キャセイパシフィック航空CX533便(セントレアNGO⇒香港HKG)搭乗記~バシネット初体験~
スポンサーリンク

2017年8月下旬、香港へ旅行しました。

この記事はキャセイパシフィック航空のCX533便(セントレアNGO⇒香港HKG)の搭乗記です。

今回の旅行は幼児を連れた家族5人の旅行だったので、コストを考えてエコノミークラスを利用しました。JGCのプライオリティバシネットを利用できたおかげで、非常に快適なフライトになりました。

スポンサーリンク

CX533搭乗記(チェックイン~搭乗前)

自宅からセントレアに到着。

車を止めてチェックインカウンターへ向かいます。

このとき8時20分。CX533便は10時10分発ですが、1時間50分前にはけっこうな列が並んでいます。私はJGCを持っておりワンワールドサファイアですので、エコノミークラス利用ですが、ビジネスクラスのレーンに並びます。JGC修行をしていてよかったと思う瞬間です。

f:id:resortmiler:20170920224822j:plain

写真だと少しわかりにくいのですが、カウンターは左から、プレミアムエコノミークラスが2つ、ビジネスクラスが2つ、エコノミークラスが2つでした。並んでいたのが、プレミアムエコノミーが4人ほど、ビジネスクラスが2人、エコノミークラスが50人ほどです。CX533便にプレミアムエコノミーの座席はありませんが、どんな方が並んでいるのか、わかりませんでした。

乗客に対してカウンターが多い上級クラスはチェックインが早いのでいいですね。この人数ならフライト時刻に間に合うと思いますが、エコノミーに乗る場合は余裕をもって空港へ行きましょう。

CX533搭乗記

チェックインは5分ほどで終わり、保安検査場へ向かいます。セントレアは上級会員の優先保安検査がありませんので、ここはダイヤモンド会員でも一般会員でも同じ列に並びます。とはいえ、セントレアの保安検査はそんなに混んでいないので、混んでいるときでも20分ほどで通過できます。今回は10分くらいで通過できました。

CX533搭乗記

この後は写真がありませんが、イミグレ(出国審査)です。

セントレアは自動化ゲートが使えます。

法務省:自動化ゲートの運用について(お知らせ)

私は成田空港で登録をしたので、自動化ゲートが使えます。しかし、子供は登録ができない(指紋が登録できないことが多い)ので、素直にイミグレの列に並びます。

セントレアのイミグレは、、、

はっきり言って、空いてます!

だいたい5~10分ほどの待ち時間、長くても20分待てば通過できます。成田や羽田の混雑期と比べると全然違いますね。

イミグレを通過したのが8時40分頃です。9時30分のBoarding timeまで後50分ありますが、子連れだとそこまで余裕はないですね。

ラウンジでご飯を食べる予定なので、急いで向かいます。

ここはKALラウンジとクオリアラウンジ、セントレアグローバルラウンジです。ワンワールドのキャセイは入れませんね。

CX533搭乗記

ここはJALのサクララウンジ。JALはワンワールド加盟なので、キャセイ便に乗るときは、JGCを持っていればサクララウンジが使えます。

セントレアサクララウンジ

サクララウンジの中の様子は別記事にまとめていますので、こちらをご覧ください。

www.resortmiler.com

スポンサーリンク

CX533搭乗記(搭乗~機内の様子)

サクララウンジでご飯を食べた後、CX533の機内へ乗り込みます。

CX533搭乗記

座席はパシネットのある60DEFGです。

座席の位置をわかりやすくするために、キャセイパシフィックから座席表をもらってきました。

バシネットがあるのは、ビジネスクラスの11C11Hと、エコノミークラスの43C43H60D60Gの前にあります。家族4人で搭乗する場合、バシネットを使用したいのであれば、唯一家族が一列に並ぶことができる60DEFGがお勧めですね。

f:id:resortmiler:20170921001544p:plainf:id:resortmiler:20170921001546p:plain

この席のメリットはトイレに近いこと。トイレが近いとうるさい、と深夜便では敬遠する場合もありますが、子連れにとってトイレにすぐに行けるのは大きなメリットです。トイレが4か所もあれば、すぐにどこかが空きますからね。

