セントレアから飛行機に乗るとき、私は以下の場合、東横イン中部国際空港店を利用します。

  • 朝早いフライトのとき
  • 5泊以上海外へ行くとき

 

朝早いフライトでは、空港近くに泊まったほうが安心ですよね。

また、東横イン中部国際空港本館はWEBからの宿泊予約に限り、10日分まで駐車料金無料です。東横インのシングル最安値が6000~7000円ですので、セントレア駐車場が1日1500円ですから、5泊6日以上車を止める場合は、東横インに宿泊したほうが安くなります。ホテルから空港まではシャトルバスで5分、徒歩では10分程度です。

今回は、東横イン中部国際空港本館のレビューです。

スポンサーリンク

東横イン中部国際空港本館の概要

東横イン中部国際空港本館は以下の2つに分かれています。

オレンジサイド

グリーンサイド

オレンジサイトは一般向け、グリーンサイドは団体客向けです。基本的にはオレンジサイドを予約したらよいですね。

一方で、グリーンサイドは基本的に空席開放されていませんが、宿泊の2日前に空きがある場合は公式サイトに空席が公開されます。もし早めに予約できなかったときでも、諦めずに直前に空席を検索してみましょう。

 

スポンサーリンク

東横イン中部国際空港本館の訪問記

東横イン中部国際空港本館オレンジサイドの宿泊記です。宿泊したのは2017年2月。到着したのが18時頃で、外が暗くなっています。少し見にくいですが、ご了承ください。

2018年8月にグリーンサイドにも泊まりましたので、追記します。

 

ホテル駐車場、外観、ロビー

まずは駐車場入り口。ここは自走式の立体駐車場です。

f:id:resortmiler:20170103223349j:plain

 

フロントへ行くときは、いったん道路に出ます。看板に「オレンジサイド」と「グレーンサイド」という謎の区切りが。

f:id:resortmiler:20170103223906j:plain

 

駐車場から入り口に入るまでに、東横インオリジナルの?コンビニがありました。

f:id:resortmiler:20170103225555j:plain

 

 

品ぞろえは、宿泊者向けということで、ビールやおつまみが多いです。

f:id:resortmiler:20170103225742j:image

 

アイマスクなど飛行機内での快適グッズは結構置いてあります。これ以外に名古屋っぽいお土産もありました。

f:id:resortmiler:20170103225749j:image

 

2017年4月28日より、このコンビニがセブンイレブンに変わりました。

 

オレンジサイドとグリーンサイドは入り口が分かれていますが、中でつながっています。

グリーンサイドの入り口に「強風のため隣の入り口よりお入りください」と。。。実は同じ建物でした。

f:id:resortmiler:20170103224140j:plain

 

オレンジサイドは個人客向け、グリーンサイドは団体客向け。私が見た限りは、グリーンサイドは中国客とLCCのCAさんがほとんどでした。

グリーンサイドのロビーの至るところに、明日の集合案内が掲げられていました。

 

 

1階のフロント周りを散策。

コインランドリーは完備。オレンジサイドは20時の時点で稼働なしです。さすがに前泊の方は使わないので、名古屋に遊びに来た方用でしょうか。逆に、グリーンサイドは半分ほど動いていました。中国へ帰る方が、洗濯しているのでしょう。

f:id:resortmiler:20170103225057j:plain

 

ホテル内にも自販機があります。アサヒスーパードライ500mL缶で値段を比較してみると、コンビニが292円、自販機が280円。お酒が欲しいだけなら、コンビニへ行く理由はないですね。

f:id:resortmiler:20170103231204j:plain

 

客室の配置は避難経路図がわかりやすいですね。オレンジサイドでは私が泊まったのは5階。ここは禁煙階のようです。右側がオレンジサイド、左側がグリーンサイド。建物としては繋がっています。

f:id:resortmiler:20170103224507j:plain

 

客室の様子

オレンジサイドのダブルベッドルームです。

まぁ、東横インとしては標準でしょうか。禁煙ルームだからなのか、開業して10年近く経つ割には結構きれいです。

f:id:resortmiler:20170103231733j:plain

 

グリーンサイドの客室。同じくダブルベッドなので、全く同じ雰囲気ですね。

 

デスクもそれなりに広くて使いやすいです。

f:id:resortmiler:20170103232007j:plain

 

 

東横インのスリッパは、基本的にリサイクル品、使い捨てではありません。

でも、ここは中国客が多いからでしょうか。使い捨てが準備してありました。

 

水回りがきれい。これはうれしいポイント!

f:id:resortmiler:20170103232538j:plain

 

ロビーでの朝食

東横インならではのロビーでの朝食。

グリーンサイド側には洋食が、オレンジサイド側には和食が準備してありました。

どちらも行き来可能です、

 

東横インにしてはメニューが豊富です。

f:id:resortmiler:20170104065927j:image

 

パンもそれなりに種類豊富です。

f:id:resortmiler:20170104065953j:image

 

シャトルバス

ホテル内がきれいで駐車場が完備されている東横イン、ホテル⇔空港間は送迎バスが出ています。

朝は6時から10時まで15分間隔、午後は20分ごとに往復です。宿泊者だけでなく、駐車場利用者もバス停で待っていれば誰でも乗れますよ。

f:id:resortmiler:20170103225803j:image

 

 

実際に空港まで乗ってみました。目の前で行っちゃって10分待ちかーと思ってたら、1分後に次のバスが到着。私1人を乗せて出発しました!

10分おきのはずですが、時間が決まってるわけではないし、朝は臨時便が結構あるかもしれませんね。

f:id:resortmiler:20170104074917j:image

 

 

スポンサーリンク

まとめ

駐車場が安くて、ホテルの部屋がきれいで、最安値5000円後半から、空港まで徒歩圏内の東横イン中部国際空港本館。

いいことばかりなように見えますが、注意点があります。それは、「いつも空いてなくて、予約が取れない」ことです。オレンジサイドは1月や2月後半比較的空いているものの、1月末から2月前半は全滅です。

オレンジサイド

f:id:resortmiler:20170103234245p:plain

グリーンサイド

f:id:resortmiler:20170103234101p:plain

なぜ、2月前半が混んでるの?それは、2017年は中国が2月7日~13日まで春節だからだと思います。旅行会社が大量に抑えているんでしょうね。実際、宿泊客を眺めていましたが、半分は中国の方でした。台湾は1月27日~2月1日までなので、そのあたりの日程は日本中で宿を抑えるのが厳しそうですね。

グリーンサイド団体客向けですので、空きは表示されませんね。

 

関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事