6/19より完全再開したレゴランド。感染予防対策の中どこまで楽しめる?
スポンサーリンク

6月20日、レゴランドに行ってきました。

コロナの流行が拡大してから初めての入園です。

入園して中の様子はどうだったのか、ご紹介します。

 

結論として、これなら楽しめるかなと感じました。

  • コロナ流行前と同じ状況ではない(日本中が同じ状況)
  • 感染症対策は可能な範囲でしっかりとできていた
  • 少なくとも夏は暑さ対策が今まで以上に必要

 

100%の感染予防を求めるなら行かないほうがいいです。

自宅を出ないことが100%の対策ですから。

あくまで、新しい生活withコロナとしての目線でお願いします。

 

スポンサーリンク

レゴランドは5月23日より段階的に営業再開

レゴランド自体は感染症対策ができたとして、レゴランドは対象者を限定して再開しています。

  • 5月23日(土)~愛知県民対象
  • 6月1日(月)~愛知、岐阜、三重県民対象
  • 6月19日(土)~対象者制限なし

 

1都6県を除く緊急事態宣言を解除されたすぐは愛知県民限定でした。

 


6月19日より日本在住なら誰でも行けるようになったレゴランド。

  • 感染症対策はばっちりなのか。
  • 混雑状況はどうなのか。
  • 行って楽しめるのか。

 

スポンサーリンク

入園時の様子

オープンは11時。

混雑状況により早く開くことがあり、この日は10時40分に開園したそうです。

リゾートマイラー
私は10時50分に駐車場を停めて歩きました。

 

 

行かれた方ならわかると思いますが、歩道橋を渡ってすぐから行列ができていました。

 

行列はゲートまでつながっています。

 

行列ができているので、ゲート前の通路はガラガラです。

自分だけが移る写真も撮れますね。

 

なぜ行列が長くなっているかというと、アルコール消毒を全員に行うからです。

消毒のための列でコントロールしているので、入園ゲートは全然混んでいませんでした。

といいつつも、チケットブースはそれなりに列ができていました。

コロナ流行前と比べると半分以下ですが、営業時間が短いので事前にチケットを購入しておいたほうが良いと思います。

 

チケットは東海4県の方は公式サイトで買うのが便利。

最安値はこちらの記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

園内の様子

休止情報

アトラクションはコロナ感染対策により一部が運休しています。

最新情報は引用元をご覧ください。

Observation Tower(オブザベーション・タワー)
LEGO® NINJAGO® Live(レゴ®ニンジャゴー・ライブ)
Build and Test(ビルド・アンド・テスト)
Submarine Adventure(サブマリン・アドベンチャー)
Pharaoh's Revenge(ファラオ・リベンジ)
Build a Boat(ビルド・ア・ボート)
Splash Battle(スプラッシュ・バトル)

 

子供たちが大好きなファラオ・リベンジも使えなくなっていました。

密になりやすいから仕方ないですね。

 

それ以外の施設も一部休止。

レストラン
コーラルリーフ・ピッツァ・アンド・パスタ・ビュッフェ
ナイト・テーブル・レストラン
リゾート全体
ミニフィギュアトレード
お客さまとのハイタッチ
スタッフによる写真撮影
キャラクターとの写真撮影は、フォトセッション形式のみ

 

キャラクターとの写真撮影は入園口付近で実施。キャスト自身で撮る形式で実施していました。

リゾートマイラー
撮りたかったけど、人数を絞っているようで間に合わず><

 

園内の感染症対策

園内の感染症対策は基本的に飛散防止とソーシャルディスタンス。

国の方針に従って対策が取られています。

入園口付近には立て看板があり、体温測定、アルコール消毒が実施されています。

 

列を作るところにはソーシャルディスタンスが取れるように、マークが付けられています。皆さんほとんどの方が守っていました。

 

劇場型のアトラクション「PALACE CINEMA」は感覚を開けて座るようになっていました。

リゾートマイラー
退場のときに混雑するため、少しずつ退場するようにキャストがコントロールしていました。

また、ショーの中で水がかかる演出はありませんでした。

 

飛散防止として、売店には防止フィルムが設置されています。

 

どのアトラクションも、利用する前にアルコール消毒が徹底されています。

 

人がいないところには、無人のアルコールが設置。

 

