スポンサーリンク

特典航空券で海外旅行。エアラインのマイルを貯めている人にとって、一つの目標ですね。

ただ、特典航空券を使った海外旅行と言っても、エコノミーで毎月出かける方ビジネスクラスで年に数回行く方家族で1年に1回行く方など、使い方は様々です。

私は、一人だとエコノミー、ビジネスどちらでも行きますね。どちらかというと、たくさん行きたいタイプなのでエコノミーのほうが多いかな。一方、家族だとどうするのがいいのでしょうか。我が家は大人2人、子供3人の5人家族です。この場合はどのようにフライトを取ったらよいのでしょうか。陸マイラーになったときからずっと悩んでいました。最近、特典航空券を発券しようとして、一定の結論に至ったのでまとめました。

情報系が多い本ブログですが、今回は私が海外旅行をするのにどうしようかなと悩んだ心境です。皆さんは修行を終えた後、マイルを貯めた後、どのように活用しようか考えていますか?私は本記事の通りですが、皆さんのご意見もいつか伺ってみたいです。

 

スポンサーリンク

家族で海外旅行ってどんなもの?

 

本題に入る前に。

家族旅行へ行ったとか、家族旅行を計画している、などと話を聞くことがあります。この家族旅行っていったい誰がどのように決めるのでしょうか?パパ?ママ?それとも子供?

我が家は大人2人、子供3人。我が家の過去と現在、未来に当てはめて、誰が行先を決めるのか考えてみました。

 

子供全員が小学生未満(過去)

2年前までの我が家。

幼稚園児でも、自分の意見を持ってる子はけっこういます。特に2番目の我が子の今がそんな感じで、子供の意見を聞いてあげたいのが親というもの。

でも、我が家は基本的に子供の意見を聞きません。幼稚園児はまだ視野が狭く、知っていることばかりをやりたがるからです。私は、大人になったときに視野の広い人になってほしいと思っています。いろんな人種がいる海外旅行へ連れて行くのもその理由です。

批判されることを承知で書きますが、我が家はこんな理由から、小学校へ上がるまでは、子どものやりたいことをやらせるのではなく親のやらせたいことをやらせる方針です。(もちろん、あくまで旅行の話ですよ。)

 

 

子供の1人が小学生、1~2人が小学生未満の場合 (現在)

我が家の現状はここです。

我が家は上の子が小学2年生。何処へ行きたいか、何が見たいかをはっきりと言ってくれるので、できるかぎり行きたいところへ連れて行ってあげたい。でも、下の子はまだ2歳になったばかり。イヤイヤ期真っただ中です。目が離せないのは当然、テーマパークへ行っても乗れない乗り物が多いです。

子供が2人の場合は、上の子をパパが、下の子をママがというように二手に分かれると思います。我が家も2人のときはそうしていました。

でも、3人になると状況が全く違うんです。真ん中をどちらへ連れていくか、いつもその時々で相談です。

大人1人と子供2人の合計3人で乗れる乗り物へ行くときは心配ないんです。困るのは、プールや海。小学生といえでも、完全に目を離すことができないので、私が浮き輪を持った2人を連れて水へ入ります。手が離せないどころか、神経が張ったまま。上の子1人と一緒にいるのと比べて、3倍は疲れます。

こんな事情もあり、我が家では下の子が行けそうなところをまず選びます。そのあとで、上の子の希望を聞くことにしました。

 

 

子供が小学生以上になったら (未来)

 

数年後の我が家です。

子どもたちは小学生になると、意見も記憶もはっきりしてきますよね。子供が全員小学生以上になったら、私は、行先を子どもたちと相談して決めようと思います。今まで親が交代で乗っていたテーマパークの乗り物も、1人で乗れるものが多くなるので、どこでも行けますし。国内ならすべての県に行った事があるので、子どもから行きたいところを言われたら、すぐ一緒にプランを作れるはず。海外は、、、一緒に考えたいですね。

 

スポンサーリンク

家族旅行で飛行機に乗るとき、どの座席にする?

 

やっと本題です。

私が子供の視野を広げる方法の一つと考えている海外旅行。日本から海外旅行へ行くとき、ほぼ確実に飛行機を使いますよね。私の住んでいる東海地方だと、中部国際空港、通称セントレアから飛行機に乗るのが一般的です。

飛行機の座席には、主に一番席数の多い一般的な座席のエコノミークラス広い席で素晴らしいサービスを受けられるビジネスクラスの2つがあります。あ、最高級のファーストクラスやエコノミーの席を広くしたエコノミークラスもありますが、セントレア発着便には設定がありませんので割愛。

私は陸マイラー、陸でマイルを貯めています。2017年の1年間に、ANAの20万マイルとJALの10万マイルを貯めました。例えば、日本から香港へビジネスクラスで往復するときの必要マイルは4万マイル(レギュラーシーズン)。陸マイラーをやっていると、香港なら家族でビジネスクラスに乗れるマイルを貯めることができます。じゃあ、マイルを使ってビジネスクラスに乗るべきなのか?エコノミークラスでよいのか?

