めなホテルです。

 

スポンサーリンク

どの程度安いの?行き方毎に検証!

那覇から美ら海水族館へは大きく分けて2つの行き方があります。

 

車で

家族旅行だとレンタカーを借りることが多いかもしれません。

那覇から美ら海水族館へ行くときは、那覇ICから許田ICまで高速道路に乗ります。

料金は往復2040円。片道約100キロなので、ガソリン代は往復2400円くらい。

レンタカー代を1日5000円と考えると、交通費は1万円程度。

リゾートマイラー
家族4人で往復すると往復で5000円程度。
これ以外にレンタカー代(1日5,000~10,000円)がかかります。

 

 

レンタカーとバスツアーを比較

交通費と入館料の合計をツアーと比較しました。地域共通クーポン込みです。

バスツアー レンタカー
家族4人 2,400円 15,000円
大人2人 500円 13,760円

レンタカー代を1日5000円で計算。

 

大人2人だと、驚異のワンコイン!!

勝ち目があるわけがありませんね。

 

高速バスで

美ら海水族館へは高速バスが出ています。

1日11便ほど。那覇からの直行便が4便(1時間40分)、西海岸リゾートエリア経由が7便(3時間)です。

リゾートマイラー
那覇からの直行便、
行きは4本で、帰りは2本。ちょっと辛いかも。

 

直行便の場合の費用と時間をまとめました。

那覇から美ら海までの直行便数(1日) 4便
所要時間(片道) 1時間40分
費用(片道1人当たり) 大人2,000円
子供1,000円

 

往復だと割引があって3200円。

子供の割引はないので、家族4人で行くと7200円ですね。

 

高速バスとバスツアーを比較

交通費と入館料の合計をツアーと比較しました。地域共通クーポン込みです。

バスツアー 高速バス
家族4人 2,400円 12,200円
大人2人 500円 10,160円

もちろん大人2人だとワンコイン!

いずれもバスツアーの圧勝ですね。

 

美ら海水族館以外も魅力的なツアーが盛りだくさん

お得なプランが多すぎて困るのですが、一部だけご紹介します。

 

ランチ付きホエールウオッチのバスツアー

ホエールウオッチにランチが付いたプランです。

 

家族4人で通常32,000円のところ、8800円に。

これに5000円分の地域共通クーポンがもらえますので、家族4人で実質3,800円

ほぼ9割引ですね。

 

プランの詳細はこちら。

那覇発 ホエールウォッチング&沖縄文化体験バスツアー

 

DMMかりゆし水族館&酒蔵ツアー

通常の入館料が大人2400円となっているかりゆし水族館に、大人1470円、子供885円で入館できるバスツアーです。

家族4人で参加したら支払額は4710円。

地域共通クーポンが2000円貰えるので、家族4人で実質2710円

大人一人分で家族4人が行けてしまいますね!

 

プランの詳細はこちら。

午後発/半日観光 DMMかりゆし水族館へ行く ラドクイック号

 

宮古島も! 宮古島絶景1日バスツアー

宮古島だってバスツアーをやっちゃいます!

宮古5島(宮古島・伊良部島・下地島・池間島・来間島)と3大大橋(伊良部大橋・池間大橋・来間大橋)を1日でまわります

宮古島をめぐるバスツアーは、現時点で唯一!

大人1,887円、子供1250円。

地域共通クーポンが3000円分付いてくるので、家族4人で実質3,300円

 

詳細はこちらをご覧ください。

宮古島絶景1日バスツアー

お得情報まとめ

沖縄県のキャンペーン、「沖縄彩発見バスツアー」とGoToトラベルキャンペーンのコラボでお得になるプランをご紹介しました。

沖縄県独自のキャンペーンは1月31日まで。

GoToトラベルの延長の話がありますが、このコラボ商品は延長するのか不明です。

年末年始に沖縄訪問を予定している方は、検討してみてください。

 

もちろん当然ですが、感染症対策を万全にしてのご参加をお願いします。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事