リゾートマイラーのSFC修行

元ダイバーが陸マイラー活動、修行日記、旅行記を綴っていきます

香港旅行で使うSIMはここで買え!香港SIMの購入方法

今や海外旅行へ行くときにとても便利なスマホ

海外でスマホを使用するとき、どのSIMを準備すればよいのか悩みますよね。

2017年8月下旬に、香港旅行で現地SIMを使ってきましたので、香港でのおすすめなSIMとその購入方法をご紹介します。

 

 

 

 

海外旅行ではツーリストSIM(プリペイドSIM)を使うのが一般的

 

日本人にはあまりなじみのないツーリストSIM。日本ではドコモなどと契約金を払って長期的な利用をするのが通常ですが、海外の、特に旅行者向けには契約金なく数日~数か月のみの契約を行うツーリストSIMが多く出回っています。

 

ツーリストSIMは通常のSIMと同様に、大きく分けて①音声通話/データ通信両方ができるSIMと、②データ通信専用のSIMがあります。

スマホを利用するときは地図を見たりSNSをするだけ、という方には②で十分だと思います。LINE電話であれば、データ通信だけで会話ができますからね。

しかし、万が一何かのトラブルでホテルに電話したり、保証会社へ電話したいとき、音声通話ができるのも便利です。

これらはどこで購入するのがいいのでしょうか。

 

①音声通話/データ通信両方ができるSIM

音声通話をするSIMは、一番最初に香港に到着する香港国際空港で購入するのが一番便利です。

香港国際空港で購入できる場所はいくつかあります。

 

・通信会社の店舗

中国移動通信は店舗を出していました。ここでは購入していませんが、80ドルからのSIMしか店頭に並べられていませんでした。

 

f:id:resortmiler:20170828050038j:plain

 

 

・1010やS&Vなどのスマホを販売しているショップ

1010はけっこう前からツーリストSIMを販売する場所として有名です。

SOUND&VISIONでもSIMを売っていました。店内をチラ見しただけですが、2日間のデータSIMなら38ドル、日本円にして550円ほどで買えます。超短期の旅行には便利ですね。

 

f:id:resortmiler:20170828050334j:plain

 

 

・Travelexなどの両替所

写真には載せていませんが、Travelexなどの両替所は空港の至る所にあります。両替ついでにツーリストSIMがあるかどうかを聞けば、出してくれます。私は購入しませんでしたが、購入している方もいらっしゃいました。

 

 

セブンイレブン

私はここでツーリストSIMを買いました。香港は暑いので飲み物が欲しくなります。飲み物を買うついでにツーリストSIMを買えるので、とても便利ですね。

 

f:id:resortmiler:20170827171519j:plain

 

 

このSIMの特徴はこんな感じ。

 

〇5日間で1.5Gが使えて68ドル。日本円にして約1000円。

〇香港内なら、18ドル分の通話料が付いている。1分0.25ドルなので、72分は通話料無料。

iPhoneのSIM交換に必要なピンが付属している。

 

たまにピンを持参し忘れることがあるので、SIMに付属しているのは便利です。

 

 

2017年1月に香港に来た時もセブンイレブンでこのSIMを購入しました。パッケージも値段も変わっていませんね。店舗の場所はこの記事に詳しく書いてあるのでご参照ください。

 

www.resortmiler.com

 

 

②データ通信専用のSIM

 

電話はしない、という方におすすめのツーリストSIMはamazonで買うことができる下のSIMです。私も購入して使ってみました。

 

 

このSIMの特徴はこんな感じ。

〇データ通信のみで、電話回線を使った電話はできない。

〇7日間使用可能。1日1Gを超えると速度制限がかかる。翌日には速度制限は解除される。

〇690円で旅行前に日本で購入可能。

 

香港では電話しない、と決めている方には非常におすすめのSIMだと思います。

LINE電話はつながるので、友人間で連絡を取り合うだけなら通常の電話はいらないかもしれませんね。

 

 

ツーリストSIMの設定方法

 

ツーリストSIMは機種によって設定が必要な場合があります。

実際に私は「iPhone6S Plus」と「Xperia Z compact」で設定を試してきました。

 

iOSの場合

中国移動通信の音声通話可能なSIMをiOSのiPhone6S Plusで使用する場合、SIMを差し込んだだけで使用することが可能でした。iPhone6S以降の新しい機種は自動で設定されるんですね。この記事に書いてある通りです。

 

www.resortmiler.com

 

Androidの場合

中国移動通信のデータ専用のSIMをAndroidである「Xperia X compact」に差し込んでも、そのまま開通はしませんでした。

試しに以下のAPN設定を行ったところ、開通することができました。amazonで購入したデータ通信専用SIMには日本語で説明が書いてあります。

 

APN設定

APN:CMHK

ユーザー名:なし(未設定)

パスワード:なし(未設定)

 

ようは、赤字のAPNのところだけ入力すればOKですね。その設定をしたところ、無事にデータ通信ができました。

 

まとめ

 

音声通話がしたい方は、香港空港のセブンイレブンで購入するのがお勧めです。

データ専用で十分な方は、amazonで購入するのがお勧めです。

香港はビルが多くて、データ通信が切れることがあります。データ専用SIMでLINE電話をする場合は、そのことを頭に入れておくと心配しなくて済みます。

 当然ではありますが、SIMロックが解除されたスマホをご準備くださいね。