リゾートマイラーのSFC修行

元ダイバーが陸マイラー活動、修行日記、旅行記を綴っていきます

ポイント交換サイトをよく理解しよう

陸マイラー活動をしていると、非常に多くのポイントサイトを目にすることになります。そのポイントサイトについて、ANAマイレージクラブを除いて、陸マイラー視点で用途に分類すると、以下の2つに分けられます。

①ポイント獲得サイト

(例) ハピタス、ポイントタウン、Get Money!、ちょびリッチ、など

②ポイント交換(合算)サイト

(例) メトロポイント、PeX、.money、ネットマイルなど

 

今回は、②ポイント交換(合算)サイトについてのお話です。

 

 

 

 

ポイント交換サイトの関連図

まず初めに、ポイント交換サイトの要点を以下図にまとめました。

f:id:resortmiler:20161016221551p:plain

 

 

 なぜポイント交換サイトを使うの?

陸マイラーを始めた当初、なぜこれらを使い分けなくてはいけないのか、よくわかりませんでした。それを理解できたタイミングで、以下記事を作成しました。

www.resortmiler.com

 

ANAマイルに交換するときに、ソラチカカードのポイント「メトロポイント」が交換倍率0.9倍であり、他ポイントの交換倍率0.5~0.6倍と比べて、非常に優秀なんですね。

じゃあ、メトロポイントだけあればいいじゃん?と思いませんか?もちろん、私はそう思いました。でも、メトロポイントへ交換できるサイトは限られているんです。

ポイント交換サイトの検索サイト、「ポイ探」で検索してみると、メトロポイントへ交換できるサイトは以下のようになります。

rdir.poitan.net

f:id:resortmiler:20161016223131p:plain

この中で、クレジットカードを除くと、直接ポイントを貯めることができるのはGポイントや.moneyなど、一部サイトしかありません。しかも、Gポイントや.moneyは高ポイント案件がなかなか出てこないんです。高ポイント案件が出てくるのは、ハピタスやポイントタウンなど、ポイン獲得サイトです。それじゃ交換倍率の高いメトロポイントへ交換できず、陸マイラー業が成り立ちませんよね。

そこで、ポイント交換サイトの出番です。ポイント交換サイトは、ポイント獲得サイトでゲットしたポイントを、メトロポイントへ交換するために経由するポイントサイトです。直接、高ポイント案件がでてくることはほとんどないのですが、ポイント交換サイトをなくしてメトロポイントを経由する、通称「ソラチカルート」は語れません。

それでは、これから私が使っているポイント交換サイト、PeXと.moneyを紹介します。

 

 

PeXについて

PeXは株式会社VOYAGE MARKETINGが運営するサイトです。ここは2007年12月に開始している非常に古いサイトです。私は8年程前に陸マイラーを始めようと思ったときに登録しています。

 

PeXの登録方法は難しくありません。以下ページに登録ページがあります。

pex.jp

このページの上部に出てくる、赤丸の「無料会員登録」をクリックします。

f:id:resortmiler:20161016225521p:plain

あとは、表示される内容に従って、メールアドレスやパスワード、ニックネーム、秘密の質問と答えを入力するだけ。PeXはお知らせメールの受け取り有無を選択できます。メールがたくさん来過ぎるので、基本的にはチェックを外して受け取らないほうがよいですが、メール管理能力に優れた方は受け取ると有益な情報を獲得できるかもしれません。

f:id:resortmiler:20161016225645p:plain

 

 

.moneyについて

.moneyは巨大ITベンチャー企業、株式会社サイバーエージェントが運営するサイトです。アメブロなどを運営している会社なので、ブログをやっている方にはなじみのある運営会社ですね。

 

.moneyの登録も難しくありません。

d-money.jp

 

このページの右上に出てくる、赤丸の「会員登録・ログイン」をクリックします。

f:id:resortmiler:20161016231831p:plain

 

.moneyはメールとユーザー名、パスワード、生年月日、性別で登録します。Googleなど外部サービスで登録できるのも便利でいいですね。

f:id:resortmiler:20161016232030p:plain

 

 

PeXと.moneyの比較

それでは、PeXと.moneyを比べてみたいと思います。まずは交換先から。最も重要なメトロポイントについては、.moneyが手数料無料なのに対して、PeXは手数料が有料(500P)となっています。それ以外も、.moneyのほうが、お得です。

主な交換先PeX.money
銀行(現金)
Edy
waon
suica
nanaco
Amazonギフト券
メトロポイント
ANAマイレージ ×
JALマイレージ
ポイント有効期間 1年 6ヵ月後月末

◎: 手数料無料、数%上乗せ
〇: 手数料無料、等価交換
△: 手数料有料、または等価未満交換
× : 交換不可

 

各ポイント交換サイトのメリットとデメリットをまとめました。PeXのメリットは交換元が多いこと、デメリットは手数料が必要な場合が多いことです。一方、.moneyのメリットはポイント増量キャンペーンが多いこと、デメリットは有効期間が短いことですね。ポイント交換手続きはどちらも、毎月15日〆の翌月10日反映なので、交換に時間がかかることをお忘れなく。

 PeX.money
メリット ・交換先が豊富。
・交換元が豊富。
・交換先が豊富。
・ポイント増量キャンペーンが多い。
デメリット ・手数料が必要な
交換先が多い。
・ポイント有効期限が
短い。

 

 

まとめ

ポイント交換サイトは少しの手出しで多くのポイントをゲットしたい陸マイラーにとって、非常に重要です。最近は.moneyのキャンペーンが魅力的で勢力を拡大中です。一方、PeXは手数料が発生する場合が多く、.moneyに押され気味です。

じゃあ、.moneyに集中したほうがよいかと言われると、私はそう思っていません。なぜなら、どちらかがメンテナンスで一時的に使用不可となることがあるからです。また、外食案件で非常に強力なサイト「ファンくる」はPeXしか交換できないなど、まだまだ.moneyの弱点もあります。

陸マイラー活動はポイント交換がどこかでできなくなるかもしれないというリスクを常に持っています。ですので、私はリスクヘッジは非常に重要だと思います。