2017年12月、シンガポール旅行でチリクラブを食べました。

訪問したのは、シンガポールで3店舗を構える名店「RED HOUSE」です。

最も有名なジャンボと比べると、辛さは控えめで激辛が苦手な方でも食べやすいと感じました。

日本からのツアーに組み込まれるのもわかりますね。

今回私が訪問したのは、RED HOUSEのプリンセプ(Prinsep)店です。

VELTRAで予約でき、ドリンクサービスで50ドルはお得だと思いました。ここへの行き方からコース全容まで、すべて公開していきます。

どのチリクラブのお店に行こうか迷っている方、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

シンガポールのチリクラブ

 

シンガポールの名物料理と言えば、チキンライスと並んで有名なチリクラブ。

JTBの紹介記事でも、チリクラブは堂々の一位となっています。

www.jtb.co.jp

シンガポールのチリクラブと言えば、もっとも有名なのはジャンボですね。

私は2017年3月に訪問しました。とても美味しかったです。

 

今回のシンガポール旅行では、ジャンボを再訪するか迷ったのですが、せっかくなので違う店のチリクラブも食べてみたいと思い、Red Houseを選びました。

スポンサーリンク

Red Houseとは

 

Red House概要

Red Houseは、1976年に設立されたシンガポールで最も古いシーフード店の一つです。

Red House Seafood Restaurant

Red Houseの名物料理はチリクラブやブラックペッパークラブですが、それ以外にもシーフードメニューとしてエビや魚介類が並んでいます。公式HPにはたくさんのメニューが並んでいますね。

https://www.redhouseseafood.com/wp-content/uploads/2017/08/Red-House-Seafood-Ala-Carte-Menu.pdf

 

店舗の紹介

Red Houseはシンガポール市内に全3店舗あります。

Prinsep Street店

私が訪問した店舗です。インターコンチネンタルシンガポールから1kmほど、歩いて15分でした。ツアーで来る方が多いのか、日本人客がけっこういました。

営業時間

Daily
11:30am to 2:30pm ( last order 2pm )
5:30pm to 10.30pm ( last order 9.45pm )

個室は6つあります。

Robertson Quay店

駅からは遠いですが、2017年に営業開始したインターコンチネンタルシンガポールロバートソンキーから100m、とても近いです。

営業時間

Mon – Fri
3pm – 10.30pm ( last order 9.45pm )

Sat, Sun & PH
1130am – 10.30pm ( last order 9.45pm )

平日の昼は営業していないので注意してください。

個室は2つあります。

Clarke Quay店

MRTのClarke Quay駅からは川を挟んで向かいにあります。

営業時間

Daily
11:30am to 2:30pm ( last order 2pm )
5:30pm to 10:30pm ( last order 9.45pm )

個室は3つあります。

 

Red Houseの安心でお得な予約方法

チリクラブを食べるときに、最も注意すべきこと。それは「クラブ(蟹)は時価」ということです。英語ができれば、サイズを間違えることなく注文できるのですが、語学に自信のない方は事前にコースとして定額になっていると安心ですよね。

Veltraには、事前に席とコースの予約ができるパックがあります。

 

コースメニューはこちら。

・むきエビのクリスピーシリアル仕立て
・グルーパーの切り身のソテー わさびマヨ添え
・季節野菜の炒め物
・チリクラブ(目安:2人で1匹/1匹=約600グラム)
・揚げパン
・海鮮炒飯
・マンゴーとポメロの冷製デザート

私はこのパックを予約しました。店内が混んでいると並ぶことになりますし、席に着いてすぐにチリクラブを食べたかったんです。

即時予約ではありませんが、翌日には予約完了のメールが届くので安心ですね。

語学に心配のある方、メニューはチリクラブと決めている方にお勧めです。もちろん、追加注文可能です。

なお、プリンセリップ店には日本語の話せる店員さんが2名ほどいらっしゃいました。

子連れで行ったところ、幼児用のハイチェアを準備していただいて、非常に助かりました

 

以前のキャンペーン

過去にはこんなキャンペーンもやっていました。

特にプリンセリップ店はドリンクが1杯サービスなのでお勧めです

ビールもOKなので、とても助かりました。

「プリンセップ店」限定!ドリンク1杯を無料プレゼント (2018/03/31受付終了)

1セットメニューにつき1杯の、ビールまたはノンアルコールドリンクを無料でご提供します!

