2017年8月。家族で4泊5日の香港旅行へ行きました。

 

香港ディズニーランドへは1.5日ほどの滞在です。

とても日差しが強くて暑かったのですが、気温は日本より低くて日陰はそれほどでもなかったです。

なにより、東京ディズニーランドよりも空いている!

夏休みの東京ディズニーランドで2時間待つくらいなら、香港ディズニーランドで20分待ちのほうが断然楽です。

規模小さいとよく批判されてますが、2日間いても十分に楽しめた香港ディズニーランド。

キャラクターとの写真も5~10分待ちと撮り放題なので、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

香港ディズニーランドのチケット購入

ディズニーランドのパスポートは事前購入がお得です。公式サイトかKLOOKで購入しましょう。

以下の記事にまとめています。1dayチケットが1500円/人もお得になるので、利用しないと絶対に損ですね。

スポンサーリンク

データSIMの確保

香港ディズニーランド内はwifiが飛んでいるので、wifiだけでもなんとかなると思います。

ただ、けっこう電波の悪いところがありました。

SIMフリーのスマホをお持ちの方は、ツーリストSIMを日本で購入しておくと便利です。

iPhoneをお持ちの方は600円ほどで買える中国移動(China Mobile)香港のSIMが安くて香港内通話が80分間無料です。

友人間で電話ができるので便利ですね。

 

中国移動香港は周波数が特殊なので、ドコモのandroidをお使いの方は使えないかもしれません。

不安な方は1500円ほどしますが中国聯通(China Unicom)香港のSIMを使用しましょう。

 

amazonを利用していない方は、香港空港のセブンイレブンでも購入可能です。

この記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ホテルから香港ディズニーランドはタクシーで

宿泊したのはLニナコンベンションセンター。日本国籍を持っている方であれば、最安値1万円くらいで宿泊できます。シャワールームのみですが、ディズニーランドにも空港にも近くて便利でした。

 

香港ディズニーランドへはこんなルートで走ります。約16km、20~25分ほど。4回往復しました。

結果は、お値段は150ドルから180ドルの間です。

青島大橋の通行料30ドルが加算された価格です。香港島よりも近いので、片道あたり100ドルほど安いですね。

香港島に宿泊した方は、電車で行くのも選択肢だと思います。

ディズニーランドに到着

香港ディズニーランドに到着しました。

f:id:resortmiler:20171128225213j:plain

 

1日目は13時頃に行ったので、ゲートはガラガラだ!と思っていたのですが、意外と人がいます。

日本と違って、午後から来る人も多いようです。

f:id:resortmiler:20171128225256j:plain

TODAYとベビーカーの確保

まずは日本語のインフォメーションガイドとベビーカーをゲットしました。

 

TODAYの入手

場所はエントランスを入ってすぐ前にある鉄道駅を過ぎてすぐ左側にある建物「シティホール」です。

 

f:id:resortmiler:20171129232721p:plain

 

ここで日本語のインフォメーションガイド「GUIDEMAP」を手に入れましょう。

ここで注意。日本語版のTODAYだけでなく、英語版か中国語版を必ず入手するのがお勧めです

 

GUIDEMAPに日本語が書いてありますが、ランド内はすべて中国語と英語の表記です。

日本語の翻訳とは異なる案内も多いので、両方持っていたほうが比較できて便利です。

1日目は日本語しかもっていなかったので、翻訳の違いに苦労しました。

 

ベビーカーのレンタル

 

シティホールの左に、ベビーカーのレンタルがあります。

ちなみに、ベビーカーと言っても通じません。世界共通用語はストローラー(stroller)です。

 

レンタル料金は100香港ドル。

2018年4月現在、レンタル料金は120香港ドルでした。

レンタル料金以外にデポジットとして100香港ドルが必要です。デポジットは返却時に戻ってきます。

最初に220香港ドルを払って、100香港ドルが戻ってくるということです。

公式HPも修正されていました。

料金は1日HK$120となっています。 レンタル時に保証金としてHK$100をいただきますが、返却時にご返金致します。 レンタルしたベビーカーは、同日の閉園時間までにレンタルチケットとともにご返却ください。

 

レンタル時にもらえる写真の紙がないと、デポジットは戻ってきません

また、混雑するベビーカー置き場は、ベビーカー受け取り時に提示しないと、ベビーカーを返してくれません。絶対になくさないようにしましょう。

f:id:resortmiler:20171129233607j:plain

詳しく知りたい方のために、注意書きをアップします。

重要なところは、利用できる子供は1歳以上で体重5~60ポンド(2.3~27.2kg)利用できるエリアはパーク内のみ(ランドホテルもだめ)ということですね。抱っこ紐に抱かれた子供は何歳なのか、しつこく聞かれました。

