リゾートマイラーのSFC修行

元ダイバーが陸マイラー活動、修行日記、旅行記を綴っていきます

香港国際空港で現地SIMカードを購入する方法

今では海外旅行で手放せないツールとなったスマホ。私も例外なくスマホを活用している一人です。香港旅行でスマホを使ってみましたので、その体験談を中心に香港の主にデータSIMについてまとめたいと思います。

 

 

 

どのSIMを買ったらいいの?

最初に申し上げますが、誰もがこれでよい、というSIMはありません。TPOに応じて使うSIMを選択しましょう。

私の場合のSIM使用予定は簡単にこんな感じです。

・香港滞在:2日(途中でマカオ訪問)

・マカオ滞在:1日(1泊するが滞在は24時間以内)

 

*SIM以外に、当然ながらSIMフリースマホが必要です。キャリアでSIMフリー化するか、SIMフリースマホを買ってください。また、iPhoneのSIMを取り出すときに使うピンなども忘れずに準備してください。

 

 

香港の通信事情

通信事情についてはそれだけで膨大な記事になってしまうのでここでは簡単に要点だけまとめます。といっても詳しくは調べていませんが、香港ではすでにLTE網が整備されています。主要なのはバンド3とバンド7で、バンド1も使えるようになってきています。

auのみ若干心配ですが、ドコモとソフトバンクで販売されている機種であれば問題ないはずです。詳しくは個人でお調べください。

 

 

 

香港空港でSIMを買う

日本人が香港で最初に到着するのが香港国際空港ですね。まずはそこで買うことにしました。

事前の調査で、「1010」という携帯ショップとセブンイレブンで購入できることを把握していましたが、最近は両替商でも販売しているようです。

 

それでは実際に空港から降りて行動してみましょう。

税関を通過すると手荷物検査ですね。私は機内持ち込みのみですのでここはスルーしましたが、各自荷物を受け取りましょう。

f:id:resortmiler:20170106063722j:plain

 

Arrivals Hall Bへ向かいます。全員そちらへ向かうから、心配はいりません。

f:id:resortmiler:20170106064024j:plain

 

 

海外旅行でおなじみの各旅行会社が待ち構えている場所を通過するとArrival Hallに到着です。私は「B」から出たので左側の写真です。キャセイなど「A」から出た方は右側を見ることになると思いますが、ホールはつながっているので、ちょっとうろうろしてみましょう。それにしても到着ロビーにしてはおっきいですね!!

f:id:resortmiler:20170106064229j:plain

 

ここを30mほど歩くと、、、地球儀みたいなオブジェがあります。

f:id:resortmiler:20170106065710j:plain

 

 

その左側を通ってさらに進むと、、、セブンイレブンがあり、、、

f:id:resortmiler:20170106071541j:plain

 

 

その数件隣に1010があります。が、残念ながらまだやっていません。

f:id:resortmiler:20170106065033j:plain

 

 

営業時間は朝7時から夜11時までのようです。待ってもよかったんですが、せっかくなので、セブンイレブンで購入してみます。

f:id:resortmiler:20170106071222j:plain

 

入り口右にSIMに関する看板があります。ここで扱っているのは、cslと3HKと中国移動通信でしょうか。

f:id:resortmiler:20170106071736j:plain

 

 

そう思って隣に並んでいるSIMを見ると。あれ、パッケージが全然違う!少なくとも3HKは置いてありません。

f:id:resortmiler:20170106071804j:plain

 

よくわかんないな~と思って、とりあえずレジへ。「SIMカードください」といえば通じます。英語が苦手な方でも、「SIM card, please.」でも全然通じます。(私がそうでした笑)

そうして出てきたSIMがこれ。

f:id:resortmiler:20170106072833j:plain

 

 

これは、香港でしか使えないSIMです。マカオも使えるSIMがほしいな~って思って「マカオでも使えますか?」と聞くと、下の$118のSIMが出てきました。なんだ、ディスプレイしてないだけで、置いてあるじゃん!

f:id:resortmiler:20170106074403j:plain

 

 

でも、結局私は最初の$68のものにしました。理由は「cslの$118のはマカオでも使えるが、40M/dayの容量制限があるから」です。つまり、香港cslがマカオでローミングしているってことですね。ドコモのSIMで香港で通信するのとほとんど同じ。

 

詳しい比較はcslのHPをどうぞ。日本語対応です。

https://www.hkcsl.com/tc/Discover-HK-Tourist-Prepaid-SIM-Japanese/

 

40Mって一瞬でなくなりますよ。スマホの自動更新をすべて切って、利用するのは地図検索やLINEだけ、ということができる方ならよいのですが、私はいっぱいアプリが入ってるので、自動更新を止めるのは面倒です。メールもたくさん来ます。

ということで、マカオのSIMは現地調達することにして、今回は香港のみで利用できる$68の中国移動通信のSIMにしました。3日間1.5GのLTEが使えるので、動画を見続けない限りは容量不足になることはないでしょう。

 

中国移動通信のSIMに注意事項が書いてあります。残高確認方法とか追加チャージ方法とかですね。クレジットカードでの支払いもできるようです。まぁ、どちらも利用しないので、とりあえず保管して今回はスルーします。

f:id:resortmiler:20170106075619j:plain

 

それでは実際の開通作業。今回は香港のアライバルラウンジで行いましたが、適当なベンチに座ってでも十分にできる作業です。光の関係と直前で食事をしていたのもあって、スクリーンが汚いですが、そこは見ないでください笑。私はiPhone6S Plusなので、SIMを取り出すピンが必要です。昔はわざわざ買っていたのですが、クリップを使えば簡単です。予備も確保できて、ケースに止めておける、便利なアイテムです。

f:id:resortmiler:20170106075713j:plain

 

3サイズが1枚で切り取れるようになっています。気を付けてはめましょう。万が一小さくしすぎても、綺麗にはまるので使えるはずです。

f:id:resortmiler:20170106075747j:plain

 

SIMを差し込んで1分程度。すぐに開通しました。開通したことの連絡などなどがSMSで届きます。

f:id:resortmiler:20170106075803j:plain

 

 

まとめ

香港空港で入手したSIMの使い方、いかがでしたでしょうか?香港のSIMは登録も開通手続きも不要なので、利用開始まで非常に簡単です。

ちなみに、セブンイレブンはコンビニですので、売れ筋のみ置いてあります。希望通りのものがない場合は、目的に合うSIMを探しましょう。空港のセブンイレブンは英語ができる店員さんがいるので、訪問地と日数を伝えると店員さんが準備してくれます。

また、香港のSIMは頻繁にキャンペーンがあるため、パッケージは参考程度としてください。

海外旅行が好きだけど、キャリアのスマホしかもっていない方、もったいないので格安SIMフリースマホを入手して、海外旅行を楽にしちゃいましょう!

 

 

関連記事

www.resortmiler.com