あなたは本当にアルコールの性質を理解していますか?
スポンサーリンク

最近のコロナウイルス流行により話題になっているエタノール。

エタノールはアルコールの一つ。メタノールもアルコールの一つ。

アルコールと言っても身近にあるものだけで様々なものがあります。

皆さんはアルコールについて正しく理解していますか?特にメタノール。

 

最近のコロナウイルス流行により、メタノールに対する間違った知識が流行しているのが気になっています。

例えば、「メタノールは目が散るアルコールだから買ってはだめ」「メタノールは危険、使ってはダメ」というニュースを散見するんですよ。

そもそもメタノールは薬事法上毒物に当たるため、一般の方が購入することができません。(こういうことを書くと、劇物になるのはメタノール99.8%以上だとかコメントが出ますが、ここでは割愛)

そして、消毒用アルコールにもメタノールは入っていることが多い。

 

私は医者でも薬剤師でもありません。

ですので、「メタノールや燃料用アルコールで消毒はできますか?」という処方に関する質問にお答えすることはできません。

 

一方で、私は化学を学び、創薬開発にも関わったことがあります。

アルコールの化学的な性質は、医師や薬剤師よりも詳しい自信があります。

(多くの化学者はそう思っているはずです)

 

今回は、化学の目線からアルコールについて簡潔にまとめます。

医療用として使用する場合は、必ず医師や薬剤師の指示に従ってください

 

スポンサーリンク

みんなが聞いたことのある2つのアルコール

身近なアルコールってどんなものがありますか?

例えば、メタノール、エタノール、IPA(イソプロピルアルコール)などは聞いたことがあるでしょうか。

ほぼすべての化粧品によく入っているグリセリンもアルコールの一つ

一般名称を見ただけではどれがアルコールなのか絶対にわかりません。

 

ここでアルコールを並べても意味がないので、一般的にアルコールと呼ばれるエタノールとメタノール

工業的に安全性を判断する安全データシート(SDS)より、情報をまとめました。

メタノール エタノール
形状 無色透明 無色透明
沸点 64℃ 78℃
経口毒性 区分4
LD50(ラット) 6200mg/kg
人は1400mg/kgで半数が死亡
区分外
LD50(ラット) 15010mg/kg
経皮毒性 区分外
LD50(ウサギ)15800mg/kg
区分外
LDLo(ウサギ) 20000 mg/kg
参照文書 林純薬SDS 健栄製薬株式会社SDS

LD50(ラット) 6200mg/kg・・・50%のラットが死んでしまう量が6200mg/kg。

 

スポンサーリンク

メタノールとエタノールの違い

メタノールはエタノールと何が違うのか。簡単に解説するとこんな感じ。

  • メタノールとエタノールは見た目では違いが判らない。
  • メタノールはエタノールより揮発しやすい。
  • メタノールは経口毒性(口から飲み込んだときの毒性)について有害性情報あり(区分4)。メタノールは体重の0.6%を飲んでもラットは半数以上死ななかったが、人は0.14%で半数が死亡する。エタノールを体重の1.5%を飲んでも、ラットは死なない。
  • メタノールもエタノールも経皮毒性(手に触ったときの毒性)について明確な有害性情報なし。メタノールは体重の15.8%を触れると半数が死亡する(ラット)。エタノールは体重の20%に触れると死亡する個体がいた(ウサギ)。

 

世間一般で言われる、「メタノールは毒性が強い」「メタノールは猛毒」というのは、あくまで経口毒性

皮膚に触ったからと知って、死んでしまうようなことはありません。

じゃあメタノールを使ってもよいかいう人がいるかもしれません。

 

それはちょっと待って!!