レゴランドの売りの一つ「列に並びながらレゴ遊びができる」のは、残念ながらすべて休止となっていました。

残念ですが、これだけは対策の取りようがないので仕方がないですね。

 

ここまで見て、十分な感染症対策が施されていることは理解いただいたと思います。

 

アトラクションの様子

気になるのがアトラクションの待ち時間。

一概には言えませんが、ざっくりとした感触では、「今までと変わらない待ち時間」でした。

これは入園者が大幅に減ったことと、感染症対策(アルコールや休止施設)を実施したこととでプラスマイナスゼロになったんだと思います。

 

普段から行列のできるレゴポテトを売るお店は一日中結構空いています。

(普段は最大20組30分待ち→今日は最大5組10分待ち)

 

私は2回購入しました。2回とも待ち時間はゼロでした。

偶然にも当たりが出ました!混雑していないので、引き換えもスムーズでした。

 

工場ツアーの列は普段と同じ長さでしたが、長くても30分待ち。私は20分ほどで入れました。

これは、ソーシャルディスタンスを考えた行列なので、通常の人出よりも3倍の長さになります。

 

そのため、割と早く入れたイメージです。

工場見学は、みんなでムービーを見るのは混雑回避のため中止。すぐに向上エリアへ進みます。

記念に貰えるブロックは、いつもは手渡しでしたが、今回は「置いてあるのでお一つずつどうぞ」というスタイルでした。

 

人気のドライビングスクールは開園30分の時点で行列はゼロ。

ただ、人が入れ替わるごとに部屋やカートを消毒するので、1回あたりの待機時間が長くなっています。

下は私が出たとき(開園45分後)では、けっこう並んでいました。

リゾートマイラー
カートに乗りたい方は、朝一に行くことをお勧めします。

 

大好きなPALACE CINEMAは1日4階の公演。

レゴシティは1日2回ですが、ニンジャゴーやムービーは1日1回のみ。

リゾートマイラー
見たい公演がある場合は、狙っていくようにしましょう。

 

イベントは延長

5月6日で終了予定だった春のイベント「ピースマイルゴー」は延長しています。

 

正確には、延長というよりも5月23日から再開ですね。

 www.legoland.jp
ピースマイルゴー
https://www.legoland.jp/plan-your-visit/spring_2020/spring_2020_piecesmilego/

 

我が子も楽しんでやりました。

割と時間制限が厳しいので、大人も積極的に参加しましょう。

リゾートマイラー
難しいパズルは、大人だけでもクリアできないかも!?

 

全部終わったら、抽選。

ここの感染症対策は??

 

すべてのブースの前にアルコール消毒があります。

抽選へ参加する前後にアルコール消毒すれば、完全ではありませんが対策にはなると思います。

 

園内商品20%オフ(年間パスポートをお持ちの方)

これはちょっとうれしいサービス。

年パスをお持ちの方は、園内の物販すべてが20%オフ。

20%OFFスペシャルオファー
年間パスポートをお持ちの方全員、店内商品が20%OFFで購入可能(※一部対象外の商品がございます)

販売期間:5/22(木)~※なくなり次第終了
販売店舗:パーク内物販店舗

 

これに加えて、レゴ商品を含む1000円以上のお買い物で、記念の特別仕様レゴをプレゼント。

我が家はピースマイルゴー500円×3つとキーホルダー700円×1つを購入。

2000円を超えたので、特別仕様レゴを2つ貰いました。

リゾートマイラー
これは地味にうれしいサービス!

 

レゴランドまとめ

コロナ後に再開したレゴランドの様子をまとめました。

イメージとしては、入園者は1/2以下に。1/4の施設が休止。回転率が平均1.2倍(体感)。

園内全体はいつもよりも空いています

一方で、人気が集中する一部のアトラクションは普段よりも待ち時間が長くなる傾向です。

 

コロナ感染症対策以外に気になるのは夏の暑さ

ソーシャルディスタンスを守るため、休止している多くが室内アトラクションです。

また、人との間隔をあけるため、行列が長くなり、日向にいる時間が長くなるものもあるかもしれません。

加えてマスク着用。

熱中症対策としては少し不安が残るところ。

今後の追加対策、対策変更が期待されるところですが、魔法瓶で冷やした水を持参するなどご自身の熱中症対策を考えておきましょう。(特に初めて行く方)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事