リゾートマイラーのSFC修行

元ダイバーが陸マイラー活動、修行日記、旅行記を綴っていきます

SFC修行の解脱フライトは最高の1日でした

2017年1月より開始したSFC修行。

とうとう解脱フライトの日がやってきました。

 

 このフライトでは、敢えてCAさんが同じになる便を選んで搭乗しました。なぜかって?それは、解脱フライトが国際線ではなく国内線、しかも1時間しかないフライトになってしまうのが残念だなと思ったからです。

 

 

 

 

 

SFC修行解脱フライトスケジュール 

 

 解脱フライトはこのようなスケジュールです。三角飛びならぬ、プチ三角飛び。OKA/CTS便を取りたかったのですが、なかなかP旅割28を取れないんですよね。

 

一方で、OKA/NRT便はPP単価が6.9円と非常にお得です。NRT/NGO便も9.2円と単価がよかったので、このルートを選びました。

 

OKA/NGO便はP旅割28のほうが単価はよかったのですが、目標の50000PPを大きく超えそうだったので、普通席を選びました。 修行フライトでNGO/OKAを普通席に乗ったのは初めてです。

 

搭乗日 便名 出発 到着 機体 券種 獲得PP 航空券代 PP単価
3/16 ANA301 NGO 8:35 OKA 11:05 76P 旅割55 1213 12610 10.4
ANA2158 OKA 11:55 NRT 14:25 76P P旅割28 2860 19740 6.9
ANA337 NRT 17:00 NGO 18:10 738 P旅割28 882 8150 9.2



 

旅行記

 

セントレアへ向かう

 

セントレアへは車で向かいます。

セントレアへは空港の駐車場へ車で行くのが一番楽なのですが、いつも同じだとつまらないので、毎回違うルートを使ってます。

今回は常滑駅前の時間貸駐車場を利用しました。

SFC解脱フライト

 

 

お値段はこちら。1日(24時間まで)が600円!ナニコレ安い!4日泊めても72時間以内なら1800円じゃんって思いますよね。

 

SFC解脱フライト

 

 

これにはからくりがあって、24時間までは600円と低額なのですが、それ以降は30分100円が上限なくかかります。なので、72時間停めたときは、概算ですが600円+200円×2+100円×40(20時間分)=5000円です。このような上限がない(誤解を招く)料金体系は一時期ニュースにも大きく取り上げられましたね。

 

news.livedoor.com

 

皆さん、料金設定にはくれぐれもご注意ください。なお、私は今回は日帰りのため600円でとめることができると確認して停めました。

 

 

名鉄の急行で1駅、セントレアに到着。常滑/セントレア往復は620円(310円×2)。駐車場と合計で1220円です。空港内駐車場に停めると、1500円+180円×2=1860円ですので、600円ほどお得でした。手荷物がないからこそ手間をかけてできる技ですね。

 

セントレアは7割程度が国際線のカウンターです。この雰囲気は何度見てもワクワクしますね。

 

SFC解脱フライト

 

 

セントレア到着、那覇空港

 

8:35発に対して、7:50頃セントレアに到着したので、あまり時間はありません。できれば制限エリア内のラウンジを使いたいのですが、相変わらず朝のセントレアの保安検査場は大混雑!

 

SFC解脱フライト

 

 

制限エリア内のエアラインラウンジに入るのは諦めて、カードラウンジへ。本来のカードラウンジが改修中のため、利用時は臨時のカードラウンジです。

利用者は座席ベースで30%ほどの程よい混雑です。セントレアのカードラウンジはビールも2種類あって、無理に制限エリア内のエアラインラウンジへ行く意味はあまりないですね。

 

SFC解脱フライト

 

 

ビールはありますが、お酒に強くないので、リアルゴールドしるこサンドで乾杯!

