スポンサーリンク

日本最大級にして、最高峰のイルミネーションが見られるなばなの里。

一般的なテーマパークは春夏秋が混んでいるのに対して、なばなの里が最も混雑するのは冬。

なばなの里の入園料が最も高くなるのも冬。

夏は無料、春秋は600円に対して、冬は1300円(金券1000円分を除く)。

でもなばなの里のイルミネーションは、入園料を払うだけの価値があるんです。

 

最近はあまりに有名になりすぎて、かなり混雑するのが現実。

ハイシーズンは攻略方法を知っておくかどうかで、楽しい記憶で終わるか大変だった記憶になってしまうかが大きく分かれますよ。

本記事では、攻略方法に重きを置いた記事にしていますので、行かれる予定の方は是非読んでください。

 

スポンサーリンク

なばなの里のイルミネーション攻略一覧

nabanaの後のイルミネーションの記憶を楽しかったものにしたい場合、押さえておきたいポイントは5つ。

  • 最も押さえておくべきなのは、駐車場の混雑。
  • 休日は非常に混雑する。ただ、園内の混雑する時間帯はある程度予測可能。
  • チケットは事前購入だとスムーズでお得。
  • レストランも大混雑。しっかりと事前調査を。

 

順に確認していきましょう。

4

スポンサーリンク

最重要!駐車場の混雑対策

なばなの里、来園者はどのように来るのでしょうか。

最も多いのは自家用車で来る方。次いで観光バス。

公共交通機関は路線バスのみ(ホテルナガシマからのシャトルバスはあります)。

 

早く停められる方法はあるの?

マイカーで来る方がターゲットなので、駐車場は5400台と大量に駐車することができます。

でもイルミネーション開催時の週末は、これを大きく上回るマイカーがやってきます

そのため、駐車場は早い段階で満車に。

4時の時点で7割ほどが埋まっていて、どんどん駐車場へ入っていく様子。

満車のタイミングを見たことはありませんが、週末はおそらく5時~6時の間に満車になると思います。

そのため、週末は遅くても5時には駐車場に停めたいですね。

 

夜に行っても停められる?

イルミネーションを見に来る方の滞在時間は、夕食込みで2~3時間。その時間は退園する方が少ないです。

イルミネーションが点灯時刻を見てみましょう。

点灯時刻は日没時刻で決まっています。

日没の早い12月で17時。GWになるになると19時です。

 

17時から2時間滞在すると19時。

17時に満車になったら、19時まで入ることができないと思っておいたほうが良いです。

さらにその2時間のうちに渋滞が伸びるので、、、

週末は20時頃まで入れないと思っておいたほうがよいでしょう。

 

なばなの里へはどのルートを通るとよい?

なばなの里へ行くとき、多くの方が通るのは一般道は国道23号線。

そして、高速道路は伊勢湾岸道の湾岸長島ICですね。

湾岸長島IC→国道23号線→なばなの里ですので、これら行き方をまとめました。

 

湾岸長島ICからの行き方は堤防を走る2ルートと中央を通る1ルート。

どの道も渋滞していますが、中央を通るルートが最も流れが良かったです。

 

おそらく、理由は真ん中の道から入る駐車場が一番広いから。あと、なばなの里へ左折で入るから。

駐車場を出る車が多いので、流れが良いんだと思います。

 

ちなみに、私が2019年に訪問したとき、なばなの里を出たのが19時過ぎ。

そのときは、国道23号の先の湾岸長島ICまで渋滞がつながっていました

堤防に出ないで、素直に県道7号線を通ったほうがよさそうです。

 

リゾートマイラー
湾岸長島から渋滞している場合、500~1000台くらいの車が並んでいると思われます。

 

 

スポンサーリンク

休日は混雑必至!でも対策を取れば十分楽しめます

なばなの里は郊外にあります。

平日もそれなりに混みますが、休日は非常に混雑します。

 

じゃあ混雑していて楽しめないかというと、そんなことはありません。

対策をしっかりと取っていれば、十分に楽しめますよ。

 

実は盲点なのがレストラン。レストランが大混雑なので、1000円分の金券を使うのをあきらめてしまう方も多いです。

週末に訪問したときに確認したところ、夜7時の時点で50組以上の待ちでした。(かつまる)

でも裏技を使えば、そんなに待つことなく入れます。

裏技はレストランの紹介ページ下でご案内。

 

パーク内の混雑状況

混雑は夜7時までがピーク。

8時以降は空いてきますが、営業時間が夜9時までの時があるので注意が必要です。

 

混雑予想はこちら。

基本的に土日は夜10時までの営業の日が多いですが、2月までは土日でも営業時間が夜9時までの日があります。

夜9時までの日は、空いた時間に行くのは難しい。混雑する前に行きましょう。

 

夜10時までの営業のときは、夜8時から行くのもありですね。

外で夕食を食べてからなばなの里へ行きましょう。

 

確認すべきなのは開園時間

混雑予想はありますが、最も重要なのは開園時間。

上で書いたように、開園後2時間が最も混雑し、駐車場を停めることができません。

混雑予想と開園時間を見比べて、訪問しましょう。

 

チケットは事前購入だとスムーズ

ここでは混雑を避ける対策として、チケットの買い方をまとめます。

まずはチケットの料金について。

 

イルミネーション期間はなばなの里の繁盛期

通常、どこのテーマ―パークも冬は閑散期。

値段が下がったりするもんなのですが、なばなの里は逆にイルミネーションの見られる冬が繁盛期。

シーズンと料金をまとめました。小学生以上同額です。

秋の花まつり期間 9/中旬~10/中旬 1,600円(1,000円分 金券付)
イルミネーション期間 10月中旬~5月初旬 2,300円(1,000円分 金券付)
春の花まつり期間 5/上旬~7/初旬 1,600円(1,000円分 金券付)
夏のサービス期間 7/中旬~9/中旬 1,000円(1,000円分 金券付)<実質無料>

 

すべての期間で1000円分の金券が付いてくるので、イルミネーション期間中は実質1300円が入場料。

これをお得に入場するにはどうしたらよいのか。

 

なばなの里の割引クーポンは、残念ですがありません。

ですので方法は2つ。

 

入園口での購入は注意が必要

1つはクレジットカードで購入すること。

なばなの里の入園口で購入することができます。

 

入場口で購入する場合、時間によっては混雑が半端ないので注意が必要です。

11月の土曜日16時過ぎの様子。結構空いていますね。

 

一方、こちらは7時半の様子。

ここにいる方たち、すべて入園券を購入しようと並んでいるんです。

入園口でチケットを買う場合、チケットを購入するだけで30分はかかりますよ。

寒い夜空での待ち時間、できれば避けたいですよね。

 

おすすめは前売り券を購入すること

入園口で並ばなくても済む方法、それはコンビニで前売り券を購入することです。

なばなの里の入園券を購入できるコンビニはセブンイレブン、ファミリーマートの2か所。ローソンでは買えませんので注意してください。

前売り券だからと言って特別な割引はありませんが、購入方法に違いがあります。

セブンイレブン ファミリーマート
現金
クレジットカード
電子マネー nanacoのみ ×
QR決済 ×

 

おすすめはファミリーマートでのQR決済。

例えば、楽天ポイントをためている方なら、楽天ペイが使えます。dポイントならd払い。

自分の貯めているポイントを使えるのがうれしいですね。

近隣のコンビニマップを貼りますので、ご参考に。

なばなの里の入り口にセブンイレブンがありますが、そこで買うのはやめておきましょう

リゾートマイラー
渋滞のど真ん中なので、コンビニから出るのにとても苦労します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事