リゾートマイラーのSFC修行

元ダイバーが陸マイラー活動、修行日記、旅行記を綴っていきます

魅惑のベトジェットエア搭乗記~チェックインから空港内の様子、機内販売まで~

ベトジェットエアってご存知でしょうか。

2014年に機内でビキニショーをやったことから、「ビキニ航空」と認知している方もいるかもしれません。 

 

2017年10月、ベトジェットエアに搭乗する機会がありましたので、今回はその搭乗記です。

 

 

 

ベトジェットエアって、どんな航空会社?

 

ベトジェットエアベトナム最大のLCCで、副会長兼社長を務めるグエン・ティ・フオン・タオ女史は世界長者番付に名を連ねています。

ベトジェット社長が世界女性長者番付に初登場、越人で唯一 [経済] - VIETJOベトナムニュース

 

現在、ベトナムの国内線のシェアは、1位は旧国営のベトナム航空の42%ですが、2位はベトジェットエアの41%(2016年)。ベトジェットの成長が著しいことから、2017年にはシェアが逆転するでしょう。

 

また、ベトジェットエアは2017年7月にJALとの包括的業務提携を発表しています。いずれ、ベトジェットのJALコードシェア便が飛ぶようになるのでしょうか。

www.resortmiler.com

 

 

ダナン国際空港到着

 

ベトジェットエアベトナムダナン国際空港からホーチミン国際空港まで搭乗しました。

 

出発はダナン国際空港から。

空港に到着したのは9時40分。国内線とはいえLCCなので、1時間半前に空港へやってきました。

 

f:id:resortmiler:20171024225806j:plain

 

 

ダナン国際空港の出発ロビー。大きくはありませんが、天井が高くて開放的な空間です。

 

f:id:resortmiler:20171024232145j:plain

 

 

ベトジェットのカウンターへやってきました。

思ったより並んでいませんでした。前に並んでいたのは4人、10分ほどでカウンターにて手続き開始です。

ちなみに、ベトジェットエアハノイホーチミン、ダナンの3空港に自動チェックイン機があります(国内線のみ)。

 

f:id:resortmiler:20171024225908j:plain

 

 

今回は預け荷物なしで頼んでいたため、手荷物が7kg以内なのか、重量チェックがあります。

私の手持ち荷物は機内持ち込み用のキャリーバックと小さなショルダーバックです。

 

両方とも荷物を計るのではないかとドキドキしていました。ところが、重量計に載せたのはキャリーバックのみでした。ベトジェットは手荷物の重量に厳しいと聞いていたので、ほっと一安心です。え、ショルダーバックに重いカメラとかスマホのバッテリーとか財布とか、合計3kgが入っていたんですよ。*1

 

 

手渡された搭乗券はレシートのような感熱紙でした。日本でもLCCはこういった紙のようですが、読み取りエラーとならないか、ちょっと不安になります。

 

f:id:resortmiler:20171024231900j:plain

 

さて、次は保安検査。国内線の利用なので、イミグレはありません。

保安検査場は10分ほどで通過、思ったより空いています。とはいえ、列ができてもよいようにロープが準備されておりますので、混雑するのを前提としたほうがよさそうです。

 

f:id:resortmiler:20171024231124j:plain

 

 

ダナン国際空港の制限エリア内散策

 

制限エリアに入りました。中にはけっこうお店があります。

ミニマートにはいろいろと売っていそうです。

 

f:id:resortmiler:20171024232326j:plain

 

 

ベトナム人はコーヒーが好きなんでしょうね。コーヒーショップが4店ほど入っていました。

 

f:id:resortmiler:20171024232340j:plain

f:id:resortmiler:20171024232341j:plain

 

 

喉が渇いたので、生絞りジュースを買いました。

 

f:id:resortmiler:20171024232824j:plain

 

 

55000ドン(270円)と、ベトナムにしては高めだったのですが、カウンターにあるフルーツをカットするところから作っていただけました。

 

f:id:resortmiler:20171024232624j:plain

 

 

うーん、うまい!!

 

f:id:resortmiler:20171024232806j:plain

 

 

引き続き、制限エリア内を散策します。

 

ダナン国際空港にはベトナム航空のラウンジがあります。

写真を撮っていませんが、中には軽食がありました。ベトナム航空はスカイチームですので、デルタのアメックスゴールドやエールフランスのフライングブルーを持っていれば、上級会員としてラウンジの利用が可能です。

 

f:id:resortmiler:20171024232933j:plain

 

 

ベトナム航空ラウンジの隣には、インターコンチネンタルのラウンジがありました。中の様子は見えませんでしたが、入り口はかなりゴージャスな感じです。

 

f:id:resortmiler:20171024233236j:plain

 

 

ベトジェットエアVJ637便へ搭乗

 

11時になってVJ637便へ搭乗開始。LCCはよく遅れると聞いていましたが、定刻通りでした。

この写真には写っていませんが、すでに100人以上が並んでいてびっくり!最初に入って写真を撮るのは諦め、列が消えてから搭乗します。

 

f:id:resortmiler:20171024233425j:plain

 

 

手前は本日搭乗するVJ637便です。奥にもベトジェットがいますね。

その奥は、ベトジェットに似ていますが、海南航空でした。

 

f:id:resortmiler:20171024233653j:plain

 

 

隣にはベトナム航空が駐機しています。

 

f:id:resortmiler:20171024233815j:plain

 

 

ボーディングブリッジから。

 

f:id:resortmiler:20171024235110j:plain

 

 

反対側には、機長さんが見えます。

 

f:id:resortmiler:20171024235126j:plain

 

 

さて、機内に乗り込みます。

 

f:id:resortmiler:20171024234928j:plain

 

 

前のほうにはちょっと高いシートの席がありますね。シートは良さげですが、横幅は普通席と同じようです。

このシート、飛行中は普通席とカーテンで分けられます。まるでビジネスクラス

 

f:id:resortmiler:20171024234345j:plain

 

 

 

ベトジェットエアと言えば、カジュアルなかわいい制服がウリのエアラインですよね。

 

f:id:resortmiler:20171024234017j:plain

 

 

今回はパネルのようなCAさんが何名くらいいるのかな、と思って搭乗しました。

 

 

 

 

 

さて、結果は、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

前にはCAの体格の良い若いお兄さんがいっぱい!!!