さて、セントレアを離陸後、ベルト着用サインが消えると同時に、バシネットを準備していただきます。

バシネットを置く台は、写真のように壁に埋め込まれています。壁と座席はけっこう広い空間がありました。女性なら足を目いっぱい伸ばせるくらい、男性でも十分な余裕がありますね。

CX533搭乗記

バシネットを利用したいことは地上係員に伝えてあります。でも、CAさんは忙しいので覚えていないこともあります。

そういうときは、離陸前またはベルト着用サイン消灯後にバシネットを利用したいことをCAさんに伝えましょう。手際よく準備していただけます。

CX533搭乗記

設置後、子供を寝かせてみました。子供は離陸時の振動で、すでに寝てしまいましたので、そっと置きました。

コンパクトなバシネットですよね。寝かせた当時の子供の身長は73cm。キャセイパシフィックへ事前に問い合わせたときは、身長は70cm以下が推奨とのことですが、子供は寝てると膝を曲げてるので思ったより余裕がありました。それでも80cm以下でないとサイズ的に利用するのは厳しいですね。

もし、ANA(85cm)やJAL(73cm)のバシネットを利用した方がいましたら、それより少し小さいと考えていただけたらわかりやすいと思います。

各座席のテーブルはひじ掛けから出てくるタイプで、広げるとちょうどバシネットの手前になります。ひじ掛けにテーブルを収納するため、ひじ掛けは上がらない仕様になっています。そのため、座席をフラットにして寝ることは難しいことを覚えておいてください。

CX533搭乗記

ベルト着用サインが消えてから子供を寝かせるまで10分ほどだったと思います。CAさんが手際よくやっていただけるので、そんなに待った感覚はありません。むしろ、寝ている子供を抱っこしていなくてよいというのは非常に楽ですね。

ここでようやくドリンクサービス。最初にカートが周ってきたときは、バシネットの設置作業をしていたので、後で持ってきていただけました。

CX533搭乗記

ドリンクをいただいた後、食事を持ってきていただけました。事前にオンラインで注文していたチャイルドミールです。メニューはカレーライスにクリームパンとかぼちゃサラダ。思ったより美味しかったです。ケータリングは日本製だからでしょうか。

我が家は、デザートは絶対に最後と決まっています。そのため、わが子はハーゲンダッツが食べたいがために頑張ってカレーライスを食べていました。ラウンジで朝ごはんを食べて2時間しか経っていないのに、よくお腹に入るなぁと感心してます。

CX533搭乗記

大人用の機内食です。私は和食をチョイス。うーん、ちょっと微妙。。。サクララウンジでキーマカレーをいっぱい食べたからでしょうか。茶そばが一番おいしかったです。

CX533搭乗記

食事の後はトイレへ行くついでに、体を動かすため機内をちょっとだけ散歩しました。乗車率は80~90%でした。

CX533搭乗記

食事など一通り終えたら、大切な入国審査用書類の記入です。香港へ入国するのは今年だけで3回なので書きなれていますが、さすがに5枚も書くと大変です。途中で子供をトイレに連れて行ったり、ビデオが終わったから新しいのに切り替えたりと、(書類を書く)邪魔が入るんですよね。みなさん、入国審査書類はできる限り早めに書いておきましょう。

CX533搭乗記

飛行機はほぼ定刻通りに着陸しました。香港のイミグレは、タイミングが悪いと込み合うので、早めにイミグレへ向かいます。今回はあまり混んでなくて、10分もかかりませんでした。

プライオリティタグが付いた手荷物を受け取ります。私たちの荷物はだいたい15番目くらいだったでしょうか、イミグレ通過と同時に荷物を受け取れました。

香港国際空港の非制限エリアに出てきました。人がたくさん待っているこの雰囲気は空港ならではですね。

CX533搭乗記

エアポートエクスプレスはKLOOKがお得

エアポートエクスプレスに乗るなら、KLOOKで予約すると37%OFF。エアポートエクスプレス利用を考えている方は、ぜひ下のページから予約してください。知らないともったいないです。

www.klook.com

KLOOKの登録がまだの方は、以下のページから登録すると25HKドルがもらえますのでどうぞ。

www.klook.com

スポンサーリンク

まとめ

今回の旅行はJGCを取って初の家族旅行で国際線フライトを利用しました。

JGCを取ったことによるメリットは、セントレアに限って言えば、優先チェックインカウンターの利用とサクララウンジの利用、手荷物が早く受け取れることの3つです。優先搭乗は、子供がいるためダイヤ会員より先に搭乗しています。

