スポンサーリンク

グリーンワールド 舞衣中山(洛碁大飯店 舞衣新宿中山館)。

2019年7月の台湾旅行では、このホテルに2泊しました。

台湾旅行の拠点として、とてもお勧めできるホテルでしたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

グリーンワールド舞衣中山のおすすめポイント

グリーンワールド舞衣中山のおすすめな理由。それはこちらの4点です。

私がホテルを選ぶときのチェック項目をすべて満たしていました。

 

4トラベルに口コミがあるのに、トリップアドバイザーにはないのが、日本人の多いグリーンワールド舞衣中山の特徴。

4トラベルの評価では、3.8。三ッ星ホテルの中ではかなり高評価です

4

中山駅から近い

グリーンワールド舞衣中山の最寄り駅はMRT中山駅。

中山駅の2番出口から出て、450mと近いです。

 

徒歩圏内にはパイナップルケーキで有名なホテルオオクラプレステージ台北が近い。

 

オオクラには、道路から直接入れるパイナップルケーキのお店、The Nineがあります。

The Nineのパイナップルケーキは、味もさることながら、お洒落な箱が日本へのお土産として人気。

 

グリーンワールド舞衣中山は日本語が通じる

グリーンワールド舞衣中山は日本人をターゲットにしたホテル。

スタッフ全員が日本語を話せます。語学に自信のない方にとってこれほどありがたいことはないですね。

8割が日本からのお客さん、残りの2割が欧米人とのこと。(フロントの方に伺いました)

(フロントの写真を撮っていいかと尋ねたら、空けてもらえました)

 

フロントには、たくさんの日本語のメッセージカードが貼ってありました。

多くがホテルへの感謝のコメントですね。

 

部屋はけっこう広くて、比較的清潔

ホテルの部屋は、お値段に反してけっこうきれいでした。

建物はあまり新しくないと思いますが、清潔に保たれていました

清潔好きな日本人の心がわかっていますね。

*あくまで、アジアの一般的な基準です。清潔すぎるということではないです。

 

建物は2つあり、私は奥の建物の5階。

1フロアにダブルが3部屋とツインが1部屋です。

こうやって見ると、ツインルームは1.5倍ほどの広さがありそうです。

 

ホテルの部屋については後ほどご紹介します。

 

お値打ちな価格設定

私が宿泊したスタンダードダブル(14m2)は、税込み9000円/泊程度でした。

広いスーペリアダブル(26m2)は10000円/泊、スーペリアツイン(33m2)は11000円/泊。

比較的ホテルが高い台北において、この値段設定はうれしいですね。

 

検索しやすいようにリンクを貼っておきましたので、ご利用ください。

 

リゾートマイラー
私が検索したときはAgodaが最もお値打ちでした。
でも、キャンペーンを考慮したら結果的に安くなったExpediaで予約しました。

 

さて、ここからはホテルレビューです。

 

スポンサーリンク

空港からホテルへ、チェックイン

私が桃園国際空港へ到着したのは19時頃。

桃園国際空港から台北駅へはMRTで。

 

MRT台北から中山駅まではMRT淡水信義線を使いました。

台北駅への行き方は、この記事の後半をご覧ください。

 

台北駅を出て30分後、ホテルに到着。

夜の見た目はこんな感じ。

グリーンワールド舞衣中山なのに、グリーンワールドの表示がありません。

少し不安になってホテル前でうろうろしているとフロントの方が日本語で案内していただけました。

 

ちなみに、昼はこのように見えます。

ぶっちゃけアパートにしかみえないので、ご注意ください。

 

写真の使いまわしで申し訳ないですが、フロントでチェックイン。

 

ロビーは明るい雰囲気です。(昼間に撮った写真です)

 

ロビーには旅行パンプレット&クーポン。

ほとんどが日本語で書かれたパンフレットですので、現地へ行ってからもお得情報がゲットできますね。

 

旅行パンフレットと言えば、定番のるるぶ。

冊子版もよいですが、電子版はスマホで手軽に見ることができるのでお勧めです。

 

るるぶの電子版と言えば、ソフトバンクのブック放題。

月額500円でるるぶが読み放題になるので、頻繁に旅行へ行く方にはお得ですね。

 

スポンサーリンク

宿泊したダブルルーム

宿泊したのはスタンダードダブルの511号室。

このホテルで最も小さい部屋です。

部屋の鍵はセミオート。

カードキーで開錠できます。

ただし施錠は自動ではないので、出かけるときはカードで施錠しましょう。

 