これは想定外でした。

 

 

f:id:resortmiler:20171024234053j:plain

 

 

チーン、、、と思ってしばらく様子を見てると、

 

 

 

 

 

一名だけ、女性のCAさんがいらっしゃいました!!!20代半ばでしょうか、けっこう若い気がします。

 

f:id:resortmiler:20171025001359j:plain

 

 

CAさんの人数を数えてみると、6名のCA中、5名が男性、1名が女性でした。LCCなので、荷物入れも小さくて力作業なので、必然的に男性が多くなるんでしょうね。どのCAさんも若い方が多かったです。

 

男性CAの比率が高いことも驚きましたが、A321という機体でも6名のCAさんが搭乗してるんですね。

 

 

ベトジェットエアの機内誌のすべて

 

気を取り直して、機内誌を拝見します。

 

LCC機内食も有料ですが、ベトジェットは機内食や機内販売がお値打ちで、かつ充実しています。

 

今回はそのすべてを公開します。

 

表紙から。

 

f:id:resortmiler:20171024235014j:plain

 

 

最初は子供用のリュックがお出迎え。

日本円で850円ほどですので、けっこうお値打ちですね。

機内食は事前予約で20%オフとの宣伝です。

上が国内線、下が国際線の料金です。国内線のほうがなぜかお得なんですね。

 

f:id:resortmiler:20171024235800j:plain

 

 

続いて、キッズグッズ。子どもの制服、かわいくないですか?

女の子だと、ポロシャツもスカートも各600円、防止が300円、合計1500円でかわいい制服一式がそろってしまいます。

 

f:id:resortmiler:20171024235807j:plain

 

 

続いて、飛行機のクラフトモデル。

ANAJALだと8000円くらいするものが、ベトジェットだと3500円で販売しています。

 

f:id:resortmiler:20171024235810j:plain

 

 

機内では、2名ほどが購入していました。帽子の方の持っている赤い箱が商品です。

 

f:id:resortmiler:20171025000409j:plain

 

 

続いて菰野類。キーホルダーが150円。エアライングッズがここまで安いのは珍しいですよね。

 

f:id:resortmiler:20171024235812j:plain

 

 

スポーツバッグが1300円、帽子が330円。ほとんど原価なのではと疑ってしまいます。帽子をいつ使うのか、悩みますけど。

 

f:id:resortmiler:20171024235815j:plain

 

 

続いて、フードメニューです。

ドリンクはそこまで安くないですが、ほぼ定価ですので、機内販売としては格安なのではないでしょうか。

 

f:id:resortmiler:20171024235817j:plain

 

 

お菓子も定価。ただ、日本のトッポがベトナムの機内販売で100円で買えることは驚きです。ビールも150円!

 

f:id:resortmiler:20171024235821j:plain

 

 

それでは、ここからが機内食

いろんなメニューがありますが、すべて270円という格安ぶり。

 

f:id:resortmiler:20171025001107j:plain

 

f:id:resortmiler:20171025001109j:plain

 

 

ベトナムエースコックのカップラーメンは180円です。お湯を入れて持ってきてくれるだけでもうれしいですね。

 

f:id:resortmiler:20171025001108j:plain

 

 

 

機内誌のすべて、いかがだったでしょうか。

この値段なら、買ってもいいなと思いますね。

 

 

ということで、私も買ってしまいました。

 

本当は機内食を購入するつもりだったのですが、ホテルでお腹いっぱい食べてしまったので、ブログのためだけに購入するのは自粛。

 

 

購入したのはこちらのグッズです。かわいい赤い袋付き!

 

f:id:resortmiler:20171025001841j:plain

 

くまのぬいぐるみが400円、キーホルダーが150円、合計550円相当です。国際線はドルが使えるようですが、国内線の機内販売は現金(ドン)のみです。

 

 

ベトジェットのグッズが安く買えて、喜んでいるうちに、シートベルト着用サインが点灯し、目的地のホーチミン国際空港に到着しました。1時間10分はあっという間ですね。

 

今回のフライトは1時間10分のフライトで、水平飛行は50分程度。

離陸して前半の30分はドリンクやフードの販売、後半の20分はグッズの販売でした。

 

 

 

 

まとめ

 

初めて乗ったベトジェットエア

海外LCCの国内線ということでかなり身構えていましたが、何のことはない、いたって普通の国内線でした。

むしろ、たった1時間のフライトですし、過度なサービスがないLCCのほうが好きかもと思ってしまいました。

 

ベトジェットエアは、2018年2月にハノイ/関空便を就航する発表をしています。ベトナムへはANAJALベトナム航空だけでなく、「ベトジェットエア」という選択肢が生まれて、ベトナムが近くなりますね。

www.travelvision.jp

 

もしベトナムへ行かれる方、ベトジェットエアに乗る機会がある方は、ぜひ参考にしてください。

*1:あくまで実体験であり、ショルダーなら計量されないという意味ではありませんのでご注意ください。