対象期間:2018年3月31日まで
※プリンセップ店のみが対象です。

対象期間、私のときは2017年12月までだったので、随時延長されているようです。

 

スポンサーリンク

Red House訪問記

ここからは、実際の訪問記です。

私が予約したのは18時。日の沈むのが遅いシンガポールはまだまだ明るいですね。

f:id:resortmiler:20180117224222j:plain

予約した名前を告げると、店内に案内されます。日本人とわかると、日本語の分かる店員さんが対応してくれて、とても楽ちんでした。

店内はクリスマスカラーです。

f:id:resortmiler:20180117231746j:plain

5名で訪問したので、比較的広いテーブルに通されます。といっても、5人中3人は子供なので、固まって座りました。

ドリンクを注文して子供たちを座らせている間に、ドリンクと最初のメニューが出てきました。大人2人なので、頂けるドリンクは2本なのですが、ちょっとお願いして、ソフトドリンクを子供たちに半分ずつ2つにしてもらいました。こういった交渉にも対応していただけて、かなり好印象!

f:id:resortmiler:20180117224428j:plain

むきエビのクリスピーシリアル仕立て

これ、けっこう甘いのですが、私は大好きです。

f:id:resortmiler:20180117225425j:plain

季節野菜の炒め物

今回はブロッコリーでした。まぁ日本でもよくあるブロッコリーなので普通ですね。

というか、シンガポールで季節があるのか、ちょっと疑問です。

f:id:resortmiler:20180117225428j:plain

グルーパーの切り身のソテー わさびマヨ添え

いわゆる白身魚のわさびマヨ和えです。あっさりとしていておいしかったです。わさびだったので、子供にはちょっと食べられない味でした。

f:id:resortmiler:20180117225426j:plain

チリクラブ

来ました、本命のチリクラブ!

ちょっと小ぶりで身が少なかったですが、とても美味しかったです。

チリソースはジャンボと違いますね。辛さを控えて、ちょっと甘味があります。辛いのが苦手な方は、Red houseがお勧めだと思いました。

f:id:resortmiler:20180117230104j:plain

揚げパンと海鮮炒飯

この後、揚げパンと海鮮炒飯が出てきたのですが、揚げパンは一人1個、海鮮炒飯は小さいお椀という量だったので、物足りずに揚げパンと海鮮炒飯を追加注文

手前にあるお椀が最初に出てきた海鮮炒飯です。真ん中にあるのは追加分の海鮮炒飯。量は10倍くらいありました。海鮮炒飯のSサイズが20ドルだったので、高いなと思ったのですが、この量なら納得です。というか、Sサイズならもう少し少なめでしょ。。。

ちなみに、この炒飯にチリクラブのソースをかけて食べると絶品!ぜひお試しください。

f:id:resortmiler:20180117230523j:plain

Ee Fu Noodles(伊府面)

子供用の辛くないメニューが少なかったので、追加で注文したのがEe Fu Noodlesです。

辛くないものを聞いたらこれだということでした。いわゆる焼きそばですね。Sサイズで16ドル。けっこうな量でした。

余裕がなく、写真が撮れなかったので、公式HPよりお借りしました。

f:id:resortmiler:20180117231350p:plain

マンゴーとポメロの冷製デザート

マンゴー好きにはたまらないデザートです。辛いチリクラブを食べた後のお口直しに最適ですね。

f:id:resortmiler:20180117230850j:plain

まとめ

初めて訪問したRed House。Jumboとの味の違いがあるので好みは分かれると思いますが、私はとても美味しかったです。

JumboとRed House。比べると違いが分かりやすかったです。

・料金はJumbo(JCBパック)が70ドルRed House(Veltra)は50ドル

・サービスは大きな違いなし。

・チリクラブはJumboのほうがちょっと大きめで辛い。でも、時価なので今回食べたクラブが高かったのかもしれない。

・揚げパンは、Jumbo(JCBパック)が1人2個Red House(Veltra)は1人1個

・海鮮炒飯は、Jumbo(JCBパック)のほうがRed Houseより5倍くらい多い

・Jumbo(JCBパック)はJCBで支払うことが予約の条件ですが、Red House(Veltra)はどのクレジットカードでも問題ありません。

つまり、辛いのが苦手でちょっと楽しみたい方はRed House、辛いのが好きでがっつり食べたい方はJumboですね。

まだ、支払い条件が緩いのもVeltraの強みですね。

今回は食べませんでしたが、辛いのが大好きな方には、ブラックペッパークラブがお勧めのようです。次回行くことがあれば、試してみたいですね。

関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事