客室

宿泊した部屋がこちら。ベッドは130cm程度だと思います。

 

奥から見た様子。

日本のビジネスホテルと比べて部屋の横幅があるからか、部屋に対してバスルームが横向きでした。

 

クローゼットは部屋にあり、ガラス張り。

初めて見たときはちょっとびっくりしました。

中に忘れ物をする可能性もなくなりますし、ちょっとおしゃれですね。

 

金庫はクローゼットの中にありました。

 

バスルーム

バスルームは思ったよりけっこう広い。

 

洗面台は広くて使いやすい。

 

一人部屋でもバスタオルとフェイスタオルは2枚ずつ。

 

歯ブラシ、シャワーキャップ、櫛、髭剃り。

日本語で書かれていますね。

 

シャワーはハンドノズルです。

シャンプーはちょっと固め。使ってみて軋みも気になったので、持参したものを使用しました。

 

水圧はばっちり。

熱い台湾を歩き回った後でも、快適なシャワーを浴びられます。

 

朝食

グリーンワールド舞衣中山は、基本的に朝食が付いています。

朝食はロビー横にあるエリア。

机が10個ほど置いてあるので、すぐにわかります。

机が10個って少なく感じますが、2日間利用して、完全に満席になることはありませんでしたよ。

 

人が多かったので、雰囲気だけ。

ご飯を中心に、おいしそうなメニューが並んでいます。

写真右側に、フルーツもありました。

 

ドリンクコーナーにはオレンジジュースとコーヒーマシン。

コーヒーは2機並んでいて、利用頻度が高かったです。

 

私が頂いた朝食。

この後、早めの昼食を食べに行く予定だったので、野菜中心の軽い朝食にしました。

 

 

台北駅からグリーンワールドマイ中山への行き方

手荷物の量や人数で行き方を決めましょう。

  • MRT(台北駅→中山駅) →30分
  • 徒歩 →20分
  • タクシー(UBER) 5分

荷物の量と人数、所要時間で選びます。

 

MRT

台北駅から中山駅まで、MRTは1駅で20TWD。

台北駅でMRT空港線からまでの乗りかえが徒歩10分、中山駅からホテルまで改札を出てから10分強。

安いですが、歩く距離が意外と多いのが欠点です。MRTへすぐに乗れても、ホテルまで30分かかります

手ぶらなら余裕ですが、スーツケースを持っていくのはちょっと辛い移動距離ですね。

 

MRT松山新店線かMRT淡水信義線、どちらでも行くことができます。

おすすめはMRT松山新店線ルート。中山駅に着いた後の歩く距離が短いです。

 

徒歩

MRT台北駅からグリーンワールドマイ中山まで、距離は1.2km。

平坦なコースですので、十分歩ける距離です。

小さめなスーツケースで行く方、真夏の昼間じゃなければ、歩いてもいいですね。

私は歩いていませんが、おすすめコースはこちら。

台北駅から中山駅までは地下でつながっていますが、遠回りになるので地上を歩いたほうがよさそうです。

 

Uber

Uberは、スマホでタクシーを配車できるシステムです。

台湾でUberを利用した場合、早朝の時間帯でUberXが96TWD。昼間だと75TWD程度。

スマホで目的地を設定し、スマホで配車、支払いは登録したクレジットカードという流れです。

目的地を中国語で言う必要もなく、少額の支払いも不要。便利ですね。

Uberを未登録の方は、こちらから登録していただくと1回分(2000円まで)が無料となるクーポンがもらえるのでご利用ください。

 

Uberは名古屋でも利用可能

とても便利でしたよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

グリーンワールド舞衣中山まとめ

台北中山にあるグリーンワールド舞衣中山。

3つ星なのに部屋がきれいで朝食が無料。

台北の中山駅至近にあって10000円以下で宿泊できるホテルとしては、とてもコスパが良いホテルだと感じました。

朝食も毎日メニューが変わるので、出張で1週間滞在でも大丈夫ですね。

 

台北からは、九份、十份、基隆夜市へ。

便利なチャーターで効率よく観光しました。

小さい子供がいる家族連れにもおすすめです。

 

スタッフさんはほとんど全員日本語が話せるのもうれしいポイント。

週末の台北旅行にも大活躍のホテルだと思います。

興味がある方は是非どうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事