 

SFC解脱フライト

 

 

搭乗の15分前には保安検査場を通過しないといけないので、20分前には保安検査場を通過します。写真では8:30までに出発の方とありますが、8:35発の那覇行きも呼び出していて、このNゲートを通ります。

できれば通常のゲートを通りたいのですが、保安検査場の前にはあまり早く来ないでという看板もあり、仕方ないです。

 

SFC解脱フライト

 

 

保安検査を通過して、那覇行きの搭乗口に向かうと、、、

あれ、国内線の搭乗口にシンガポール航空が駐機してる。機内整備中なのでしょうか?なんとも不思議な光景でした。

 

f:id:resortmiler:20170705014720j:plain

 

 

那覇行きは普通席。満席だとやだなと思ったら、想定外の搭乗率60%程度、さらに隣は空席です。那覇行きってたいてい混んでるのに、こんなの初めてです。

 

SFC解脱フライト

 

 

 

那覇空港到着、成田空港へ

 

那覇空港へ到着です。ANAフェスタでお土産物色。沖縄土産って探すって楽しいですよね。

 

SFC解脱フライト

 

 

結局、おもろ紅いもとシークワーサーゼリーをお買い上げ。後日談ですが、シークワーサーゼリーはけっこう酸っぱくて、家族には大不評でした。。。

 

SFC解脱フライト

 

 

乗り継ぎ時間は50分なので、急いで搭乗口に向かいます。といっても、先ほど降りた搭乗口なので、乗り遅れることもなく安心。

 

SFC解脱フライト

 

 

 

プレミアム御膳。必ず御膳と一緒に頼むのがきのこのポタージュです。猫舌でなかなか飲めませんが、大好きです。

 

SFC解脱フライト

 

 

国内線の機内では初めての白ワインで乾杯!先ほどのフライトと同じCAさんなので、解脱おめでとうございますと言われ、かなりうれしかったです。

合計すると4.5時間ほど同じ機体、同じCAさんでした。セントレア/香港よりも長く乗ってることになりますね。

 

SFC解脱フライト

 

 

30分後にはゆでだこのように顔が真っ赤になったので、CAさんが水を持ってきてくれました。機内ではいつも以上に酔いますね。

 

SFC解脱フライト

 

 

成田空港で雑用、からのセントレア

 

成田空港は過去に2回ほど来たことがありますが、ANAが発着する第1ターミナルはたぶん初めてです。

 

SFC解脱フライト

 

 

さて、乗り継ぎ時間が3時間あるので、第2ターミナル行きのバスに乗ります。

 

SFC解脱フライト

 

 

第2ターミナルに到着。ここはJALが発着しています。

 

SFC解脱フライト

 

 

JAL国際線カウンター。

海外へ行くわけではないのに、国際線に来るとなぜかワクワクします。

 

SFC解脱フライト

 

 

なぜ、第2ターミナルに来たのか?

それは、3日前に予約したJALの航空券の支払いのためです。

SFC修行終盤になってJGCが欲しくなってしまい、お得な航空券の改悪も重なって、JALの国際線を発券してしまいました。JGCについては別の機会にまとめます。

 

SFC解脱フライト

 

 

発券に1時間半ほどかかり、第1ターミナルには出発の30分前に戻りました。

成田/セントレア間はバスで向かいます。通称、沖止め。

修行を始めるまではバス移動が面倒でしたが、今は飛行機が間近で見られるこの階段が好きになりました。

 

SFC解脱フライト

 

 

修行最後のプレミアム御膳。水平飛行時間が40分と非常に短いフライトのため、ドリンクの注文は離陸前に聞かれました。

一時期は飽きたと思ってた御膳ですが、最後だと思うと少し寂しいです。

当然、きのこのポタージュを注文します。注文時に毎回みそ汁を断っていますが、ルーチンワークなのでしょうか、必ず一緒に付けてもらえます。下げてもらうのも申し訳ないので、とりあえずいただきました。

 

SFC解脱フライト

 

 

修行では初めて見ることができた富士山。東京の空港へ来るときは、深夜便かインターからの帰りで寝てしまっていたかで、修行ではこのフライトが初の富士山です。修行の最後で富士山が見られて、最高の気分でした。

 

SFC解脱フライト

 

 

まとめ

 

このフライトで、SFC修行が解脱です。1月4日の初フライトから3月16日の解脱フライト。長かったようであっという間でした。趣味の世界ってこういうものなんですね。

 

那覇/成田のフライトでは、CAさんからお祝いのカードをいただきました。飛行機に乗って勝手に飛び回ってるだけなのに、このようなカードをもらえるなんて感激です。今まで以上に飛行機が好きになりました。

 

 

f:id:resortmiler:20170705025006j:plain

 

 

中を開けてみると、当日配っていたお菓子と子供用?のおもちゃが入っていました。大したものじゃないと思う方もいるかもしれませんが、私にとっては超記念品です。

 

f:id:resortmiler:20170705025018j:plain