これについては、私の中でなかなか答えが決まらず、とても悩みました。

 

子供が2歳、5歳、小学2年生(現在)

 

特典航空券をどのように取るのが親&子供たちにとって、一番良い選択なのでしょうか。

なぜ悩むのか。それは、5人分の特典航空券を確保するのが非常に困難だからです。

5人分のビジネスクラスは当然厳しいのですが、エコノミークラスですら予約が困難です。過去に、ANAマイルでセントレア発の特典航空券が何人予約できるのか、調べたことがあります。

 

この調査の結果、ほぼすべての便がビジネスクラスもエコノミークラスも大人4名しかオンラインで予約できないことがわかったんです。5名以上予約できたのは中国国際航空だけでした。

この調査結果をもとに考えると、家族5名分の特典航空券を取る場合は、エコノミークラスでもビジネスクラスでも、中国国際航空にするしか、一緒の行動をすることが難しいということですよね。こうなると、家族旅行のときのフライトはこのようになります。

  1. 4名分の特典航空券を確保+1名分を有償で購入(ビジネスクラス、エコノミークラスとも)。
  2. ビジネスクラス2名、エコノミークラス3名に分かれる。

 

このうち、1は早々に断念しました。理由は、①直行便で行ける行先への4人分の特典航空券確保が難しいこと、②往復で違うルートにしたいけど、その場合は片道航空券となって有償で買うときにめちゃくちゃ高い、の2つです。特に②が厳しいですね。電話して問い合わせたのですが、ルートによっては子供のエコノミークラスのシンガポール往復有償航空券が30万円近くかかりました。こりゃ無理だ。。。。

2については、批判があるかもしれませんが、理由が2つあります。

 

何とか特典航空券で海外旅行へ行くなら、それしかなかったというのが一つ目の理由。背に腹は代えられないということですね。予算は、できたら旅行先のホテルとかアクティビティに使いたい!

もう一つは、エコノミークラスのほうが子供と距離が近いという理由。最近のビジネスクラスって個室感がとても素晴らしいのですが、私にとって子供と離れてしまう個室は悪です。なぜなら、幼児には手がかかることがいっぱい。

離陸や着陸のときに耳が痛くならないように飴を渡さなくてはいけない

ジュースをこぼしそうになっても助けることができない

ヘッドホンが使いにくいと言われたら、結局立ち上がらなくてはいけない

ご飯を上手に食べられるようにフォローしなくてはいけない

 

こんな手伝いが1フライトに1回ならいいのですが、4時間のフライトでだいたい1人につき5~10回ほど発生します。3人なら20回ほど。ゆっくり座っていられるのがほとんどないフライトもあります。

また、修行のおかげでビジネスクラスに何度か乗ってわかったことなのですが、ビジネスクラスにいったん座ったら、座り心地が立ちたくない、、、!リクライニングができて、長時間座っても疲れにくい仕様になっているからでしょうか。

補足として、近距離インターだと隣同士と近いシートのことも多いのですが、機材変更という不安とも戦わなくてはいけないのも嫌です。

 

ビジネスクラスとエコノミークラスは、基本的にカーテンが仕切られて行き来はできません。私は「家族で分かれて座るのって、家族旅行なの?」という葛藤と闘っていました。でもよく考えたら、機内はすぐにケンカを始める子供たちを静かにさせなきゃいけないんですよね。逆に子供を分けたほうがケンカなく静かじゃないかと、最近考え始めました。この考えにより、エコノミークラスとビジネスクラスに分かれて座るのもありかなと思ったんです。

ちょっと気が楽になったところで、10連休になるかもしれない2019年の特典航空券の予約を本気で考え始めました。特典航空券の詳細はまた別記事で。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

子供が3人という家族、世の中には少数派だと思うので、どこまで皆さんの参考になるのかはわかりません。でも、4人の特典航空券を取れなくて悩んでる人も多いはずと思い、私の悩みをまとめてみました。特典航空券で家族旅行を考えている陸マイラーの皆さん、皆さんのお宅はどのような計画なのでしょうか?少しでも参考になればいいなと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事