福井県立恐竜博物館をレビュー!ドラえもん「のび太と新恐竜」も
スポンサーリンク

我が家が毎年のように訪問している福井県立恐竜博物館。

めちゃくちゃ楽しいので、訪問記をご紹介します。

行ったことのない方、ぜひ一度訪れてみてください。

番外編として、お昼ご飯におすすめなお蕎麦屋さんも紹介します。

リゾートマイラー
福井は永平寺そば、勝山そば。
美味しいおそばがたくさんありますよ。

 

スポンサーリンク

恐竜博物館レビュー

我が家が訪問した恐竜博物館と化石発掘体験をご紹介します。

2018年11月と2020年1月に行ったものを混ぜているので、子供の大きさが前後するかもしれませんが、ご容赦ください。

 

主要道路から、恐竜博物館へ向かいます。

ここまでの道のりにも、いろんなところに恐竜がいてワクワクします。

 

恐竜博物館に到着。

正面は迫力のある建物です。

 

入り口には、恐竜博士がお出迎え。

この恐竜博士は公園内にたくさんいるので、探してみるのも面白いですよ。

リゾートマイラー
このときは一番下の子のパーカーを被るのがブームになっていたようです笑

 

11月の家庭の日に訪問しました。

家庭の日に訪問すると、キャラクターもお出迎えしてくれます。

 

家庭の日なので無料です。

 

無料開放日、券売機は動いていません。

 

ペッパー君に案内されて、博物館内に入ります。

 

入り口は4階にあります。

まずは長いエスカレータで1階まで一気に降りていく。

 

降りたすぐには、ダイノストリートと呼ばれる化石標本が飾られた通路。

その先に、動く恐竜「ティラノサウルス」がいます。

ここは敢えてこのブログに載せません。

訪問したときのお楽しみにしてください。

 

ちなみに、このティラノサウルスは郡上ラボで作られたもの。

郡上ラボは恐竜の模型を専門に扱う岐阜県の会社です。

日本にある恐竜のほとんどがここで作られたんですよ。

紹介VTRがありましたのでご覧ください。

 

郡上ラボがプロデュースしたディノワールドが名古屋にもあります。

 www.dinoadventure.jp 
ディノアドベンチャー名古屋|名古屋市緑区大高緑地内の恐竜探検
http://www.dinoadventure.jp/index.html
名古屋市緑区大高緑地内の恐竜探検ディノアドベンチャー名古屋。ご来園には便利な公共交通機関をご利用下さい。

リゾートマイラー
名古屋でも恐竜に会えちゃう!

 

さて、話は恐竜博物館に戻ります。

マンモスの化石は圧巻!

 

恐竜の中でも大型な竜脚類、ブラキオサウルスは、遠くからじゃないと全体を撮れない!

化石と並んでみると、恐竜たちがいかに大きかったのかわかりますね。

 

これ、なーに?

 

トリケラトプスの前で、「はい、チーズ!」

 

恐竜の化石以外に、植物の化石とか地層の解説とか。

解説を読みながら進んでいくと楽しいです。

今回は子供たちがあまり興味を示さなかったので、素通りしてしまいました。

 

スポンサーリンク

恐竜アニメ鑑賞

恐竜博物館では、毎日恐竜アニメを上映しています。

私が訪問した1月2日は特別上映として、ドラえもんの映画がやっていました。

 

なぜドラえもんの映画をやっているかって?

それはドラえもんと恐竜博物館がコラボした映画が2020年3月6日に始まるから。

その上映開始を記念して、過去にコラボした作品を見ることができました。

 

1月2日と正月にもかかわらず、映画館はかなり混雑。

恐竜博物館の人気がうかがえますね。

 

3歳の下の子には100分以上の映画が長すぎたようですが、小学生にはちょうど良かったです。

 

スポンサーリンク

化石発掘体験

恐竜博物館の見学を終えて、次は化石発掘体験をしました。

化石発掘体験は例年3月~11月。冬期は閉鎖しています。

雪の多い福井・勝山ですので当然ですね。

 

2020年は3月20日スタート。

予約は3月1日からですので、公式サイトで予約してから行きましょう。

 

恐竜博物館のすぐ近くにある「どきどき恐竜発掘ランド」は、恐竜博物館から少し歩きます。

案内板に従って進みましょう。

 

ここでトラップ。。。。

子供たちは滑り台を滑りたい!といって15分は足止めされるので、早めに発掘の受付へ行くようにしましょう。

 

チャマゴンランドで受付を行いました。

土日の昼は予約で埋まっていることがほとんどですので、予約必須です。

 

受付を済ませたら、どきどき恐竜発掘ランドへ向かいます。

 

恐竜発掘現場です。

 

30万人もの方が化石発掘体験してるんですね。

国内初の哺乳類骨格化石が見つかるなんて夢があります。

 

エリアは3つにわかれていて、我が家はB会場。1会場30人ずつだと思います。

 

まずは注意事項の説明を受けます。

叩いて割りやすい石とか、どんな化石が見つかるとか。

 

本日の化石採掘場です。

見る限りは、石ころが敷き詰められているとしか見えません。

 

手袋は持参しましょう。

ハンマーとゴーグルは貸していただけます。

 

自分たちで発掘した化石、うれしいですね。

 

実際に発掘した化石。真ん中の黒いところですけどわかるでしょうか。

シダ植物らしいです。

 

(番外編)昼ご飯は八助へ

昼ご飯は恐竜博物館を抜け出して、我が家定番の八助へ行きます。

10年前から通っているんですが、最近テレビで紹介されてから、行列が長い!

12時に並び始めて、何とか13時くらいに食べられるイメージでしょうか。

 

メニューはそばのみ。

子ども椅子はありません。

 

メニューはおろしそばと山かけそばの2種類。

子どもは大根おろしをかけずに食べるといいかも。

 

おろしそば、大盛りはありません。

このそばは本当にうまい!そばの風味が口いっぱいに広がります。

人生で一番おいしかったそばといっても過言ではないですね。

 

恐竜博物館まとめ

何度訪れても楽しい恐竜博物館。

行ったことのない方は、ぜひ行ってみてください。

福井は名古屋や大阪からは車か特急で福井駅へ。東京からだと飛行機で小松空港へ。

我が家はまだ行ったことのない野外恐竜博物館へ行きたいので、今年ももう一度行こうと考えています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事