(なぜか1歳以下はダメだと言われました・・・)

f:id:resortmiler:20171203054220j:plain

 

香港ディズニーランドにあるベビーカーは写真のようなものです。

日本にあるような機能的なものではなく、子どもを座らせるためだけのものです。確かに0歳児は使えませんね。

しかも灼熱の地面と至近距離。熱中症になりかねないので、日なたの長時間利用は控えるべきです。

私も日陰中心に行動し、日なたでは抱っこしていました。

f:id:resortmiler:20171203105251j:plain

 

香港ディズニーランド散策

 

さて、ベビーカーが入手できたので、中へと向かいます。

最初にあるのは東京ディズニーランドでいうと、ワールドバザール。

この日は快晴!屋根がないので開放感がありますね。でも、夏は暑いです。。。

f:id:resortmiler:20171203055351j:plain

 

シンデレラ城、ではなく、美女と野獣の城です。

知らなかったら、なんでこんなに小さいお城なんだ!と思ってしまいますね。

このお城、私は割と好きですよ。

 

f:id:resortmiler:20171203055538j:plain

最初にチビたちが乗りたいといったのはダンボ。でも、灼熱の昼間の香港でダンボは無理なので、何とか説得。

f:id:resortmiler:20171203055802j:plain

 

大好きなお馬さんに変更。

すぐに機嫌が治ってホッとする親たち。

f:id:resortmiler:20171203060835j:plain

 

イッツアスモールワールド。

チビたちは日本でも大好きなので、大喜び。

香港ディズニーランドは日本と比べて混んでるという前情報でしたが、この日は5~15分待ちでした。

f:id:resortmiler:20171203055827j:plain

 

雰囲気は日本と同じ。でも、内容はけっこう異なるので、違いを感じながら楽しめます。

f:id:resortmiler:20171203062648j:plain

 

マリーちゃんもいますね。

f:id:resortmiler:20171203062807j:plain

 

フィルハーマジック。

待合室は外なので、列ができるとつらいですが、そこまで混んでいませんのですぐに中に入れました。

日本と同じなので、無理していくことはないと思います。

でも、涼しいし私も子どもたちも大好きなのでもちろん行きます。お客さんのノリは香港のほうがよかったですね。

f:id:resortmiler:20171203060118j:plain

 

暑いのでアイスクリームを買いました。

使った3in1ミールクーポンには日本語で「ロリポップ」と書いてあります。

でも、ランド内にはロリポップなんてどこにも書いてありません。

仕方がないので、いろいろと聞いて回りました。

このときに英語や現地語と日本語翻訳との違いに苦労しました。

 

f:id:resortmiler:20171203060954j:plain

もちろん、ティーカップにも乗りますよー!

f:id:resortmiler:20171203061224j:plain

香港ディズニーランド一番のショー、ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック(Mickey and the Wondrous Book)。

これ、誰が何と言おうと最高です!

f:id:resortmiler:20171203062057j:plain

 

うまく撮れた写真がこれだけしかなくて残念!

25分とディズニーの中では比較的長めのショーなんですが、終了時にまだ終わってほしくないと思ったアトラクション(ショー)は初めてかも。

このショーが見たいから香港ディズニーランドへ行くという人がいても、わかる気がします。

 

f:id:resortmiler:20171203062058j:plain

ディズニーランドへは2日間行きましたが、お土産は1日目に買ってしまおうと思い、土産物やさんへ。

チビに「これ買って~」と70cm以上のジェラトーニをねだられました。

 

f:id:resortmiler:20171203063259j:plain

 

とはいえ、いとこたちに買って行かないわけにはいかず、、、

我が家の分も合わせ、小さいジェラトーニとステラルーを計4体お買い上げ。

5000円×4体=20000円の出費はなかなか痛い!

f:id:resortmiler:20171203063208j:plain

 

前編まとめ

 

写真で紹介した以外にも、ジャングルクルーズなど、いくつか周りました。

日差しが強いので、暑いのは事実です。

ただ、空いているのも事実なので、連続して日なたにいるのはだいたい5分ほど、長くても10分以内ですね。

日差しさえ遮られれば、思ったより熱くなかったです。

日本でも気温&湿度が高いことで有名なところに住んでいるからかもしれませんね。

 

とはいえ、日程に余裕があるのであれば、6~9月は避けたほうが無難でしょう。

後編は食事や夜のパレードを中心に書きたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事