 

メタノールには重要な性質があります。

それは揮発性が高いこと。

経口毒性が高いこと。

 

例えば、屋内で使う場合

メタノールは揮発しやすい。

揮発したメタノールは室内にとどまります。

つまり、揮発したメタノールを口から吸ってしまう恐れあり。使っていいとは誰も言えませんね。

リゾートマイラー
メタノールのガスは空気より重いので、室内に滞留しやすいのも危険要因の一つ。

 

逆に屋外で使う場合

揮発したメタノールはすぐに拡散されるので、蒸気を吸う可能性はかなり低い。

ただし、殺菌する前に揮発してしまうため、殺菌効果は期待できないでしょう。

 

スポンサーリンク

一般的なアルコールの種類について

一般的に出回っているアルコール。

無水エタノール、消毒用エタノール、燃料用アルコールがあります。

 

通称 無水エタノール 消毒用アルコール 燃料用アルコール
別名 エタノール 消毒用エタノール
主成分 エタノール(99.5%以上) エタノール(60~80%) メタノール(60%以上)
副成分 メタノール、IPA エタノール、IPA

 

はっきり言って、商品名だけで判断するのは難しい。

薬剤師に相談するか、裏側の成分表示でエタノールが主成分(70~80%程度)となっているものを選びましょう。

 

私が愛用している消毒用エタノールIP。

手の消毒の他、水回りの殺菌などにも使っています。

リゾートマイラー
何年も前から、1本以上常備しています。

 

消毒用アルコール(消毒用エタノール)は、殺菌を目的にしたもの。

ですので、製造メーカーが殺菌に最適な濃度バランスに調整しています。

いずれも飲用不可。

特に消毒用アルコール(消毒用エタノール)はメタノールが入っています。

 

一方で、燃料用アルコールは、燃やすことを目的にしたもの。

アルコールを燃やすには、ある程度揮発しやすいほうがよく燃えるため、メタノールの比率が大きい。

揮発し過ぎたら殺菌の効果は出ませんね。

メタノールは中学校の理科の実験でも使われています。最近は減っているようですね。

アルコールランプが理科の授業から消える?!

 

メタノールの殺菌効果は?

実はメタノールの殺菌効果は認められています。

エタノールに、メタノールやIPAを添加したものを変性アルコールと呼ぶのですが、変性アルコールは、エタノールよりも殺菌効果があると報告されています。

エタノール, イソプロパノール, メタノール変性アルコール製剤に関する殺菌効力の検討

(メタノール単体での殺菌効果ではありません。)

 

今販売されている消毒用アルコールは、メタノールが数%入っています

例えば、消アルA。エタノール、メタノール、IPAの混合物です。

適切な濃度であれば、殺菌効果が高いということ。

 

じゃあ、なぜメタノールを殺菌として流通していないのか。

それは、殺菌効果よりも有害性のほうが大切だからでしょう。

メタノールは揮発性が高い

殺菌効果が出る前に揮発してしまいます。さらに有害性がある。

リゾートマイラー
自分の身を削ってまで殺菌する必要はないですね。

 

燃料用アルコールはメタノールが30~50%入っています。

殺菌効果を示す前に揮発して有害性のほうが強いです。

 

ちなみに、無水アルコールも沸点が低くて揮発しやすい

掃除などに活用しますが、無水アルコールだけでは十分な殺菌効果が得られない可能性があります。

 

アルコールの性質まとめ

エタノールとメタノール。

2つのアルコールの違いをまとめました。

メタノールとエタノールの違い
  • メタノールはエタノールに比べて揮発しやすい。
  • メタノールはエタノールに比べて有害性がある。
  • メタノールもエタノールも殺菌効果自体はある。
  • 純度が高い無水エタノールは揮発に注意する
  • メタノール比率が高い燃料用アルコールは揮発性が高すぎて、殺菌効果が期待できない

 

メタノールは有害性物質。これは間違いありません

一方で、エタノールも完全に安全かと言われるとそんなことはありません。

私は体調が悪いときにエタノール消毒を行うと、赤く腫れます。

つまりエタノールアレルギーなんでしょうね。

エタノールもメタノールも、用法を正しく使えば医療として効果のあります

 

一般の方が正しく使えるように製薬メーカーが製造し、薬剤師が販売しています。

医療用としてアルコールを購入するとき。

分からないことがありましたら、勝手な判断をせず、必ず薬剤師の指示に従いましょう

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事