羽田/成田の優先保安検査が使えるなどと比べると見劣りしますが、子連れにとって有意義なプライオリティを受けられ、JGCを取ってよかったなと思いました。

今回は人生で初めてバシネットを利用しました。バシネットを利用して、「なんて楽なんだ!」というのが一番の感想です。飛行機に乗る前は、狭い機内で4時間抱っこしたまま機内食を食べたり、入国審査書類を書くのは非常に困難になるだろうと覚悟していました。子供が寝てくれたのも大きいですが、バシネットを使えたおかげで、感覚的にですが、機内でのストレスが半分以下になったように思います。

バシネットを利用してまで海外旅行をするな!というコメントを受けることもありますが、旅行をしたい、飛行機に乗るしかない子連れ家族にとって、バシネットは非常にありがたい存在だと思いました。

これだけプライオリティがあったからなのか、バシネットを使えて快適だったからなのか、もともと海外旅行がそこまで好きではない我が家族から、「飛行機に乗るのが楽しかった」というコメントをいただけました。個人的には、飛行機の座席が良かったというだけでなく、搭乗前後のストレスが少なかったからが8割だと感じてます。残りの2割はバシネットによるものですね。

プライオリティはJGC修行によるものですが、修行の情報を集める中でバシネットの存在を知ったり、快適な座席を選べるようになったりと、修行による良い副産物が得られたなと感じたフライトでした。

関連記事

www.resortmiler.com

www.resortmiler.com

www.resortmiler.com

www.resortmiler.com

www.resortmiler.com

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. ぴろーしき より:

    こんにちは
    自分は常に一人旅なんで特典航空券も取り易いですし、ラウンジも興味ないんで修行はコスパに見合わないものと思ってしてないんですが、荷物が早いのは確かにいいですね
    チェックインはウェブチェックインさえしておけばあまり並ばずに済むケースがほとんどなのに(先週末北京に行った際はビジネスのカウンターに案内されました)当日にわざわざ並ぶ人の多さはいつも不思議に思います

  2. resortmiler より:

    ぴろーしきさん
    こんにちは。
    ぴろーしきさんのスタイルなら、確かに修行はコスパが合わないと思います。
    ぴろーしきさんが期待するメリットを漠然とですが考えてみたところ、
    預け荷物の優先受け取りや、トラブルが合った時にプラチナデスクだと
    優先して対応してもらえる、くらいのような気がします。
    ウェブでチェックインをやっておいても、預け荷物があると
    原則はエコノミーの行列に並ぶことになると思ってました。
    ビジネスカウンターで対応してもらえるのはいいですね。

  3. ぴろーしき より:

    最初からビジネスの列ではなく、エコノミーの列の脇に並んでエコノミーの列で優先的にやってもらえるスタイル(中国国際航空のセントレアの場合)みたいですが、ビジネスがちょうど空いたのでまわされた感じでした
    ウェブチェックイン済みの専用レーンもある航空会社も多いのでやるにこしたことはないと思います
    中国東方航空みたいにウェブチェックイン自体ができずにエコノミーの列に並ばざると得ない会社だと優先カウンターが輝いて見えますけど(笑)

  4. resortmiler より:

    ぴろーしきさん
    ウェブチェックイン済みの人の優先レーンがあるなら、便利ですね。
    キャセイにはそのカウンターが見つけられなかったんですけど、
    もしかしたら専用カウンターがあったのかもしれませんね。
    教えていただき、ありがとうございます。

  5. resortmiler より:

    ayaさん
    キャセイ、いいですよねー!
    香港や台湾へ行くときはキャセイ一択です。
    乗り継ぎの時も、香港経由にできないか思わず探しちゃいます笑

コメントを残す

  • 2017年の振り返りと2018年の抱負
  • JGC家族カードは住所が異なっていても発行可能?マイル合算の仕組みを合わせて紹介。
  • JALの座席開放?バグ?実際に搭乗して確認してきた!
  • FOPキャンペーン(初回搭乗5000FOP、国内線FOP2倍)が2018年度も延長決定!
  • 上級席の座席開放!エコノミー運賃でもビジネスやプレエコの座席が選べる!
  • JL759便(成田→ホーチミン)搭乗記~トラブルもインボラも~

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事